眼科

特色

「目」のことでお悩みの方は少なからずいらっしゃいますが、ただ医師任せにするのではなく、ご自分の状態を少しでも理解することが大切です。当科では、できる限り迅速に検査・診断を行なうとともに、病状・治療方針などを分かりやすくご説明できるよう努めています。
ご紹介がある場合には、原則としてかかりつけ医と連携をとりながら診療にあたります。当院他科との連携もスムーズです。

疾患と治療法

当科では、眼科全般について診療を行っています。専門性の高い診療が必要な場合、他施設へご紹介しています。
白内障:手術は片目1泊2日もしくは日帰り入院、両目3泊4日で行っており、すべての医師が執刀しています。緑内障やぶどう膜炎の合併、水晶体や眼内レンズの偏位・脱臼、高度進行眼など、難治性白内障に対する手術も行っています。
網膜硝子体疾患(黄斑前膜、黄斑円孔、網膜剥離、硝子体出血、増殖糖尿病網膜症など):手術はほとんどの適応疾患に対し行っており、入院期間は、経過に問題なければ最短1泊2日です。緊急手術もおこなっております。
黄斑疾患(加齢黄斑変性など):的確な診断のもと、抗VEGF薬の硝子体内注射を行っています。
緑内障:病型・経過など診断を重視し、適切な治療方針を決定します。
眼瞼疾患(睫毛内反、眼瞼下垂、眼瞼腫瘍など):手術に際し、外来(日帰り)・入院をご選択いただけます。

※先進医療に該当する多焦点眼内レンズは扱っておりません。
※コンタクトレンズは処方を含め扱っておりません。

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
部長 山上 淳吉やまがみ じゅんきち
山上 淳吉
緑内障 日本眼科学会認定眼科専門医・指導医
担当部長 嘉村 由美かむら ゆみ 網膜硝子体疾患 日本眼科学会認定眼科専門医・指導医
医長 秋山 玲奈あきやま れいな 角膜疾患 日本眼科学会認定眼科専門医
特任医師 野村 陽子のむら ようこ 黄斑疾患・網膜疾患 日本眼科学会認定眼科専門医
特任医師 大本 貴士おおもと たかし 日本眼科学会認定眼科専門医
特任医師 呉 香奈くれ かな 日本眼科学会認定眼科専門医
非常勤医師 高尾 宗之たかお むねゆき 網膜硝子体疾患 日本眼科学会認定眼科専門医
東京大学眼科特任講師

眼科からのお願い

初診の方は、できる限りご紹介状(診療情報提供書)をお持ち下さい。特に、転医・セカンドオピニオンご希望の際は、これまでの治療歴(眼科・他科)が診療上大変重要となりますので、ご協力をお願い致します。診療情報をお持ちの場合、医療連携室で早めの予約をお取りします。
眼科では、急に具合が悪くなった場合、診療日の午前11時までにお越しいただけましたら、予約なしでも受付を致しております(原則として、当日担当医師の診察となり、また、待ち時間が長くなる可能性があることをご容赦下さい)。午前11時以降の場合は、眼科外来にご相談下さい。