リハビリテーション科

リハビリテーションセンター概要

あゆみ

昭和41年7月中央鉄道病院内にあった物理療法室をリハビリテーション室として開設
昭和44年中央診療棟の完成とともに新施設へ移転し、理学療法、作業療法、言語療法、義肢装具製作部門、ケースワーク部門などの総合的なリハビリテーション施設を設立
昭和62年4月国鉄民営化に伴い、東日本旅客鉄道株式会社直轄の病院となり、総合リハビリテーション施設となる。
平成17年〜27年区西南部地域リハビリテーション支援センター(渋谷区・世田谷区・目黒区)に東京都より指定
平成28年より幹事として事業に協力している
平成19年12月回復期リハビリテーション病棟開設

主な対象疾患とリハビリテーション

  • 上肢切断に対する筋電義手や能動義手の作製・リハビリテーション
  • 下肢切断に対する義足作製・リハビリテーション
  • 整形外科疾患に対する運動器リハビリテーション
    特に、人工関節術後、膝靭帯再建術後のリハビリテーション、脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折などの骨粗鬆症関連骨折に対するリハビリテーション
  • 脳血管障害に対する早期・回復期リハビリテーション
  • 脳外科疾患、神経内科疾患(パーキンソン病など)のリハビリテーション
  • 開胸・開腹術後の機能回復リハビリテーション
  • 呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーション
  • 言語聴覚リハビリテーション:失語症、構音障害、高次脳機能障害、言語発達遅滞などに対するリハビリテーション

診療実績

診療実績 リハビリテーションセンターはこちら[PDF/167KB]

認定情報

  • 日本リハビリテーション医学会研修指定施設
  • 理学療法士作業療法士言語聴覚士養成実習施設
  • 脳血管疾患当リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)

回復期リハビリテーション病棟

特別外来

義肢・装具外来
診療日時
水曜日 9:00〜11:30/月曜日・金曜日 13:00〜14:00
外来患者数
  • 2012年:364名
  • 2013年:341名
  • 2014年:355名
  • 2015年:415名
  • 2016年:558名
骨粗鬆症外来
診療日時
木曜日 13:00〜15:00
HAL外来
診療日時
毎週火曜日 午後

スタッフ構成

  • 医師4名(常勤3名/非常勤1名)
  • 理学療法士27名
  • 作業療法士14名
  • 言語聴覚士 6名
  • 義肢装具士 2名(月・水・木・金)/(公財)鉄道弘済会義肢装具サポートセンター所属

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
部長 田中 清和たなか きよかず
田中 清和
脳血管障害のリハビリテーション
上肢・下肢切断のリハビリテーション
内反尖足の手術的治療
骨粗鬆症の骨折予防
脊椎圧迫骨折のリハビリテーション
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導医
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本骨粗鬆症学会認定医
身体障害者福祉法第15条による指定医(肢体不自由・言語そしゃく障害)
義肢・装具適合判定医
厚生労働省義肢装具士国家試験委員長
日本障がい者バドミントン連盟チームドクター
主任医長 上野 高明うえの たかあき 運動器リハビリテーション
脊髄損傷のリハビリテーション
上肢・下肢切断のリハビリテーション
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導医
日本整形外科学会認定整形外科専門医
身体障害者福祉法第15条による指定医(肢体不自由、音声・言語機能障害)
義肢装具等適合判定医
医学博士
医長 田中 洋平たなか ようへい
田中 洋平
上肢・下肢切断のリハビリテーション(義手・義足)
障がい者スポーツ
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・指導医
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医
義肢装具等適合判定医
車いすラグビー日本代表チームドクター

リハビリ部門

義足について

 当院リハビリテーション科では下腿切断、大腿切断、股関節離断、骨盤切断(骨盤半截)まで様々な切断レベルの患者さまに対応しています。患者さまが持っている身体能力や生活環境に合わせ、最適な義足とそれを使いこなすためのリハビリを提供しています。
 リハビリは医師、理学療法士、作業療法士、看護師、義肢装具士の各職種がそれぞれ協力して行っています。
 初めての義足は、基本的にはリハビリ病棟に入院している間に作製することをお勧めしています。当院では義足を希望される方のリハビリ入院を受け入れています。

義足の適応になる方

  • ①義足を装着して元気に歩きたい方
  • ②義足を装着して自宅の中だけでも歩きたい方
  • ③普段は車椅子だが、義足を装着して車椅子からベッドまで移動したい方

義足の適応にならない場合

  • ①切断後の傷が治っていない
  • ②リハビリを行う意欲がない
  • ③全身状態が安定していない
  • ④重度の認知症や高次脳機能障害がある
  • ⑤全盲

※④⑤はご自身で義足の管理が困難なため。ご家族や周囲の方の支えで適応になる場合もあります。

※義足の適応はあっても、入院リハビリではなく、外来通院で義足を作ることをお勧めする場合があります。
患者さまの状態によって判断させていただいておりますのでご了承ください。

リハビリテーション科
田中 洋平

下肢切断 新規受け入れ患者数

 下腿切断大腿切断股関節離断両下肢切断その他
2014年度22000
2015年度42100
2016年度115120
2017年度128010
2018年度148211
主な義足の種類
下腿義足(左下肢)
下腿義足(左下肢)
大腿義足(右下肢)
大腿義足(右下肢)
主な義足のパーツ
義足のパーツ1義足のパーツ2義足のパーツ3
様々な各患者さまに対応できるよう、多くのパーツをそろえております。
義肢装具室
義肢装具士による義足の調整
週4回、義肢装具士により退院後の義足の調整も実施しております。

