血液・腫瘍内科

特色

血液・腫瘍内科では、主として血液中に存在する白血球、赤血球、血小板の数や働きの異常を起こす病気の診療を行っています。これらの病気には鉄やビタミンの欠乏による貧血、本来は細菌やウイルスを攻撃するために存在する免疫系が血球細胞を標的とするために起こる溶血性貧血や血小板減少、血球を産生する骨髄細胞が消失して脂肪に置き換わってしまう再生不良性貧血などが含まれます。さらに血液・腫瘍内科では血球産生部位である骨髄に発生する白血病や多発性骨髄腫、リンパ節またはその関連臓器に起こる悪性リンパ腫などの悪性腫瘍を抗がん剤によって治療しています。
日々の診療においては、患者さんの安全および病気の理解に基づく納得・安心を最も重要視しています。それぞれの時点で病気の状態に関してわかっていることをできる限り平易な言葉で説明し、病気に関して十分に理解し安心して治療に臨んで頂けますよう最善を尽くします。急性白血病やリンパ腫など入院での治療が必要な病気に関しては、毎週火曜日に部長回診を行って十分な討議を行い正確な診断を確定した上で栄養状態なども把握し最新の文献、報告、専門施設のホームページ等を参照して最も安全かつ有効と考えられる治療を選択しています。もちらん社会的背景も考慮し、それぞれの患者さまに適した治療方針を立てています。
治療にあたっては、他科との連携を緊密にして、種々の合併症・副作用に対して的確に対処できる体制をとっています。また栄養状態の改善を目的としたNSTチームからの助言、積極的な治療が困難な末期の患者さまにおける緩和ケアチームとの協力等により医療の質を高め、快適な療養生活が送れる環境を整備しています。外来の化学療法に関しては、当科が中心の一つとなって化学療法室の運営にあたっており、より安全な通院治療を可能にし、また化学療法時のアメニティーの向上に努めています。

疾患と治療法

●急性白血病
 多くの場合、診断が疑われてすぐに検査、入院での治療の開始が必要な病気です。急激に白血病細胞が増殖するためにしばしば尿酸値が高くなったり、骨髄の働きが抑制されて貧血、正常白血球の減少による感染・発熱、血小板減少による紫斑、出血などがみられます。
 これらの症状をコントロールしながら、先ずは比較的大量の抗がん剤を用いて体の中からほとんど白血病細胞がなくなる寛解状態を目指した寛解導入療法を行います。治療開始前の検査によりあらかじめ白血病の性質を見極め、比較的高齢の方の場合は体力・栄養状態なども考慮して寛解状態に達した時点で造血幹細胞移植を行うかどうかを決めます。移植を行わない場合にも続けて抗がん剤を用いた地固め療法を行って体の中に残っている白血病細胞を根絶します。近年は血液学の進歩により白血病も細かく分類されており、どのタイプの白血病であるかによって治りやすさ、有効な治療法が異なりますので、当科では初診の時点で分子生物学的手法なども併用することによって正確な診断を確定することを重視しています。また、病気の性質上、比較的短期間に病気に対して理解し大変な治療を受け入れて頂くために心理面も含めてできる限りの支援をさせて頂きます。


●慢性骨髄性白血病
 急性白血病とは対照的に検査から治療まですべて外来で行える疾患です。これは血液学の進歩によって慢性骨髄性白血病の本体が解明され、この病気に特徴的な染色体転座の結果つくりだされるber-ablチロシンキナーゼに対して非常に特異性の高い分子標的療法剤が開発されたことによります。世界で最初のbcr-ablチロシンキナーゼ阻害剤であるグリペックは臨床的に絶大な効果を発揮し、慢性骨髄性白血病は基本的に造血幹細胞移植を必要としない病気と考えられるようになりました。
 実際の現場では、血液検査の結果から慢性骨髄性白血病が疑われた場合に骨髄検査が行われ、分子生物学的な検査法によって確実に診断されます。数日を争う急性白血病と異なり慢性疾患であるため診断が確定した時点で初めてグリペックまたは第二世代のbcr-ablチロシンキナーゼ阻害剤であるタシグナまたはスプリセルの内服を開始します。基本的に3回程度の外来通院で薬剤の開始が可能であり、その後のコントロールも通常は外来通院のみで行えます。こうして数年間、bcr-ablチロシンキナーゼ阻害剤の内服を継続した場合、一部の患者さんでは薬を中止しても再発しない、つまり治癒するであろうことが最近報告され始めています。


