社員紹介

エリア職 土木 鈴木純香
エリア職 土木

最新の技術を駆使して、
より確実に安全で安定した
列車の運行を創り上げていく

鈴木 純香 SUMIKA SUZUKI 2020年入社

この部門の仕事を見る

入社からこれまで
CAREER

  • 2020年/入社1年目〜
    盛岡支社
    一ノ関保線技術センター
    ロングレール管理業務

志望動機

学生時代に土木について学んでおり、インフラ事業の重要性を実感したことから、将来は地域社会の基盤を支える仕事がしたいと考えていました。その中でも地域の足として社会生活の基盤を支えている鉄道に関わりながら、地元である岩手の活性化にも貢献できるところに魅力を感じ、JR東日本を志望しました。

現在取り組んでいる仕事

私は現在、主に線路の維持・管理を行っているグループに所属し、ロングレールの管理業務を担当しています。様々な視点から線路を管理しており、適切な管理を行わなければレールが歪んでしまったり、最悪の場合脱線事故につながる恐れもあり、線路の維持・管理の上で必要不可欠な仕事だと感じています。主に行っている検査業務以外にも、レール交換を行う際にロングレール管理の観点から適切な施工を行うために打ち合わせを行うこともあり、同僚や上司、パートナー会社とうまく連携をとることを心掛けています。そしてお客さまが安心してご利用いただけるような輸送サービスを提供できるよう業務に取り組んでいます。 現在取り組んでいる仕事

印象に残っている仕事

入社2年目からロングレール管理業務を1人で担当することになった時が最も印象に残っています。最初は分からないことだらけで非常に苦労しましたが、資料や管理マニュアルを読み込んだり、上司や先輩から経験を含めたアドバイスを沢山頂き、知識を深めていきました。また、工事については実際に何度も現場で立ち会い、施工に対するイメージや条件の異なる場面での対応を想定し実践することが出来ました。担当してから一連の業務を通じて事故なくやり遂げられた際に自分自身の成長を実感しています。現在は後輩社員にロングレール管理業務を指導していますが、その時の経験が生きていると感じています。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

これまで保線業務を通じて、日々の線路の保守・管理が鉄道の安全安定輸送を支える上で重要だと実感しています。今後の社会環境の変化に対応しながら適切な管理を行うためには、スマートメンテナンス技術の活用や機械化の推進も必要となってきます。新たな技術や仕組みを積極的に活用しながらより良い輸送サービスの提供に挑戦していきます。
入社してわかったJR東日本の魅力

入社してわかった
JR東日本の魅力

JR東日本の魅力は、研修・教育制度が充実している点です。社内外の通信教育や資格試験勉強、その他多種多様なセミナーや人材育成に関する研修を受けることが出来ます。自身の能力の可能性を広げたり、スキルアップを考えているときにすぐに挑戦できる環境が整っています。

学生へのメッセージ

就職活動の時期には自分のやりたいことがなかなか見つけられず悩むこともあるかと思います。この時期は自分を見つめ直すいい機会となりますので、やりたいことや叶えたい夢などについてじっくり考え、実現できる会社に出会えるよう応援しています。

学生へのメッセージ

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は家で映画をみたり、町歩きや買い物をして気分転換をしています。また、行ったことのない場所を散策することや美味しいものを食べることが大好きなので、年に何度か旅行に行きます。まだまだ訪れたことのない場所ばかりなので、楽しみが沢山あります。

昨年初めて弘前公園の桜を見に行きました。満開の時期に見ることができ、とてもきれいでした。

昨年初めて弘前公園の桜を見に行きました。満開の時期に見ることができ、とてもきれいでした。

ページトップへ