のもの

長野の寒天レモンもち

おやつTIMESトップへ
長野の寒天レモンもち

甘酸っぱい レモンの香り

寒天菓子など半生菓子の製造で有名な飯田地方。ここでは山々に磨かれた水が豊富にあることから、お茶うけのお菓子として半生菓子の製造技術が発展したそう。「南信州菓子工房」は、フルーツを漬け込んだ糖液と寒天、もち粉を使うことで、フルーティでもっちり食感の半生菓子をつくりました。中には小さくカットされたレモンピールも入っており、素材本来の風味も楽しめるよう工夫されています。ひと口食べると国産レモンの爽やかな香りと酸味が口いっぱいに広がり、レモンピールのほんのりとした苦味もアクセントになっています。仕事の合間やちょっとしたお出かけのお供にもピッタリ、優しい甘さと爽やかな酸味で気持ちも一気にリフレッシュできそう。

長野の寒天レモンもち パッケージ写真

長野の寒天レモンもち

製造者の声

南信州菓子工房 筒井 友彦さん

ドライフルーツを作る際に配合した香り豊かなレモンの糖液とレモンピールを寒天ゼリーに練りこみました。酸味と甘さが絶妙な寒天ゼリーをお楽しみください。

おやつTIMESラインナップへ