禁煙・喫煙について

JR東日本では、受動喫煙の防止を望まれるお客さまのご意見や社会における禁煙志向の高まりを受け、受動喫煙の防止に取り組んでまいりました。

駅につきましては、2009年4月および10月に首都圏の一定エリアの駅においてホーム上の喫煙所の撤去を行い、駅構内の全面禁煙を実施しました。また、お客さまからの実施駅拡大の要望を受け、2011年6月1日から駅の全面禁煙を実施するエリアを拡大しました。拡大したエリアは「首都圏の駅の全面禁煙実施エリア拡大について」(2011年4月26日)のとおりです。

列車につきましては、2007年3月のダイヤ改正からJR東日本の新幹線・特急列車の全面禁煙化を実施し、2009年6月からは会社間を直通する一部の列車についても全面禁煙を実施いたしました。

タバコを吸われるお客さまには、ご不便をおかけすることになりますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

なお、電気加熱式タバコ、電子タバコについては、匂いの付いた水蒸気が発生する、タバコの火のように先端に光が灯る等の特徴により、周囲のお客さまの快適性を損なう恐れがあること、喫煙していると誤解を招きかねずお客さま同士のトラブルにつながる恐れがあることなどから、禁煙エリアでのご利用はご遠慮いただきますようお願いします。

首都圏の駅の全面禁煙化について

喫煙号車がある列車・喫煙ルームがある駅

喫煙号車がある列車

  • ・定期列車
    サンライズ瀬戸・出雲
  • ・臨時列車
    カシオペア
  • ・ 一部の団体臨時列車など

喫煙ルームがある駅

以下の新幹線ホームや特急ホームなどには、排煙設備のある喫煙ルームがございます。

新幹線 東京(*1)、上野(*2)、大宮、小山、宇都宮、那須塩原、新白河、郡山、福島、仙台、古川、くりこま高原、一ノ関、北上、盛岡、八戸、七戸十和田、新青森(*3)、秋田、山形、新庄、熊谷、本庄早稲田、高崎、上毛高原(*4)、越後湯沢、浦佐、長岡、燕三条、新潟、安中榛名(*4)、軽井沢、佐久平、上田、長野、飯山、上越妙高
特急 上野、土浦、水戸、勝田、日立、いわき(*5)、相馬、新宿、甲府、松本、長野

2016年6月現在

喫煙ルームの写真

  1. *1 新幹線ホームのほか地下総武線のりば改札外に設置
  2. *2 新幹線改札内地下3階に設置
  3. *3 新幹線ホームのほか新幹線改札内に設置
  4. *4 改札外に設置
  5. *5 改札内に設置