リウマチ・膠原病科

特色

関節や筋肉(いわゆる「ふしぶし」)が痛む疾患をリウマチ性疾患とよびます。また、本来であれば病原微生物と戦うべき免疫応答が、自分自身の体の成分に対して向けられた結果生じる疾患が自己免疫疾患です。そして、リウマチ性疾患としての性質と、自己免疫疾患としての性質をあわせ持つ疾患が膠原病であり、代表的な例として関節リウマチがあります。
膠原病の第1の特徴は、慢性の経過をたどりやすいことです。すなわち経過が長い場合が多いため、患者の皆さまと信頼関係を構築することが重要になります
第2の特徴は、過剰な免疫応答が関与していることです。当科で使用する薬の多くはこの過剰な免疫応答を抑制しますので、感染症を防止するなどの安全対策をとることが前提となります。
第3の特徴は、全身性の疾患であることです。診療においては総合病院の利点を活かし、他科の医師と密に連携しながら全身管理を徹底して行うことが極めて大切になります。
当科は患者の皆さまとの信頼関係の下、安全な医療をめざして、たゆまぬ努力を重ねて参ります。

疾患と治療法

関節リウマチを代表とする膠原病、および膠原病類縁疾患(成人発症ステイル病、リウマチ性多発筋痛症、血管炎症候群、強直性脊椎炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎など)を当科は専門とします。治療においては、過剰な免疫応答を抑制する薬が中心になりますが、必ずしもそのような薬をつかわなくてもよい場合もあります。それぞれの患者さんごとに適切な治療法を検討していきます。

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
主任医長 萩原 清文はぎわら きよふみ
萩原 清文
日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医
医長 陶山 恭博すやま やすひろ 日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医

スタッフによる著書

好きになる免疫学 第2版/山本一彦監修 萩原清文著/講談社 2019年
カラー図解 人体の正常構造と機能Z血液・免疫・内分泌 血液機能編 改訂第3版/山本一彦 松村讓兒 多久和陽 萩原清文著/日本医事新報社 2017年
好きになる分子生物学/多田富雄監修 萩原清文著/講談社 2002年 改訂第15刷2016年
マンガ分子生物学/萩原清文著 多田富雄・谷口維紹監修/哲学書房 1999年
マンガ免疫学/萩原清文著 多田富雄・谷口維紹監修/ 哲学書房 1996年

診療情報等を用いた研究のお知らせとお願い