プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
平成11年1月29日


山形新幹線新庄延伸に向けての車両の増備について

JR東日本では、山形新幹線新庄延伸開業にあわせ、新型の「つばさ」を増備すると共に、これに合わせ、今までの「つばさ」のデザインカラーを変更し、山形新幹線のイメージアップを図っていきます。

山形新幹線の新庄延伸にむけて、新しく車両を増備します。
増備する車両は、現在「こまち」で使用しているE3系車両を基本構造とした7両編成の新車2編成14両です。
デザインカラーは、400系「つばさ」のイメージを継承し、現行より明るいシルバーメタリックとグレーの2色の塗り分けで、中央にグリーンの帯を入れ、また、出入り口付近には、山形県をイメージしたシンボルマークを配置します。
現在の「400」のロゴマークは、「TSUBASA」に変更になります。
この図柄は水鳥等の大きな鳥の翼をモディファイしたものです。
これに合わせて、現行400系のデザインカラー(シルバーメタリックと黒にグリーンの帯)も逐次変更されます。
その他、在来線では、奥羽線に701系の標準軌の新車が9編成18両増備されます。
さらに、陸羽東線・陸羽西線には、キハ110系の新車が合わせて14両投入され全て新車となります。
【山形新幹線新庄延伸用車両】
 外板塗装計画
[ TSUBASA ] JR EAST JAPAN RAILWAY COMPANY

本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company