●慢性リンパ性白血病
 欧米では発症頻度の高い病気ですが我が国では白血病の数パーセントを占めるのみです。高齢者に多く、また現時点の抗がん剤治療では完全には治癒しないので、赤血球、血小板数がある程度保たれている状況であれば経過観察する場合が多いです。また我が国の慢性リンパ性白血病は欧米に比較して病気の進行速度も遅くゆるやかではないかと思われます。白血病自体よりは病気の進行に伴う免疫力の低下から感染症が起こって命取りとなることが多いので、ガンマグロブリンの投与、細菌およびウイルス感染症の早期発見・早期治療に主眼をおきます。


●悪性リンパ腫
 悪性リンパ腫は白血病の主な構成成分であるリンパ球が悪性腫瘍化したもので主にリンパ節に起こりますが、リンパ球が全身を巡ることから種々の場所に起こる可能性があります。悪性リンパ腫は急性白血病以上に細かく分類されており、どのタイプかによって病気の進行速度や治りやすさ、有効な治療法が異なります。したがって治療の開始前に病変部位の一部を手術で採らせて頂き、通常の顕微鏡による観察に加えて細胞の表面に存在する分子の免疫学的検索、遺伝子異常の分子生物学的検索を行い、正確な病態および病名を確定いたします。多くの場合には急性白血病ほど進行が急速ではなく、慌てて治療を開始するよりも先ずきっちりとした診断を確定し、これに基づいて有効な治療を選択することが大切です。上述したように悪性リンパ腫は全身のあらゆる場所に起こりえますので院内のいろいろな科と緊密に連携して診療を行っていきます。典型例では3週間ごとに3-4種類の抗がん剤を計6回程度投与しますが基本的には1回目のみ入院で行い残りの5回は外来の化学療法室で行います。もちろん体力がない場合などは抗がん剤を投与する化学療法ごとに入院して頂いて行います。悪性リンパ腫の多くがB細胞性といわれるもので、この場合には通常の抗がん剤に加えてB細胞(Bリンパ球)を特異的に攻撃するリツキサン(抗CD20キメラ抗体)を併用し、これによってこれまで以上に治癒の可能性を高めることができるようになりました。当科の杉本はこれまでリンパ腫の病態と治療を中心課題として取り組んできましたので、他院にかかられている治療抵抗性の悪性リンパ腫の患者さんのセカンドオピニオンも積極的に受け付けております。


●多発性骨髄腫
 高齢者に多い多発性骨髄腫は骨が溶けて腎臓の働きが悪くなる難治性の病気でしたが、近年大きく治療が進歩し長期にわたってQOLを維持して生活していくことが可能になりました。従来から治療に用いられてきた抗がん剤あるいは副腎皮質ステロイドにサリドマイドやその類似薬であるレナリドミド、またはプロテアソーム阻害剤であるベルケードを併用することにより体内に骨髄腫の細胞がほとんどない状態に持ち込みます。治療への反応性がよいかどうか、どの薬剤がもっとも有効かに関しては白血病やリンパ腫と同様に分子生物学的な方法でどの遺伝子に異常があるかを調べることによってある程度の回答が得られますので、治療の開始の前にこれらの検査を行ってできる限り制度の高い診療を行います。体内に骨髄腫細胞がほとんどなくなった時点で自家造血幹細胞移植を行うかどうかに関しては患者さまの年齢、体力、栄養状態などを考慮します。移植を行わない場合も上記の薬剤の一部を継続してできる限り体内で腫瘍細胞が増えてこない状態を維持します。また骨が溶けたりもろくなったりすることに対して破骨細胞の阻害剤であるゾメタを使用していますが、これは骨を強くするのみならず骨髄腫を抑制する効果もあるといわれています。


●貧血
 主に外来で種々の貧血の原因検索を行い、それぞれの原因に即した治療を行っています。最も多いのは鉄欠乏性貧血ですが、便検査および女性の場合には産婦人科への紹介によって原因を明らかにし食事指導も含めて鉄剤の投与を行っていきます。妊娠可能年齢の女性の場合、一旦よくなった後も完全に鉄剤をやめてしまうと再び貧血となることが多いので数日に1錠でも鉄剤の内服を続ける必要があります。そのほかの原因としてビタミンB12または葉酸の欠乏、赤血球が破壊される溶血性貧血、骨髄自体が赤血球をはじめとする血球細胞を産生しなくなる再生不良性貧血、前白血病状態と考えられる骨髄異形成症候群などがあり、それぞれの原因に即した治療を行います。


●血小板減少
 血小板の減少を起こす病気では特発性血小板減少性紫斑病が最も頻度が高いです。原因となる可能性のあるピロリ菌感染の有無を調べて、もしあれば積極的に除菌療法を行います。血小板数が少なめでも慢性的であって低下傾向がなく臨床症状もない場合には無治療で経過観察をしていることも多いです。この他に血小板減少の原因として播種性血管内凝固などの重大な病気が隠れている可能性がありますので治療は行わない場合でもできる限り原因を確定し定期的に経過を観察しています。


