何度も行きたい青森

本州の最北に位置する青森県。大自然や悠久の歴史を堪能できる一方、上質な温泉や個性的な食、おしゃれスポットなども楽しめます。ここでは、何度行っても楽しい魅力的な旅のコンテンツをエリア別に6回に分けてご紹介します。

目の前に日本海や立佞武多、大迫力に出会う

第6回 西北エリア

この連載では、青森のエリア別に魅力的な旅のコンテンツを紹介しています。

~贅沢な時間が流れるホテルへ~

山海の雄大なロケーションと、
大正浪漫の空気に癒される

目の前に日本海、陸を望めば岩木山という風光明媚なホテル「ホテルグランメール山海荘」。
温泉が湧出し、「上の湯」の名で公衆浴場を始めたのが1943年のこと。その後、旅館業へと変わり、1977年に「ホテル山海荘」を開業、1998年に現在の施設名になりました。
自慢の温泉は、30万年前の海水が沸き上がった「化石海水」という貴重なお湯。塩分濃度が高く、保温と保湿に優れ、湯冷めしにくい特徴があります。
お風呂の種類も充実しており、大浴場はもちろん、和風露天風呂と洋風風呂、さらには貸切風呂も用意。雄大な日本海を眺めながら、贅沢な時間が満喫できます。

石敷きで自然との調和のとれた石庭露天風呂。日本海が一望できます。
石敷きで自然との調和のとれた石庭露天風呂。日本海が一望できます。
ホテル敷地内にある亀神社に由来し、「浦島」「乙姫」と名付けられた貸切風呂。
ホテル敷地内にある亀神社に由来し、「浦島」「乙姫」と名付けられた貸切風呂。

お風呂上りにグイッと飲みたくなるのが生ビール。「ホテルグランメール山海荘」では、夕陽のようなオレンジ色の生ビールを提供しています。テラス席で飲むことも可能で、贅沢な時間が楽しめます。
夕食は、大正浪漫溢れるレストラン「アムール」でいただきます。料理は、名物の「あわびの活陶板焼」をはじめ、鰺ヶ沢産の旬の食材にこだわり提供しています。
コロナ対策として席数を減らし、対面しないように配置を工夫。換気や食事後のテーブル等の消毒にも力を入れています。

レストラン会場の壁面を彩る手描きの絵画は、「ホテル山海荘」時代に天井画として飾られていたものを移設。
レストラン会場の壁面を彩る手描きの絵画は、「ホテル山海荘」時代に天井画として飾られていたものを移設。ノスタルジックな雰囲気が漂います。
レストラン会場の傍に設けられたテラス席。
レストラン会場の傍に設けられたテラス席。夕暮れの日本海を目の前に、海風を感じながら飲む一杯は、最高のひとときです。
基本情報
鯵ヶ沢温泉 ホテルグランメール山海荘
コロナ対策をわかりやすく紹介するために、スタッフがイラストを作成。

コロナ対策をわかりやすく紹介するために、スタッフがイラストを作成。AIによる最新鋭の検温機も、いち早く導入しました。

所在地
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字鳴戸1
電話
0173-72-8111
ページTOPへ