1. JR東日本新卒採用情報トップ
  2. 社員紹介
  3. 事務職(事務)/大上 拓紘
社員紹介

社員紹介

大上 拓紘
事務職(事務)
鉄道営業・観光開発
エリア職

100名のお客さまがいれば、
100通りの案内方法で対応する。

大上 拓紘 TAKUHIRO OKAMI 2017年 入社

入社からこれまで
CAREER

  • 2017年/入社1年目〜
    盛岡支社 青森駅

    みどりの窓口で切符の販売や変更、改札業務を担当

志望動機

私は幼いころに東北新幹線の運転士から手を振っていただき、新幹線の運転士になる夢を持ちました。成長するにつれて運転士は多くのお客さまの命を預かる責任の重い仕事だと気付きました。また鉄道は単なる移動するための手段だけではなく、お客さま・地域の皆さま・子ども達の夢や想いを運ぶ大切な乗り物であると考え、運転士を目指すためにJR東日本を志望しました。

現在取り組んでいる仕事

みどりの窓口で切符の販売・変更や改札で乗り越し精算、お忘れ物対応、駅周辺や主要観光地までの道案内などの仕事をしています。みどりの窓口ではお客さまが希望される切符を間違いのないよう正確に販売することが求められ、改札ではその場に応じて臨機応変に対応できることが求められます。駅は会社の顔であり、もっともお客さまと接する部署で必要な知識が多いため、日々新しいことを覚えなければなりませんがその分やりがいがあります。ときには予期せぬトラブルも発生しますが、冷静な判断力、正確な決断力、迅速な行動力が求められ責任の重さと仕事の重要性を肌で感じることができます。

印象に残っている仕事

入社1年目のある日、みどりの窓口へご高齢のお客さまがいらっしゃいました。行程と旅行に関して不安なことをお聞きして、切符を販売した後、「今回の旅が最後になるかもしれない。久々の旅行を楽しんでくるね。君に切符を売ってもらえてよかった。」と言われ、1日に数百枚販売する私にとって何気のない切符でしたが、お客さまにとっては特別な1枚であることに気付きました。それまでは間違えず切符を正確に作ることを意識していましたが、1枚1枚に想いを込めて作るようになり、これまで以上にお客さまの気持ちに寄り添った接客ができるようになりました。この経験を機にお客さまから感謝の気持ちをいただくことが多くなり、仕事へのモチベーションになっています。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

現在の駅業務後は在来線の車掌と運転士を経験し、夢である新幹線の運転士へ挑戦したいと考えています。新幹線の運転士を経験後は、現場での経験を活かして高速鉄道の海外輸出プロジェクトなどの国際事業に携わり、当社の誇る鉄道を海外に広めていきたいです。国内では地域経済の活性化に取り組みたいです。

入社してわかった
JR東日本の魅力

社内・社外通信教育や国内大学・海外語学研修など研修制度が豊富で意欲と熱意があれば、いろいろなことにチャレンジできる環境が整っていることです。また輸送サービスを中心として生活サービス事業などに力を入れており、エリア職でも現場だけでなく幅広い仕事に携われることです。

学生へのメッセージ

みなさんは実現したい夢や挑戦したいことはありますか。内定を得ることはゴールではなく夢へのスタートラインです。当社は社員一人ひとりが主役で夢や挑戦したいことを叶える環境が整っています。輝かしい未来を一緒に創っていきましょう。来年から、みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は旅行、ドライブ、読書、映画鑑賞、スポーツ、料理の美味しいお店巡りなどをして過ごしています。旅行では地図やインターネットの情報に載っていないような場所やお店を見つけることが好きです。ドライブは主に山奥の峠や海岸線を走り、美しい自然を眺めて気分をリフレッシュしています。

同期と旅行した際の1枚です。3か月に1回は集まり、同期の絆を深めています。