鉄道とその他の交通手段の
連携強化を進め、
出発から到着までの「シームレスな移動」の実現を目指す。

東日本地域に幅広く築いた鉄道ネットワークによって生活の便利さや豊かさを支えているJR東日本だが、進化を続けるICTを活用して「移動」をさらに快適にするため「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」の構築・拡充を進めている。これは、タクシーやバスなどの二次交通と鉄道の連携を強化して、出発地から目的地までをシームレスにつなぐ交通のプラットフォーム。先行する取り組みとして、シェアサイクルとタクシーの利用を助けるスマホアプリ「Ringo Pass」の実証実験、鉄道関連の情報と予約サービスを提供する「JR東日本アプリ」の刷新などが進んでいる。
※内容は取材時のものです。

ページトップへ