ジョブ型 「開発・不動産」の仕事

開発・不動産領域では、鉄道事業者ならではの駅というアセットを最大限活用し、駅まち一体開発によるまちづくりを進めています。首都圏のターミナル駅を中心とした大規模複合型のまちづくりのみならず、地方中核都市等においては行政・地域と一体となり持続的なまちづくりを推進します。また、既存の駅ビルの更新、社宅や鉄道施設の跡地の開発などにより、当社グループの保有資産を最大限に活用し、グループの成長を牽引します。

開発・不動産の仕事

東京圏においては、「Tokyo Metropolis Project」として、ターミナル駅を中心とした大規模複合型のまちづくりを推進し、グローバルな都市間競争が進む中で、東京を「世界に誇る先端的かつ魅力的な都市」へと更新し、当社グループの収益基盤を確立していきます。
一方、地方中核都市においては、行政・地域と一体となったまちづくりを推進し、駅および駅周辺における施設開発、中心市街地の活性化、地域産業の活性化などを通じて、定住人口や鉄道を利用した交流人口増をめざします。
また、リアルな交通拠点の強みを活かし、駅を「新たなビジネスを創発する拠点」へと変える「Beyond Stations構想」を推進し、新たな収益確保と価値創造を実現していきます。

  • 事業ミッション
  • 具体的な取組み
  • これから実現したいこと

事業ミッション

駅まち一体開発によるまちづくりの推進などにより、当社グループの保有資産の価値を最大化し、グループの成長を牽引

具体的な取組み

【「TAKANAWA GATEWAY CITY」のまちづくり】 100年先の心豊かなくらしに向け、新たなビジネス・文化が生まれ続ける街をめざしています。人、自然、テクノロジーをつなぎ、世界で最も生命の力があふれ共創し続ける国際交流拠点「Global Gateway」となるべく、KDDI(株)をはじめとした多様なパートナーと連携し、街全体をサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)が融合する実験場として構築します。「ゼロカーボン・サステナブルへの挑戦」「自律分散型社会の実現」「次世代モビリティの実装」を重点テーマとして、地球規模の社会課題解決に取り組み、日本各地・世界へ発信します。

【Tokyo Metoropolis Project】 経済規模・都市活動の豊かさにおいて世界に類を見ない東京圏は、開発を通じた収益基盤の構築という点で、特にその中に駅という多くのお客さまが集まる資産を持つ当社グループにとって無限の可能性があるフィールドです。収益基盤の確立をめざす中で、「Tokyo Metropolis Project」は、東京をより便利でより魅力的な、世界の中でも輝く都市へと更新するプロジェクトであると同時に、グループ事業のさらなる飛躍を図るプロジェクトです。

【Beyond Stations構想】 ヒトの生活における「豊かさ」を起点として駅のあり方を変革し、「交通の拠点」という役割を超えて、駅を“つながる”「暮らしのプラットフォーム」へ転換します。社外パートナーと共創しながら、リアルな交流拠点の強みを活かし、駅を「新たなビジネスを創発する拠点」へと変えていきます。駅の持つ可能性をさらに拡げ、新たな収益確保と価値創造を実現します。上野駅、秋葉原駅および新宿駅には、大規模なサイネージと一体となった駅型ショールーミングスペースを誕生させ、駅を「イマーシブなメディア空間」に変革します。イマーシブなメディア空間では、大規模なサイネージとリアルな駅空間を一体として活用し、新たな発見・体験・交流の場を創出します。

Photo by MUNEHIDE IDA

【不動産ファンド事業】 JR東日本グループの保有不動産を不動産私募ファンド・私募リートへ売却し、早期に開発利益を確定するとともに、獲得資金を成長分野へ拡大再投資する「回転型ビジネス」を展開しています。例えば、獲得資金を「TAKANAWA GATEWAY CITY」などに再投資することで、多様な魅力あるまちづくりを実現するとともに、地方の開発案件への再投資で地方創生に貢献します。

これから実現したいこと

駅まち一体開発によるまちづくりの推進などにより、当社グループの保有資産の価値を最大化し、グループの成長を牽引

仕事説明(開発・不動産)

開発・不動産の仕事

開発戦略・プロジェクト推進

不動産戦略・管理

開発戦略・プロジェクト推進

駅まち一体開発によるまちづくりを進めるため、立地のポテンシャル把握、開発コンセプトの策定からはじまり、実施段階においては行政はじめさまざまなステークホルダーとの協議を重ね、設計~工事発注~施工監理、グループ会社と連携した商品企画等、事業性を踏まえ持続可能性のあるまちづくりをプロデュースする。

不動産戦略・管理

成長戦略(事業スピード)を加速させるため、回転型ビジネスを展開する。外部の優良な不動産の取得から保有物件の拠出(売却)、グループ会社の不動産事業のマネジメントへの参画機会の創出を行う。

この仕事の社員紹介

ページトップへ