何度も行きたい青森

本州の最北に位置する青森県。大自然や悠久の歴史を堪能できる一方、上質な温泉や個性的な食、おしゃれスポットなども楽しめます。ここでは、何度行っても楽しい魅力的な旅のコンテンツをエリア別に6回に分けてご紹介します。

弘前城の歴史に触れ、りんごのスイーツや温泉を楽しむ

第5回 津軽エリア

この連載では、青森のエリア別に魅力的な旅のコンテンツを紹介しています。

弘前城と自然が織りなす四季折々の美しさ

弘前城と自然が織りなす
四季折々の美しさ

まずは、津軽エリアを代表する観光スポット、弘前公園へ。約50haという広大な敷地内を中央に向かって進んでいくと、弘前城天守が見えてきます。
江戸時代に再建された天守として、東北地方で現存しているのは弘前城が唯一であり、重要文化財にも指定されています。
現在、石垣改修工事が進められており、天守はこれまでの南東角から移動。本丸の内側に約70m移動したことによって、晴天の日には天守と岩木山が1枚の写真に収められるようになりました。改修工事が終わるまでの貴重なアングルです。

弘前城天守の背景に望む雄大な岩木山。
弘前城天守の背景に望む雄大な岩木山。桜の時期には、さらに絶景に。
西濠は、桜が約300mにわたり両岸に咲き誇る絶景ポイント。
西濠は、桜が約300mにわたり両岸に咲き誇る絶景ポイント。弘前さくらまつり開催時はボートからも眺めることができます。

弘前市の弘前公園といえば、東北屈指の桜の名所として知られています。ソメイヨシノやシダレザクラ、八重桜、カスミザクラなど52品種、約2,600本が園内を埋め尽くします。
桜の季節の他にも、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季折々の表情が楽しめます。
また、最近では、桜の枝と枝の空間がハートに見える場所があると話題に。ヒントは、ハートマークのプレート。弘前公園内を散策しながら見つけてみては。

秋には紅葉で赤く染まり、違った表情を見せる弘前公園。
秋には紅葉で赤く染まり、違った表情を見せる弘前公園。ライトアップでより美しく。
「ハートの桜」と呼ばれ、隠れた人気スポットに。
「ハートの桜」と呼ばれ、隠れた人気スポットに。桜の時期以外でも、ハートのかたちを確認できます。
基本情報
一般財団法人 弘前市みどりの協会
天守内の入口付近にマスク着用や手指の消毒を促すイラストを掲示し、コロナ対策に取り組んでいます。

天守内の入口付近にマスク着用や手指の消毒を促すイラストを掲示し、コロナ対策に取り組んでいます。

所在地
青森県弘前市大字下白銀町1番地1
電話
0172-33-8733
ページTOPへ