膝・スポーツ専門外来

膝関節外科

ひざ周囲のあらゆる疾患に対応しています。なかでもスポーツ活動や事故などで生じた靭帯損傷や半月板・軟骨損傷、また年齢に伴っておこる変形性膝関節症が代表的な疾患です。
ひざのどこが痛いのか、いつから痛いのか、どのように痛んでいるのか、どんな時に困っているのか、等によって治療が異なります。選手・患者さまの状況をよくお聞きした上で、最善の治療法を選択します。
どちらの場合にも可能な限り手術を行わない治療(保存治療)を優先して行いますが、保存療法が効かなかった場合や始めから保存療法の適応がない、と考えられる場合には手術療法をお勧めしています。

ひざの靭帯損傷半月板損傷軟骨損傷に対しては、関節鏡(関節の内視鏡)を使用して、できるだけ選手・患者さまの体の負担が少ない方法で治療します。

変形性関節症にたいしては、まず筋力訓練を中心とした保存療法を十分に行って頂きます。効果が不十分で痛みが強い方には、ひざ関節機能を温存する高位脛骨骨切り術や人工関節に入れ替える手術を行います。

スポーツ整形外科

スポーツ活動でおこった損傷を診断・治療します。
肩の脱臼、野球肘など上肢の障害から、股関節の捻挫、ひざの靭帯損傷半月板損傷、足首の捻挫、アキレス腱断裂などの下肢の障害、軟骨損傷、全身の疲労骨折成長期の障害までスポーツドクターとして幅広く対応します。
バスケットボールチームやアメリカンフットボールチーム、オリンピックなどの日本代表選手団のチームドクターの仕事や、国内・国際大会への帯同経験を生かし、トップアスリートからクラブ活動の生徒、市民愛好家まで幅広く診療・治療します。
さらに平成26年度には日本オリンピック委員会から専任メディカルスタッフを委嘱され、多競技にわたるサポートを始めています。
平成28年にはリオデジャネイロオリンピック競技大会におよそ600名に及ぶ日本選手団の本部メディカルスタッフとして全日程で参加し、バスケットボール、ホッケー、卓球を始め、多くの競技のサポートをしました。

日本選手団本部メディカルスタッフ(左から3番目。外科系医師2名、内科系医師2名、トレーナ2名で構成される。)
日本選手団本部メディカルスタッフ
(左から3番目。外科系医師2名、内科系医師2名、トレーナ2名で構成される。)

女子バスケットボール帯同(写真:アフロスポーツ)
女子バスケットボール帯同(写真:アフロスポーツ)

選手村にて
選手村にて

選手村での診療風景
選手村での診療風景

ひざの痛みを訴える患者さまの中には、昔のけがの後遺症である陳旧性の靭帯損傷や膝蓋骨脱臼(お皿の脱臼)、骨壊死の方が時々いらっしゃいます。当科では診察と画像診断(レントゲン、CT、MRIなど)を通して適切に診断し、治療を行うことができますので、是非一度ご相談下さい。

(近隣の先生方へのお願い)
当院でのMRIの予約は非常に入りにくくなっております。靭帯損傷や半月板・軟骨損傷の場合には、予め近隣で撮影して頂くと診療がスムーズになりますので、ご高配頂ければ幸いです。なお、当院でもMRIクリニックへの紹介は可能ですのでお急ぎの場合にはそのままご紹介頂ければと思います。

スタッフ

中山 修一(なかやま しゅういち)

  • (公財)日本整形外科学会 認定専門医
  • (公財)日本体育協会 公認スポーツドクター
  • (公財)日本オリンピック委員会 情報・医・科学専門部会員
  • (公財)日本バスケットボール協会 スポーツ医科学委員
  • (公財)日本フェンシング協会 医科学委員
  • 平成26-29年度日本オリンピック委員会 専任メディカルスタッフ
  • 平成26-29年度国立スポーツ科学センター 非常勤医師

村上 亮(むらかみ りょう)

  • (公財)日本整形外科学会 認定専門医
  • (公財)日本体育協会 公認スポーツドクター
国際大会帯同
  • 2006年 バスケットボールU18女子アジア選手権 @タイ
  • 2007年 バスケットボールU18女子世界選手権 @スロバキア
  • 2009年 ユニバーシアード @セルビア
  • 2010年 アジア競技会 @中国(広州)
  • 2011年 ジョーンズカップ(バスケットボール) @台湾
  • 2013年 東アジア競技会 @中国(天津)
  • 2014年 ユースオリンピック @中国(南京)
  • 2015年 ユニバーシアード @韓国(光州)
  • 2016年 オリンピック競技大会 @ブラジル(リオデジャネイロ)
  • 2017年 アジアインドアマーシャルアーツゲームズ @トルクメニスタン(アシガバット)

疾患のトピックス

診療

金曜日午後(14:00-16:00)を膝・スポーツ外来初診枠、水曜日午後(14:00-16:00)を膝・スポーツ外来再診枠としていますが、枠に限りがございますので、一般診療枠である、水曜日午前、金曜日午前も対応いたします。

予約

当院宛ての紹介状をお持ちの方

当院では電話予約センターにて診療予約を行っています。

電話予約センター 03-3320-2211 受付時間:午前9時〜午後4時30分(休診日を除く) ※お電話をいただいた当日のご予約は受け付けておりません

電話予約センターでは当日の診療予約は行えません。
当日の場合には、午前11時までに、紹介状をお持ちになってお越しください。

  • 予約の変更、取り消し
    当院の診察カードをご用意いただき、電話予約センター(上記)にお電話ください。

紹介状をお持ちでない方

予約なしで午前11時までに一般外来を受診して下さい。必要な検査を行い、次回以降担当医師に引き継ぎます。
担当医師の外来日であれば、可能な限り担当医師が診療いたしますので、担当医師の外来日に受診されることをお勧めいたします。
いずれにしても予約の方を優先いたしますので、お待ちいただくことはあらかじめご承知おきください。
また、紹介状をお持ちでない場合には「保険外併用療養費」として別途料金(3,780円税込)を頂いております。
地域のかかりつけ医に相談し、紹介状をいただくことをお勧めいたします。