●骨髄増殖性腫瘍
 貧血や血小板減少とともに赤血球や血小板数が増加する骨髄増殖性腫瘍も比較的よく見られる病気です。診断を確定した上で年齢が若く高脂血症などの合併症がない場合には経過観察、65歳以上であれば細胞増殖の阻害剤であるハイドレアの内服で血球数をコントロールします。若年者で主に赤血球が多い場合には瀉血を行っています。通常は1・2ヶ月に1回の受診でコントロールが可能です。


●リンパ節腫脹
 全身のリンパ節は骨髄とともに血液内科が担当する臓器であり、原因がはっきりしないリンパ節腫脹の診療を担当しています。リンパ節腫脹の原因の決定にあたっては触診を含めた診察、超音波やCTなどの画像診断、種々の血液検査などを総合して診断を進めます。これらの検査で診断がつかないもののリンパ節の大きさが増大傾向であって悪性腫瘍その他の重篤な疾患が疑われる場合には、腫脹しているリンパ節の一部を手術的に採ってくるリンパ節生検を行って最終的に診断を確定します。


●出血傾向・凝固異常
 出血傾向・凝固異常の診療においても、どこに異常があって病気が起こっているのかを明らかにするために、丁寧に問診・診察した上で臨床経過を把握し、必要十分な検査を行っています。検査のみに頼ると検査の誤差や非特異的な変動に振り回されることになりますので特にこの領域ではこれまでの経過や使用薬剤の十分な把握を重視して効率のよい診療を心掛けています。

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
副院長 杉本 耕一すぎもと こういち
杉本 耕一
貧血およびリンパ節腫脹の鑑別診断
悪性リンパ腫、慢性リンパ性白血病
骨髄増殖性腫瘍
日本内科学会認定総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医・指導医、評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
主任医長 竹林 ちあきたけばやし ちあき 日本内科学会認定総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本化学療法学会認定抗菌化学療法認定医
医長 奥田 慎也おくだ しんや 日本内科学会認定総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医

スタッフによる著書

1.角南義孝、杉本耕一:31急性白血病.宮園浩平、石川冬木、間野博行 監訳、デヴィータ がんの分子生物学:469-488、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2012(翻訳)
2.枝廣陽子、杉本耕一:32慢性白血病.宮園浩平、石川冬木、間野博行 監訳、デヴィータ がんの分子生物学:489-499、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2012(翻訳)
3.杉本耕一:23悪性腫瘍 リンパ性白血病.横田千津子、池田宇一、大越教夫監修、病気と薬 パーフェクトBOOK:1466-1473、南山堂、2012
4.杉本耕一:Part11 クリティカルケア Section4腫瘍に関連する救急疾患 270腫瘍に関連する救急疾患.福井次矢、黒川清 日本語版監修、ハリソン内科学 第3版:1792-1802、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2009(翻訳)
5.杉本耕一:造血器悪性腫瘍.高橋和久編、講義録 腫瘍学:162-168、メディカルビュー社、2009
6.杉本耕一:真性赤血球増加症、本態性血小板血症、慢性特発性骨髄線維症.山口徹、北原光夫、福井次矢編、今日の治療指針2009版:491-493、医学書院、2009
7.杉本耕一:第IV編 臓器・患者別腫瘍学 25造血器腫瘍学.樋野興夫、木南英紀編、がん医療入門:144-148、朝倉書店、2008
8.杉本耕一:第10章 血液腫瘍 4 MALTリンパ腫の治療.中川和彦、勝俣範之、西尾和人、畠清彦、朴成和編、Cancer Treatment Navigator:200-201、メディカルレビュー社、2008
9.杉本耕一:第2章 血液・造血器系の疾患 10血友病.富野康日己、望月正隆編、疾患と薬物治療:47-49、医師薬出版株式会社、2008
10.杉本耕一:第2章 血液・造血器系の疾患 9 播種性血管内凝固(DIC)、富野康日己、望月正隆編、疾患と薬物治療:44-46、医師薬出版株式会社、2008
11.杉本耕一:82.G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)フィルグラスチム、レノグラスチム、ナルトグラスチム、富野康日己編、基本治療薬115 使い方と禁忌:304-306、中外医学社、2007
12.杉本耕一:81.分子標的治療薬 リツキシマブ. 富野康日己編、基本治療薬115 使い方と禁忌:304-306、中外医学社、2007
13.杉本耕一:第3章 血液・造血器疾患 7 骨髄異形成症候群.矢崎義雄、乾賢一編、薬剤師・薬学生のための臨床医学:242-244、文光堂、2005

診療情報等を用いた研究のお知らせとお願い