1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR
  3. 建設プロジェクトを支える新技術
  4. インテグレート架線(電路設備の簡素・統合化)

建設プロジェクトを支える新技術

インテグレート架線(電路設備の簡素・統合化)

【コンパウンド架線方式】の写真

【ツインシンプル架線方式】の写真

【インテグレート架線】の写真

特徴・効果・その他特徴、効果

施工状況

開発の概要

 首都圏における電車線路(電車に電気を供給する設備)は、これまでコンパウンド架線(電線の本数が5本)やツインシンプル架線(電線の本数が6本)が主流でしたが、これらの設備は部品点数の多さが課題となっていました。そこで、設備の老朽時期に併せて、機能は同じでありながら構成する設備の数が少なくスリム化されたインテグレート架線(電線の本数が3本)の開発(電路設備の簡素・統合化)を行いました。

開発の効果

  • 設備数削減によるメンテナンスコスト削減
  • 高所の高圧配電線から地上の高圧ケーブルへ変更したことによる、メンテナンス性の向上と工事時の安全性の確保

共同開発者

三和テッキ株式会社

ページの先頭へ