プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
平成11年9月24日


II.在来線


1. 東北線特急「スーパーはつかり」運行開始
【平成12年3月実施】

東北線盛岡〜青森間の特急「はつかり」に新型車(E751系6両3編成)を投入、「スーパーはつかり」とし、「130km/h」運転を行い、到達時間を短縮します。「はつかり」14往復中、7往復が新型車両の「スーパーはつかり」となり、最速達の列車(1往復)は、盛岡〜青森間を1時間58分で結び、到達時間を10分短縮します。


「スーパーはつかり」の編成内容


<新型E751系イメージ図>




<編成内容>


定員 394名(普通車自由席212席、普通車指定席166席、グリーン車16席)
6号車に多目的室、車椅子固定スペース(2席)を設置



2. 外房線に「通勤特急」を増発します

朝通勤時間帯に茂原〜東京間に「通勤特急」を1本増発し、遠距離速達サービスを提供します。

◇列車の時刻
列車名 発駅 時刻 着駅 時刻 記事
おはようわかしお2号 茂原 6:10 東京 7:13 土休日運休



3. 東海道線寝台特急「さくら」「はやぶさ」を併結運転します

寝台特急「さくら」(東京〜長崎・佐世保間)と「はやぶさ」(東京〜熊本間)の2本の列車を、東京〜鳥栖間で併結して運転します。これにより、佐世保発着の「さくら」を廃止します。

◇列車の時刻
列車名 発駅 時刻 着駅 時刻
「さくら・はやぶさ」 下り 東京 18:03 熊本
長崎
11:47
12:53
上り 熊本
長崎
17:30
16:44
東京 11:27



4. 首都圏輸送

《通勤・通学輸送》

(1) 常磐緩行線に新型車両を投入し、朝ラッシュ時間帯に増発します

新型車両(209系)を投入して、朝ラッシュ時間帯の我孫子発地下鉄千代田線乗り入れの列車を1本増発し、混雑緩和を図ります。

[209系1000番代]


(2) 中央快速線夕ラッシュ時間帯の「通勤快速」を、1時間に4本運転します

青梅線直通の「通勤快速」を2本新設するとともに、18時から20時台の「通勤快速」を1時間4本運転とします。

◇中央線新宿発「通勤快速」発車時刻

【現行】
1806 23河 37 53
1908 24河 45
2008 23 44

【改正】
1806 23河 37 53
1908 24河 38 51
2008 23 40青 50

河=河口湖行、青=青梅行、無印は高尾行


(3) 高崎線の朝通勤時間帯に増発します

鴻巣発上野行きの列車を1本増発し、朝通勤の混雑緩和を図ります。

◇増発列車の時刻 鴻巣発8:45→大宮着9:18→上野着9:47


(4) 総武快速・横須賀線は、新型車両に統一します

総武快速・横須賀線を新型車両(E217系)に統一します。同時に、総武快速線(錦糸町〜千葉間)で120km/h運転を行い、約1分到達時間を短縮 します。


(5) 横浜線「快速」を1時間2本運転とし、さらに到達時間も短縮します

「快速」電車を現在の40分間隔の運転から、30分間隔の運転とし、合わせて東神奈川〜八王子間の到達時間を約3分短縮します。

《その他》
中央・総武緩行線に新型車両を投入します
引き続き車体幅が広い新型車両を投入し混雑緩和を図ります。
土休日に編成増強を行い、着席サービスを充実します
東海道線・宇都宮線・高崎線・常磐線で実施します。


新幹線

BACK
本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company