義手について

 当院では手関節離断、前腕切断、上腕切断、肩関節離断まで様々な切断レベルの患者さまに対応しています。
 切断後間もない時期には能動義手のリハビリ(作業療法)を行います。能動義手は肩の動きを使って手先を“開く”、“閉じる”ことができる機能的な義手です。リハビリを通じて義手の操作に習熟するとともに、日常生活への復帰に向けた準備を整えていきます。入院してリハビリすることも可能です。
 また、当院は筋電義手のリハビリに対応できる数少ない施設の一つです。筋電義手は筋肉の動きを電気信号に変えて手先を動かす電動の義手です。現段階では全ての上肢切断者が筋電義手の適応になるわけではありませんが、ご希望の方は当科までご相談ください。
 その他、患者さまのニーズに応じて装飾義手にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

リハビリテーション科
田中 洋平

上肢切断 新規受け入れ患者数

 前腕切断上腕切断肩離断手関節離断
2014年度3300
2015年度2210
2016年度3411
2017年度4320
能動義手

能動義手)

能動義手

能動義手リハビリ風景

能動義手リハビリ風景

能動義手リハビリ風景

能動義手リハビリ風景

能動義手リハビリ風景

筋電義手

筋電義手(マイオボック、オットーボック社)と筋電義手を装着したところ

筋電義手

筋電義手

筋電義手(i-limb、オズール社)

筋電義手

筋電義手

筋電義手

※筋電義手はすべての上肢切断者が対象になるわけではありません。
 筋電義手の対象となるかどうかは担当医にご相談ください。

ロボットスーツHAL®(ハル)について

治療・訓練の様子

ロボットスーツHAL®は、脚に障害を持つ方や脚力が弱くなった方の脚の動きや歩行をサポートする装着型の自立支援ロボットです。

上写真のように、 HAL®を装着し体重免荷式トレッドミルと併用してリハビリを提供しています。

ロボットスーツ HAL®

適応・患者さまの声

勧められる方
  • 脊髄損傷(不全麻痺)
  • 神経筋疾患(ギランバレー症候群など)
  • 整形外科疾患(筋力低下など)
  • 脳血管障害

※以下のような方はご利用いただけない可能性があります。

  • 強い痛みのある方
  • 関節拘縮の強い方
  • 背もたれなしで座っていられない方
  • 高次脳機能障害が重度の方
  • 筋緊張が過度に高い方
  • 完全麻痺の方
HAL®実施患者さまの声
  • 歩くときに脚を出しやすかった。
  • 自分で脚を動かせて嬉しかった。
  • 筋の使い方がわかった。
  • 膝折れを気にせずに安心して練習できた。
  • 足を蹴り出す感覚が久しぶりで懐かしい。
  • 次の目標ができた。
  • はずした後は疲労があった。

HAL®使用実績

  • 平成27年度 延べ人数:508人
  • 過去3年間(平成25〜27年度) 延べ人数:1,457人

HAL®を実施するまでの流れ

診療情報提供書(紹介状)をご用意のうえ、HAL®外来の診療予約をお取り下さい。
HAL®リハビリに関するご質問・ご相談等は診察時にお願いします。
医療連携室 電話 03-3373-5931(9:00〜17:00) まで


HAL®外来担当医師が診察いたします。


診察の結果、HAL®外来のリハビリが適応となりましたら、順番にご連絡させて頂きリハビリ開始となります。期間は3ヶ月となります。
※開始まで3〜6ヶ月お待ちいただいております。


HAL®開始

理学療法部門(PT)へ

高次脳機能障害のリハビリについて

頭部の外傷や病気により脳に損傷を負うと、言語・記憶・注意等の機能が低下したり、行動を計画し実行することや、状況に適した社会的な行動をとることが難しくなる場合があります。

それらの症状により、日常生活や社会生活に制約がある状態を高次脳機能障害と言います。

当院では、高次脳機能障害をお持ちの患者様が再び家庭や社会に復帰して生き生きと生活できることを目指して、おひとりおひとりの症状に応じたリハビリを、言語療法士・作業療法士・理学療法士が連携して行っています。

スタッフによる著書・論文

【総説・著書】
田中清和:車いすでの旅行は事前のバリアフリー確認を「医師が教える健康あんしん旅」,95-100;交通新聞社,2018

田中洋平:筋電義手・電動義手の現状と課題―医師の立場から― 日本義肢装具学会誌 34: 110-114, 2018

田中洋平:義手処方の実際 Jpn J Rehabil Med 55: 388-393, 2018

田中洋平, 田中清和:義足・義手のリハビリテーションから見た切断術 PEPARS 141: 1-11, 2018

田中洋平、田中清和:下腿切断と大腿切断における皮膚・筋肉の処理 総合リハビリテーション 47: 49-56, 2019

【論文】
Tanaka Y, Oka H, Nakayama S, Ueno T, Matsudaira K, Miura T, Tanaka K, Tanaka S. Improvement of walking ability during postoperative rehabilitation with the hybrid assistive limb after total knee arthroplasty: A randomized controlled study. SAGE Open Med. 2017;5:2050312117712888.

田中洋平, 上野高明, 田中清和, 芳賀信彦:下腿切断術後初期における断端の容積変化を計測した3例. Jpn J Rehabil Med 54: 889-893, 2017

田中洋平, 浦田一彦, 高原安浩, 上野高明, 田中清和:筋電義手i-limbの使用経験. 日本義肢装具学会誌 34: 66-69, 2018

田中洋平, 上野高明, 田中清和:上肢切断者に対する能動義手,筋電義手の現状と課題―当院6年間の義手処方と処方後調査より―. 日本義肢装具学会誌 33: 56-59, 2017

田中洋平, 高原安浩, 永橋侑, 上野高明, 田中清和: 上肢切断者に対するシリコーンライナーを用いた義手の使用経験. 日本義肢装具学会誌 33: 67-70, 2017