プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
平成11年7月30日


山形新幹線「つばさ」の新庄開業等について

JR東日本では、平成11年12月4日(土)にダイヤ改正を実施します。山形新幹線山形〜新庄間が開業するとともに、秋田新幹線「こまち」の全列車を275km/h運転とし、到達時間の短縮を図ります。この資料は、現在準備を進めている計画の概要についてのお知らせです。

ダイヤ改正日   平成11年12月4日(土)
☆山形新幹線新庄開業
運転本数
東京〜新庄 8往復 山形〜新庄 1往復
最高速度
山形〜新庄 95km/h → 130km/h
山形〜新庄間の停車駅名
「天童(てんどう)」「さくらんぼ東根(ひがしね)」
「村山(むらやま)」「大石田(おおいしだ)」
「さくらんぼ東根」は新設駅、「村山」は現在の「楯岡」駅
新庄までの平均到達時分
山形での乗換え解消及び山形〜新庄間の最高速度向上で、
東京〜新庄間 3時間20分台(▲約30分)で結ぶ予定です。
※なお、速達性や乗車チャンスを考慮した列車体系は現在検討しておりますが、具体的な列車の時刻、停車駅、並びに運賃・料金などについては、決まりしだいお知らせします。

新庄開業に向けての取組み
1. 駅舎の改築とパーク&ライド用駐車場の整備
新幹線の開業に合わせ「さくらんぼ東根」駅を新設するとともに、村山・大石田・新庄各駅の駅舎を改築します。また地元自治体のご協力を得て、次の駅にパーク&ライド用駐車場を新設しお客様にご利用しやすい駅を目指します。
・天童駅480台
・さくらんぼ東根駅600台
・村山駅340台
・大石田駅350台
・新庄駅1,000台
2. 沿線の駅から観光地までのアクセス整備
地元自治体・関係バス会社・関係タクシー会社のご協力を得て、新幹線停車駅から温泉・船下りなどの主要観光地までの「送迎バス」「周遊バス」を運行するほか周遊型の「観光タクシー」を運行して、観光保養のお客様のための駅からのアクセスを整備します。
また、駅レンタカー営業所を既存の新庄駅に加え、さくらんぼ東根駅に新設します。
3. 庄内地区へも便利になります
これまで東京から庄内地区(酒田・鶴岡方面)へは、上越新幹線で新潟から特急「いなほ」号をご利用いただいておりましたが、新幹線が新庄まで運転することで新庄から陸羽西線をご利用いただくルートが完成します。
これにより、これまでと比べて東京〜酒田間の乗車チャンスが増え便利になります。

山形新幹線新庄開業 案内図

☆秋田新幹線「こまち」の全列車275km/h化
 秋田新幹線「こまち」と併結する275km/hタイプの新型「やまびこ」(E2系)は現在10往復ですが、残り4往復についても新型「やまびこ」(E2系)と併結運転し、到達時間を約15分短縮します。
 なお、これにより東京〜秋田間の平均到達時間は、現行4時間8分から約4分短縮します。

※JR東日本では、上記のほか各線区でダイヤ改正を実施します。詳細がまとまりしだいお知らせします。

本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company