エリア職 「機械設備」の仕事

機械設備の企画・計画、設計、工事監理、維持管理を通じて、安全かつ快適な空間を提供する仕事です。長年引き継いできたノウハウと最新技術の導入により、質の高いサービスの提供に取り組んでいます。

  • 事業ミッション
  • 具体的な取組み
  • これから実現したいこと

事業ミッション

「人や環境にやさしい駅づくり」や「効率的な業務の推進」をめざしている機械設備の仕事では、券売機や改札機などの「出改札システム・Suicaシステム」をはじめ、バリアフリー設備である「エレベーター」や「エスカレーター」、快適な環境を実現する「空調設備」、お客さまにさらなる安全を提供する「ホームドア」、豪雪地域の安定輸送を支える「融雪設備」などを扱っています。
これらの設備を導入する際の設計や、実際に工事を行う際の工程調整・安全確認・品質管理などを担当しており、駅の新設や改良といった大規模なプロジェクト工事における機械設備の新規設置や取り替えも行っています。また、JR東日本の機械設備の仕事は、設備を「作って終わり」ではなく、さまざまな機械設備を、いつでも安全に安心してご利用いただくために必要な機器保守やオペレーションの管理も重要な仕事のひとつです。
機械設備はお客さまが直接触れるものであり、安全かつ快適な鉄道サービスを提供するうえで重要な役割を担っており、JR東日本の機械系社員は、インハウスエンジニアとして活躍しています。

お客さまのスムーズな移動を支える自動改札機

具体的な取組み

JR東日本では、ホームでのお客さまの転落や列車との接触を防止するため、ホームドアの導入に取り組んでいます。
ホームドアは高い安全性と安定性を実現するために、列車とホームドアとの間のお客さまの居残りや荷物の挟まれなどを確実に検知する3次元センサーを導入しています。あわせて、検知エリア・感度の設定が出来る検知ソフトや、雨・雪などを誤検知しないようにする誤検知フィルターを開発しました。これにより、車両とホームドアの間に取り残された人や物だけでなく、車両のドアに挟まれた荷物などの検知が可能となり、安全を確保する検知センサーの信頼性をさらに高めることに成功しました。また、ホームドアを適切に維持管理していくため、モニタリングデータの活用等も進めています。
今後、整備対象駅を拡大するとともに、整備のペースアップを図り、2031年度末頃までに、東京圏在来線主要路線の線区単位の330駅758番線へ整備していく計画です。ホームドア整備のペースアップに向けては、JR東日本メカトロニクス㈱と共同で「新しいホームドア」の開発・展開にも取り組んでいます。

新しいホームドアの例(スマートホームドア)

これから実現したいこと

多様なお客さまにご利用していただく駅では、高齢化やグローバル化など変化し続ける社会への対応が求められます。たとえば、ユニバーサルデザインをコンセプトに、昇降機や出改札システムなどの機械設備の開発や、ホームドア整備のペースアップに向けた「スマートホームドア」の開発・展開にも取り組んでいます。また、快適に鉄道をご利用いただくためには、機器の信頼性向上も重要な課題であり、メンテナンスの面では、これまで培ってきたノウハウと合わせて、オペレーションデータを活用したスマートメンテナンスの実践に向け取組みを加速させています。

さらに、環境負荷の低減も重要な使命として位置づけています。当社は「エネルギービジョン2027」を策定し、2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指しています。機械設備においても、設備効率化の推進や、計画策定時のスリム化およびダウンサイジング、技術開発・オペレーション改善などを通じてCO2排出量のさらなる削減に取り組んでいます。

IoT、ビックデータ解析などの最新技術を活用した効率的なメンテナンスの実現へ

仕事説明(機械設備)

現場第一線の仕事

企画部門の仕事

機械設備の新設・管理・改良などを通じ、安全かつ快適な空間を提供する

設備メンテナンス(機械設備)

設備メンテナンス計画

施工監理

設計・契約

工事計画

研究開発

国際事業

設備メンテナンス
(機械設備)

グループ会社・パートナー会社と連携し、機械設備のメンテナンスを実施しています。

設備メンテナンス計画

品質とコストのバランスを考慮しながら、データ分析などの手法を活用して適切なメンテナンスを計画を立てています。

施工監理

機械設備の新設や取替、改修などの工事において、安全、品質、スケジュールを管理・監督しています。

設計・契約

機械設備の安全・品質・コストを考慮しながら、設計や契約に関する業務を行っています。

工事計画

機械設備の将来を見据え、設備構成やコストなどを検討し、工事計画を行っています。

研究開発

効率的な機械設備のメンテナンス方法や安全・サービス向上に繋がる設備改良など、汎用技術も含めたさまざまな技術を鉄道に活用するための研究を行っています。

国際事業

海外の鉄道事業において、機械設備のメンテナンス技術支援などを実施しています。

この仕事の社員紹介

ページトップへ