透析室

特色

透析室は平成6年10月に開設されました。
装置は透析室に8台とICUに2台あります。
当透析室の特長は、明るくゆったりとしたスペースでベッドは全てスケールベッドのため、体重計に乗れない患者さまにも対応でき、透析装置で設定した除水計画をリアルタイムで確認することができます。
また、総合病院のため、通院の患者さまや院内で発生した急性腎不全のみならず、他施設で透析中の患者さまが各種の合併症にかかられた場合の転院にも対応しております。
各科の専門医と密にコンタクトをとりつつ高度の医療を行っていると自負しています。
手術の前後では麻酔科医ともよく連絡を取り合い、術後はICUに入室し、きめ細かい治療を行っています。
さらに、医師、看護師、技師が定期的にカンファレンスを行い、忌憚のない意見を交換し、患者さまの立場に立ってより良い治療を行えることを目指しています。
また、血液透析のみならず各種の吸着療法や血漿交換療法も行い、最新の医療を行っております。

室長 杉下和郎

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
室長 杉下 和郎すぎした かずろう 日本透析医学会会員
日本循環器学会専門医
日本心臓病学会特別正会員(FJCC)
日本心不全学会・不整脈学会ICD・CRT研修履修
日本内科学会総合内科専門医