社員紹介

エリア職 列車制御システム・エネルギー・情報通信 尾崎紗也佳
エリア職 列車制御システム・
エネルギー・情報通信

最新の技術を駆使して、
より確実に安全で安定した
列車の運行を創り上げていく

尾崎 紗也佳 SAYAKA OZAKI 2021年入社

この部門の仕事を見る

入社からこれまで
CAREER

  • 2021年/入社1年目
    横浜支社
    横浜電力技術センター
  • 2022年/入社2年目
    横浜支社
    横浜電力技術センター
    大船電力メンテナンスセンター

    監督業務

志望動機

学生時代には航空機に関する勉強をしたいと考え、工学部航空宇宙学科にて流体力学や空気力学、気象学などについて学んでおりました。4年生の研究にて気象のプログラミングをしていた関係から、その知識を活かせるインフラ関係の仕事につきたいと考えるようになり、JR東日本を志望いたしました。

現在取り組んでいる仕事

メンテナンスセンターという現場に一番近い職場で電力設備に関する工事監督や保全業務を行っております。大船電力メンテナンスセンターにて担当している線名は東海道本線、根岸線、横須賀線です。具体的には電車の上にあるトロリ線やき電線などの架空線全般や変電所、配電所内の検査や施工の依頼、それらに伴う他系統との調整などを行っております。勤務につきましては日勤がメインです。月に数回夜間作業が計画されており、検査や工事の立ち合いなどを行っております。最近では最新の技術を駆使することにより、作業の効率性等を高めるための施策も進んでおります。例えば検測を専門とする電車があり、それらの情報等を活用することによって、より確実に安全で安定した列車の運行を創り上げていくことが可能になってきています。 現在取り組んでいる仕事

印象に残っている仕事

現在の業務では工事監督をメインに行っております。他系統との調整業務や工事に関しての知識を現在勉強中になります。今までの業務の中で印象に残っていることとしては、調整業務のなかでも施工等の認識の違い等に苦労することもあり、無事に施工を竣工できたときはその分やりがいや達成感を味わうことができました。施工内容の不明点等は資料を活用して確認すると共に、先輩社員に迅速に相談するなどして解決するように心がけております。入社する前は現場というと固く厳しい方が多い印象でしたが、優しく接してくれる方が多くいるのでそういったことはなく、皆さんに支えられながら業務を行うことができています。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

今までの業務で現場に近い環境で仕事をさせていただいた経験から、現在使用しているシステムや安全に関する事柄についての改善、開発等をする仕事に挑戦してみたいと考えております。また、現在女性社員が少ない為、より働きやすい現場を創造できるように、今までの経験を活かして環境づくりに積極的に励んでいきたいです。
入社してわかったJR東日本の魅力

入社してわかった
JR東日本の魅力

JR東日本には、多種多様な部門やチームが存在しており、それぞれの知識を持ったプロが活躍しています。そのことから、多くのフィールドの知識を学ぶことができ、新たな発見ができる魅力があります。他系統との合同の研修などでも常に笑いが絶えない、明るく活発な部署が多いのも魅力の一つだと感じています。

学生へのメッセージ

きっちりと法令を守らなければならないので、見落としや調整不足が多くの方々に迷惑をかけてしまうこととなります。しかし、会社の先輩や同僚と協力し合いながら施工を進めていき、1つの工事が完了したときは大きなやりがいを感じることができます。皆さんも是非大きな達成感を味わえる当社に入社しませんか?

学生へのメッセージ

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

休日は外に出ないと気が済まない人間なので、ツーリングをすることがほとんどです。最長距離は京都まで。普段は関東や山梨、静岡、長野などを巡っております。雨の日は車でショッピングセンター等にウインドウショッピングや買い出しに出かけることが多いです。

バイクに乗っている姿を流し撮りしていただきました。風を感じれるのも魅力の1つです。

バイクに乗っている姿を流し撮りしていただきました。風を感じれるのも魅力の1つです。

ページトップへ