小松彩夏さんと旅する岩手

本州一の広さを誇る岩手県。広大な自然はもちろん、歴史や文化、そして「人」とのふれあいを体感できます。そんな岩手のあちこちに、岩手出身の女優・小松彩夏さんが出かけて来ました。7回に分けて、心が豊かになる旅をご紹介します。

動物とのふれあいやわんこそばに挑戦

第3回 盛岡エリア

この連載では、岩手県出身の女優・小松彩夏さんが地元・岩手の各エリアで、自然や歴史、文化、人とのふれあいを楽しんだ旅を紹介しています。

~「盛岡の奥座敷」の温泉で湯めぐり三昧~

御所湖畔にたたずむ「つなぎ温泉」。
美肌効果が期待できる湯を「はしご」。

盛岡市内から車で約30分の西奥に位置し、ダム湖・御所湖のほとりにあるつなぎ温泉郷は、「盛岡の奥座敷」と呼ばれています。
つなぎ温泉は、「平安末期の前九年の役で当地を訪れた源義家が温泉を発見し、愛馬の傷を洗ったところ回復したため、愛馬を石につなげて自分も入浴した」という伝説から名づけられたもの。
PH値が高めなのでぬめりがあり美肌効果が期待できる点から、「美人の湯」として知られています。
そんなつなぎ温泉郷の入り口にある『ホテル紫苑』は、源泉かけ流し温泉や、御所湖を一望できる大浴場の湯が楽しめる宿です。

源泉かけ流しの『南部曲がり家の湯 赤松の湯』。
源泉かけ流しの『南部曲がり家の湯 赤松の湯』。八角形の屋根が印象的な露天風呂は、幻想的な雰囲気。

同ホテルの客室は、全室から御所湖を眺めることができる「レイクビュー」。
天気が良い日は、「南部片富士」と呼ばれる岩手山も望めます。

岩手山と御所湖の美しい眺めに、旅の疲れも癒されます。
岩手山と御所湖の美しい眺めに、旅の疲れも癒されます。
角部屋では、眺望がパノラマ状態。
角部屋では、眺望がパノラマ状態。宿泊客のスリッパは毎日クリーニング、枕は専用機で殺菌・脱臭しているなど、コロナ対策も万全なので、安心してくつろげます。(小松さんは撮影のためにマスクを外しています)

同温泉郷には系列の宿『愛真館』があり、同館との湯めぐりが楽しめます。
『愛真館』は、縄文遺跡である萪内遺跡をモチーフにした「庭園縄文風呂」が自慢の宿。
木のぬくもりあふれる「夢枕の湯」、立湯の「竪穴の湯」、大きな石を湯舟の内外に配置した「ストーンサークルの湯」など、趣の異なる18の風呂を満喫できます。

縄文時代の雰囲気を演出した「庭園縄文風呂」が特徴。写真は「夢枕の湯」
縄文時代の雰囲気を演出した「庭園縄文風呂」が特徴。写真は「夢枕の湯」
『愛真館』では、コロナ対策として客室にあらかじめふとんを敷いておき、スタッフの出入りを少なくしています。
『愛真館』では、コロナ対策として客室にあらかじめふとんを敷いておき、スタッフの出入りを少なくしています。
基本情報
ホテル紫苑
『ホテル紫苑』の広々としたロビーからも、御所湖の眺望が楽しめます。

『ホテル紫苑』の広々としたロビーからも、御所湖の眺望が楽しめます。(小松さんは撮影のためにマスクを外しています)

所在地
岩手県盛岡市繋字湯の舘74-2
電話
019-689-2288
基本情報
ホテル愛真館
所在地
岩手県盛岡市繋字塗沢40-4
電話
019-689-2111
ページTOPへ