メンテナンス(線路/土木)

メンテナンス(線路/土木)は、列車の運行に必要不可欠な線路のメンテナンス(保線)や橋りょう、トンネルをはじめとした土木構造物の診断・メンテナンス、地震・自然災害対策の計画・工事(保守土木)を行います。お客さまに安心して快適に鉄道をご利用いただくために、鉄道の安全性と利便性を向上させるべく日夜努力をしています。

  • 東北新幹線高架橋耐震補強
  • トンネル特別全般検査
  • 在来線電気軌道総合検測車(East i-E)

事業ミッション

JR東日本は世界有数の鉄道輸送量を誇ります。それを支える線路・土木構造物は膨大かつ多様であり、また、列車の走行や経年により劣化していきます。これらの設備をつねに健全な状態を維持できるように管理することが、メンテナンス(線路/土木)部門の役割です。線路・土木構造物のドクターとして、検査結果から不良箇所を把握、適切な補修計画を立てて補修することにより、お客さまに安全で快適な輸送を提供しています。
また、これまで培ってきた技術に加え、ICT技術などの最新の技術を積極的に追求・導入しています。

  • 新幹線電気軌道総合検測車「East-i」
  • トンネル覆工表面撮影車「TuLIS」

具体的な取組み

設備故障や事故を減らすため、通常のメンテナンスに加え、設備自体を強化していくことが重要です。自然災害への対策や高速・高密度輸送に向けての設備強化など、安全・安定輸送の確保や鉄道輸送のサービスレベル向上に寄与する取組みを行っています。
高架橋柱や橋脚、盛土、切取などについては、今後発生が予想される首都直下地震への対策として、耐震補強工事を進めています。列車荷重を直接受ける線路については、省メンテナンスをコンセプトに、TC型省力化軌道などの新しい軌道構造を開発し、輸送量が多い首都圏の線区を中心に導入を進めています。

  • 山手線 大塚・巣鴨間 盛土耐震補強
  • 次世代分岐器

これから実現したいこと

これから迎える時代の変化を見据えて、技術革新によりメンテナンス業務の仕組みの改革を行っています。ICT技術・センサー技術・データ伝送技術を活用し営業列車へ各種検査装置を搭載、高頻度にデータを収集・分析することにより、最適なタイミングでメンテナンスを行う検査体制をめざしています。その一つが「線路設備モニタリング装置」の活用です。現在、営業車両へ順次モニタリング装置の搭載を進めており、新たなメンテナンス手法の確立に取り組んでいます。また、より効率的なメンテナンスの体制構築のために、「新技術による修繕、機械化による修繕」の実現をめざしています。

  • 軌道材料モニタリング装置での撮影画像
  • 線路設備モニタリング装置

中途採用(プロフェッショナル)に期待すること

変化し続ける環境の中でメンテナンス体制を維持継続するためには、つねに変革し続ける必要があります。中途採用(プロフェッショナル)のみなさまには、これまでのご経験で培われた知見・視点を活かし、柔軟な発想で新たな課題へと挑戦していただくことを期待しています。幾多の困難を乗り越え先人が築き上げてきた安全・安定輸送をさらにレベルアップさせていきましょう。

  • 横浜線町田駅スマートホームドア
  • レール交換システム(REXS)

社員紹介

職種紹介一覧へ戻る
PAGETOP