小松彩夏さんと旅する岩手

本州一の広さを誇る岩手県。広大な自然はもちろん、歴史や文化、そして「人」とのふれあいを体感できます。そんな岩手のあちこちに、岩手出身の女優・小松彩夏さんが出かけて来ました。7回に分けて、心が豊かになる旅をご紹介します。

自然とふれあって心も体もリフレッシュ

第5回 八幡平エリア

この連載では、岩手県出身の女優・小松彩夏さんが地元・岩手の各エリアで、自然や歴史、文化、人とのふれあいを楽しんだ旅を紹介しています。

高原を歩く小松さん

多彩な高山植物が自生する八幡平、
火山が生んだ神秘的な風景に出会う

今回の旅は、雄大な自然美が楽しめる八幡平からスタート。
八幡平には、火山活動によって形成された多くの湖沼や湿原が点在し、「天然の火山博物館」と呼ばれています。
岩手県側から山頂を目指して八幡平アスピーテラインを車で登って行くと、右手に広がっているのが黒谷地湿原です。
ここは、火山活動によって川がせき止められて誕生したという広大な湿原。春はミズバショウ、夏はニッコウキスゲ、ハクサンチドリ、キンコウカ、ワタスゲなどの高山植物が群生する天然のお花畑です。
散策路の入口付近にも可憐な花が咲き乱れ、「わあ、キレイ!」と小松さんも思わず笑顔。軽装でも気軽に散策が楽しめるので、ドライブがてら立ち寄ってみるのもオススメです。

黄色い花は、高山植物のニッコウキスゲ
黄色い花は、高山植物のニッコウキスゲ。八幡平には高山植物がたくさん自生していますので、花めぐりをするのも楽しいですよ。

黒谷地湿原から八幡平山頂へ、アオモリトドマツの樹海を眺めながらしばらく行くと、八幡平山頂レストハウスにたどり着きます。
ここは、山頂エリア観光の起点スポット。施設内には、八幡平の絶景が見下ろせる休憩コーナー、観光情報コーナー、売店などがあり、多くの観光客で賑わいます。
早速、小松さんも周囲の観光情報をチェック!残念ながら今回は体験できませんでしたが、レストハウスから散策することもできるそう。おすすめは、鏡沼、メガネ沼、八幡平山頂、八幡沼などを周遊するコースで楽しめます。

八幡平周辺には、観光スポットがいっぱい。
八幡平周辺には、観光スポットがいっぱい。焼走り溶岩流や安比高原、七時雨山など、大自然の様々な魅力に出会えます。
売店には、八幡平市特産の山ぶどうやマイタケを使ったお土産品を揃えた特設コーナーも。
売店には、八幡平市特産の山ぶどうやマイタケを使ったお土産品を揃えた特設コーナーも。岩手と秋田両県のお土産品を豊富に取り揃えているのもうれしいポイント。

数ある湖沼の中でも、特に人気を集めているのが「鏡沼」。
夏場は湖面に緑を映した美しい沼ですが、5月中旬から6月中旬のわずかな時期だけ、中央の雪を残して円形に雪解けする様子が龍の目のように見えることから「八幡平ドラゴンアイ」と呼ばれています。
その時期の天候や沼の環境などが関係していると考えられていますが、こうした現象で龍の目に見えるのは鏡沼だけ。幸運な条件が揃えば、神秘的な光景を眺めることができるはずですので、ぜひ見に来てくださいね。

青い湖面と白い雪のコントラストが美しい、「八幡平ドラゴンアイ」。
青い湖面と白い雪のコントラストが美しい、「八幡平ドラゴンアイ」。この地を訪れた台湾の観光客が名付けたそう。
ページTOPへ