リウマチ・膠原病科

特色

当科が専門とするのは、「からだの防衛軍」である免疫が、その働きに変調をきたし、自分自身のからだを同士討ちしてしまうこと(自己免疫)が原因となって起こる病気です。この種の病気は、免疫が攻撃する臓器によりたくさんの種類がありますが、その代表格が関節リウマチという病気です。
この病気は全身の関節が痛くなり、生活に大きな支障をきたす病気ですが、従来は進行の遅い病気だと考えられ、治療も効果の緩やかな薬から選択される時代が長らく続きました。
しかし、近年の研究でリウマチは早期から進行する病気で生命予後をも左右しうることが明らかにされ、1999年にはメトトレキサート、2003年には生物学的製剤という薬が使用可能となり、この10年でリウマチの診断・治療は大きく様変わりしました。昔は、リウマチでは関節が変形しても、寝たきりになっても「しかたがない」病気だとみなされていましたが、今や、明確な目標をもった治療を早期から始めることにより、骨や関節にダメージを残さないようにすることが可能な時代となりました。
その一方で、新しい治療薬による重篤な副作用も皆無ではなく、リウマチ専門医による安全かつ適正な使用と、充分な副作用防止対策が望まれています。また、万が一にも有害事象が生じた場合には、これを早期の段階で発見し、迅速に対応することが求められています。
当科では、2012年から萩原主任医長が常勤医として就任し、近隣の医師会の先生方と連携をとりながら万全の診療体制を整えています。
当科が専門とする疾患の多くは、多臓器疾患であるという性質上、内科各科や整形外科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科等の協力を得て、全身的な管理を徹底して行えるような体制を整えております。また、リウマチ性疾患のリハビリテーションも充実しています。

疾患と治療法

関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・強皮症・多発性筋炎・皮膚筋炎・混合性結合組織病・血管炎症候群(結節性多発動脈炎・ウェゲナー肉芽腫症・大動脈炎症候群・アレルギー性肉芽腫性血管炎など)・シェーグレン症候群・抗リン脂質抗体症候群・成人発症スティル病・強直性脊椎炎・反応性関節炎・乾癬性関節炎・炎症性腸疾患関連関節症・リウマチ性多発筋痛症・側頭動脈炎・RS3PE症候群・ベーチェット病・痛風・ピロリン酸カルシウム結晶性関節炎(偽痛風)・サルコイド関節症

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
主任医長 萩原 清文はぎわら きよふみ
萩原 清文
日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医
医長 陶山 恭博すやま やすひろ 日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医
厚生労働省医政局長指導医講習会修了

スタッフによる著書

マンガ免疫学/萩原清文著 多田富雄・谷口維紹監修/ 哲学書房 1996年
マンガ分子生物学/萩原清文著 多田富雄・谷口維紹監修/哲学書房 1999年
好きになる免疫学/多田富雄監修 萩原清文著/講談社 2001年 改訂第29刷2016年
好きになる分子生物学/多田富雄監修 萩原清文著/講談社 2002年 改訂第15刷2016年
カラー図解 人体の正常構造と機能Z血液・免疫・内分泌 血液機能編/萩原清文ほか/日本医事新報社 2002年 改訂第3版2017年

診療情報等を用いた研究のお知らせとお願い