社員紹介

総合職 列車制御システム・エネルギー・情報通信 奥田周一
総合職 列車制御システム・
エネルギー・情報通信

鉄道が今より愛される存在になるように
変革に取り組んでいく

奥田 周一 SYUICHI OKUDA 2018年入社

この部門の仕事を見る

入社からこれまで
CAREER

  • 2018年/入社1年目
    東北本部
    仙台信号通信技術センター

    情報通信設備のメンテナンス・設備取替工事の工事監督

  • 2019年/入社2年目
    電気SIO盛岡電気システム工事区

    プロジェクト工事の情報通信工事監督

  • 2021年/入社4年目
    電気SIOプロジェクト推進部
    通信ユニット

    プロジェクト工事の情報通信工事設計

  • 2022年/入社5年目〜
    本社鉄道事業本部
    電気ネットワーク部門

    採用活動の窓口業務等

志望動機

幼いころは電車が好きな子供でした。学生時代にイベント会場設営のアルバイトを経験したことで、自分の仕事が人々を笑顔にすることに仕事のやりがいを見出しました。大学で学んでいた専攻を活かせる業界や鉄道をはじめとするインフラ業界の企業イベントに参加する中で、鉄道はお客さまの表情や電車が動いている様子に仕事のやりがいを見出せると考え、日常を支える在来線を多く有する当社を志望しました。

現在取り組んでいる仕事

電気関係社員の採用活動や人材育成に携わっています。採用活動では、学生のみなさまに当社の業務や魅力、目指している姿を知っていただくことを目標に、インターンシップやCareer Station等、様々なイベントを企画しています。各所にいる電気関係社員が参加する説明会や座談会などの広報活動の支援のために、イベントの手配や資料作成などにも取り組んでいます。当社の電気部門が鉄道を運行するうえで重要な役割を果たすだけでなく、ドライバレス運転導入や脱炭素化の取り組み等を通じ社会課題の解決に寄与できることを広く伝えることを意識しています。また若手社員向けの人材育成関係業務にも携わっており、困っている社員には会社の目指す方向性を意識しつつ、自身の経験を交えたアドバイスをしています。 現在取り組んでいる仕事

印象に残っている仕事

盛岡在勤時の青森駅の新駅舎開業が最も印象的です。新駅舎の建築に合わせて情報通信設備を新設し、2021年3月27日の一夜で使用する駅舎を切換え、旧駅舎内の情報通信設備を撤去する工事の、工事監督として施工管理を行いました。駅改良プロジェクトに携わるのは青森駅が初めてでしたが、上司や関係者の方々に助けていただきながら業務を進められました。工事の設計担当者や施工を担当するパートナー会社と毎日のように議論し、駅関係者や工事関係者との幾度となく調整を重ねた開業までの日々はとても濃密でした。開業初日に真新しい駅舎を使う多くのお客さまの明るい表情を見て、頑張ってよかったと心の底から思えました。

チャレンジしたいこと・
夢・ビジョン

現場第一線や企画部門など様々な視点から、メンテナンス業務や工事業務を通じて、鉄道の仕組みや情報通信をはじめとした電気技術を学んできました。さらに色々な視点を経験して、将来の鉄道を今よりも愛される存在にできるよう、鉄道システムの利便性を高めたいです。そのために新技術や汎用技術を取り込み、仕事のやり方や鉄道の仕組み変革に取り組んでいきます。
入社してわかったJR東日本の魅力

入社してわかった
JR東日本の魅力

若くても責任ある仕事を任せてもらえることで、やりがいを感じやすいです。決して放り出されるわけではなく、先輩社員に技術やルールを手取り足取り教えてもらいながら、一人一人が責任を果たせるような仕組みができています。またこれまで自分に縁がなかった地域で働き、各地に友人ができたことで人生が豊かになりました。

学生へのメッセージ

私自身も専攻と全く異なる分野から入社しましたが、臆することはありません。世の中も会社も変化のスピードが速くなっています。自分が何を達成したいか納得いくまで考えて、後悔がない就職活動をしてください。学生だからこそ経験できることにたくさんチャレンジして、見聞を広げるのがおすすめです!

学生へのメッセージ

OFF SHOT

休日の過ごし方と、趣味・特技を教えてください。

キャンプ場で行う燻製料理作りにハマっており、色々な食材で試行錯誤しています。SUPやスノーボードなど、自然の中で遊べるスポーツも好きです。盛岡在籍時にで地ビールのおいしさに気づくことができ、今でも週末のお供にしています。

岩手県夏油高原で初SUPに挑戦した時の写真

岩手県夏油高原で初SUPに挑戦した時の写真

ページトップへ