社員紹介

総合職 建築(生活サービス含む) 齋藤悠輔
総合職 建築(生活サービス含む)

お客さまのニーズにあった
駅作り・まちづくりに挑戦していく。

齋藤 悠輔 YUSUKE SAITO 2004年入社

この部門の仕事を見る

入社からこれまで
CAREER

  • 2004年/入社1年目
    東京支社 東京建築技術センター

    駅改良の計画予算作成・工事発注を担当

  • 2007年/入社4年目
    東北工事事務所

    建築課にて東北都市圏の駅バリアフリー工事等の発注を担当

  • 2009年/入社6年目
    東北工事事務所

    仙台工事区にて主に仙台地区の駅改良工事の工事監理業務を担当

  • 2010年/入社7年目
    東京工事事務所

    八重洲プロジェクトにて東京駅八重洲開発Ⅱ期(グランルーフ等)の工事発注・予算管理等を担当

  • 2013年/入社10年目
    東京工事事務所

    上野工事区にて主に上野地区の駅改良工事等の工事監理業務を担当

  • 2015年/入社12年目
    本社 品川・大規模開発部

    渋谷駅周辺開発の社内外協議等を担当

  • 2019年/入社16年目〜
    東京工事事務所

    渋谷プロジェクトセンターにて渋谷駅改良の工事発注等を担当

志望動機

就職活動時にさまざまな業種の企業を訪問する中で、人々の生活に大きな影響を与えられる鉄道業界に興味を持ちました。そしてその中でもJR東日本では首都圏、地方いずれのエリアでも駅を中心としたまちづくりに携われるだけでなく、さまざまな立場でプロジェクトの立ち上げ・推進に挑戦できるという事業フィールドの広さに魅力を感じ志望しました。

現在取り組んでいる仕事

現在渋谷駅中心地区は100年に1度と呼ばれるほどの大規模再開発工事等が進められており、その中で私はJR渋谷駅改良工事の設計・工事発注を総括的な立場で担当しています。渋谷駅改良工事は現在ある駅と同じ位置に新しい駅を作ること、最終的には当社・東急㈱・東京地下鉄㈱と共同開発しているビルの中を線路が通ること、現在の駅の一部が東急百貨店と一体化していること、東京メトロ銀座線が当社線路上空で交差していることなどが特徴の工事です。そのため関係者がとても多く、課題・調整項目も多岐にわたりますが、さまざまな方々の力を借りながら仕事を進めています。今回の駅改良工事完成時には通路幅員の拡幅、バリアフリー設備の整備などによりお客さまの利便性を向上させるものとなるため、1日でも早くその形に近づけるように日々精進しています。 現在取り組んでいる仕事

印象に残っている仕事

東京駅八重洲開発の中の『グランルーフ』と呼ばれる大規模建築物の工事発注等を担当したことです。グランルーフは当社の建築物の中でも特徴のある形をしていたため、初めてづくしの件名でした。隣接するビルや既存地下施設との接続、お客さま動線の確保しながらの工事など課題は山積みでしたが、時には1枚の大きな図面を社内外の関係者とにらめっこして、時間をかけ度重なる議論・協議・調整をすることにより1つずつ解決して進めていきました。この仕事を通じて「自分としてまずはどうしたいのか」を考え、それを社内外の関係者の方々に正しく発信していくことの重要性を感じました。その発信によって課題が新たに発生することもありますが、それはプロジェクトを前に進めるためには必要なステップだと思えるようになりました(その時点ではとても苦しみますが…)。この時の経験を活かし、現在の仕事も取り組んでいます。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

今後の駅については世の中の技術革新等に伴い、お客さまから求められる機能もより利便性の高いものに変化していくと思います。これからも様々な事業フィールドで仕事を続け、幅広い知識を習得し、お客さまのニーズにあった駅づくり・まちづくりにプロジェクトマネージャーとして挑戦していきたいと考えています。
入社してわかったJR東日本の魅力

入社してわかった
JR東日本の魅力

駅の改良・修繕だけではなく、駅を中心とした「まちづくり」としての開発を計画・実行し、お客さまの利便性向上に貢献できるのはJR東日本の大きな魅力です!またそれに対してお客さまからの期待は想像以上に大きく、プレッシャーにもなりますがそれを乗り越えて、プロジェクト完了後により多くのお客さまに駅等を利用していただくことは大きなやりがいとなっています。

学生へのメッセージ

就職活動の時期というのはさまざまな職種の企業を至近距離で感じることが出来るチャンスです。世間にはSNSを始めさまざまな情報が飛び交っているため迷うことも多々あると思いますが、悔いの無い活動を行ってもらうためには、『自分の目で見て、耳で聞いて、肌で感じたことを信じること』が必要だと思います。自己分析・企業分析をしっかりして活動してください!

学生へのメッセージ

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は学生の頃から続けているバドミントンの練習や試合に参加しています。会社の練習会・大会だけではなく、個人的にさまざまな地域での練習会や東京都や全国大会にも参戦し、社外の方との交流も図っています。最近では鉄道事業者間での交流戦も1年に1回開催されています。
今後も気力と体力が続く限り継続して活動していきたいと思っています。

全日本実業団バドミントン選手権の試合後のチームメイトとの集合写真

全日本実業団バドミントン選手権の試合後のチームメイトとの集合写真

※掲載内容は取材当時のものです

ページトップへ