臨床工学室

特色

当院の臨床工学室は、室長(医師)と4名の臨床工学技士で構成され、平成21年4月1日に発足しました。
臨床工学室は、臨床の現場で多種多様に使用されている医療機器の専門部門して、患者さまの安全の確保を目的に、看護師などコメディカルと協力して業務を行っています。

室長 杉下和郎

透析室

腎臓の機能が低下してしまうと、身体に溜まった毒素を排泄することができなくなります。溜まった毒素を排泄するために、透析とういう血液をきれいにする治療を定期的に続けなければいけません。患者さまが安全に透析を受けられるように、透析装置の操作やメンテナンスを行っています。
また、透析用水処理装置の保守管理をすることで、徹底した水質管理を行っています。

ICU(集中治療室)

ICUは、病院内で特に重症な患者さまや大きな手術後の患者さまを受入れて、高度な治療を行っています。
心電図などの患者監視装置、人工呼吸器、補助循環装置(PCPS、IABP)、血液浄化装置(CHDFなど)など、患者さまの生命にかかわる多くの医療機器が適切に作動しているか確認・点検を行っています。

心臓カテーテル室

心臓カテーテル室では、心臓の病気(狭心症、心筋梗塞など)の検査や治療を行います。
心電図、血圧、呼吸、脈拍などを記録するポリグラフ、超音波で血管内の詳細情報を把握する血管内超音波診断装置を操作します。万が一の緊急時に備え、補助循環が行えるようにバックアップ体制を整えています。

手術室

手術室では、麻酔器、電気メス、内視鏡装置など多くの医療機器が使用されています。
医療機器が正常作動するように、始業時の点検・確認やメンテナンスを行っています。
また、心臓外科手術では、心臓と肺の役割を代行する人工心肺装置や心筋保護装置の操作を行い、治療に携わっています。

中央機器管理

中央機器管理では、病棟で使用される人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプなどを点検し、貸出しを行っています。
また、各関係部署への医療機器の安全に関する情報の提供、医療機器の適正使用に関する、医療機器講習会を行うことによって、医療機器が安全に使用されるよう努めています。