鉄道のまち大宮

ロゴマークの使用はコチラ

大宮は
「鉄道のまち」なのか?~歴史からひもとく~

鉄道開通当時、
大宮に駅がなかったのはなぜか?

明治16年(1883)に上野~熊谷間が開通し、営業を開始した。開業当初の停車駅は上野・王子・浦和・上尾・鴻巣・熊谷であり、「大宮駅」は設置されなかった。

これは第一に、明治維新後における大宮の人口推移によるところが大きい。
大宮の人口は慶応3年(1867)には3000人ほどであったが、明治2年(1869年)に県が浦和に移ったこともあり、1752人に。
さらにその10年後、 明治12年(1879)には952人まで急激に減少していた。年々減少していた人口から、採算がとれないと見越され、当初大宮への駅の設置は見送られたとされている。

背景画像:「従東京上野至熊ヶ谷蒸気車往復繁栄之図」
※提供元「さいたま市立博物館」

なぜ大宮に駅を
造ることになったのか?

明治17年(1884)に熊谷以北、高崎までが開通し、上野~高崎間が開業した。

高崎までの開業後、東北本線の建設にあたって分岐箇所の選定に入ったが、その際に候補となったのが「熊谷での分岐」と「大宮付近での分岐」であった。それぞれ大宮から栗橋、小山を経由して宇都宮までとする案と、熊谷から足利、栃木を経由して宇都宮とする案の2案について、建設費・工期・営業費・収入見込みなどを詳細に検討をした結果、「大宮付近での分岐案」が採用され「白井助七」氏らによる駅の誘致活動が積極的に行われたこともあり、着工の運びとなった。

明治18年(1885)3月16日、「白井助七」氏らの誘致運動が実り、ついに「大宮停車場」が開業し、それまでは通過していくだけであった列車が大宮に停車することとなり、ここから「大宮のまち」の発展が始まっていく。

大宮駅開業後、「大宮のまち」は
どのように発展していったのか?

大宮工場の設立

鉄道の延伸に伴い、運転の長距離化・運転本数の増加が進んだため、整備・保守の面から車両工場の建設が喫緊の課題となってきた。
こうした情勢の中、大宮駅誘致運動を行った「白井助七」氏らによる車両工場誘致運動も奏功し、明治21年(1888)に日本鉄道会社は大宮停車場の拡大と工場の建設を逓信大臣に申請した。

明治27年(1894)に認可・着工して、同年中に操業を開始。「白井助七」氏は大宮駅の誘致のみならず大宮工場の誘致にも成功した。
工場の操業にあたっては当初上野より工員230余名を異動させたが、工場の規模拡大とともに、最盛期には5,000名ほどが従事する大工場となったため、労働者の増加によってまちは大いににぎわい、活況を呈することとなった。

複線化による運転本数と
輸送量の増加への対応

大宮駅の開業後、青森へ向かって鉄道建設が進むのに伴い、輸送量は増加していった。
輸送量増加に伴って、列車の運転本数も増加したため、単線のままでは早晩、営業上の支障を生じることが明らかとなってきた。
そのため、明治25年(1892年)には上野~大宮間の複線化工事に着手、明治28年(1895)3月の荒川橋梁の複線化工事竣工後には複線での営業運転が開始。以降輸送量は増加の一途をたどり、大宮は幹線の要としての地位を確立した。

鉄道を起点とした新たな産業による発展

大宮駅・大宮工場の開設と、複線化による輸送力の向上により、製品輸出のために横浜港へアクセスする鉄道の利便性が高く評価され、1901年には長野から製糸工場が移転。それから1911年までの間に、続々と製糸工場が設立・操業を開始した。また同様の理由で、駅周辺での製茶も盛んになり、「製糸・製茶のまち」として大いに栄えた。

鉄道と産業の発展にともなう
急速な都市化

「製糸・製茶のまち」としての発展を境に、大宮駅の周辺では急激な人口増加が起こった。
さらに1930年代に入ると東京近郊における宅地化が進展、1932年には京浜東北線が運転を開始し、大宮駅の利用者は倍増。

周辺の都市化が急速に進んだ。その後、戦後の高度経済成長期を経て右肩上がりに発展をしていくとともに、同時に鉄道の運転本数も増加。
1982年の東北新幹線開業をむかえ「首都圏の北の玄関口」としての地位を不動のものとした。

大宮は「鉄道のまち」である

以上のことから、はじめは決して「大きなまち」とは言えなかった大宮であるが、「白井助七」氏らの誘致運動などにより「大宮駅」と「大宮工場」が開業・設立されたことで、鉄道の発展とともに地場産業も手に入れ、周辺の都市化が順次進んでいくことで、人口を飛躍的に増加させることができたといえる。

これは「大宮のまち」の発展に「大宮駅」の開業が欠かすことができなかったことの証左であり、逆説的に「大宮」が「鉄道のまち」といえることに他ならないと考える。

鉄道の歴史から大宮は「鉄道のまち」であると言える

参考文献:「大宮駅100年史 反町昭治著 弘済出版社」

  • 鉄道博物館
  • さいたま観光国際協会
  • つなぐ旅
  • まるまる東日本

twitter