皮膚科

特色

皮膚病変は誰にでも見ることができますが、皮膚科医でなければ診られないことが少なくありません。
当科では、あらゆる皮膚病変を皮膚科医の眼で拝見して、検査・診断・治療を行っており、重要なものは学会や勉強会などで再検討しております。

疾患と治療法

◇湿疹・皮膚炎群
アトピー性皮膚炎、乳児湿疹、皮脂欠乏性皮膚炎、うっ滞性皮膚炎、慢性湿疹、接触皮膚炎など症状に応じた治療を行い、早く治癒するよう心掛けております。ステロイドの外用剤が必要なことが多いので副作用などの説明もいたします。必要があればアレルギー検査も併せて行います。

◇皮膚癌
皮膚癌は近年増加の傾向にあり、早期診断・適切な早期治療が大切です。

◇中毒疹・薬疹
薬剤による発疹は時に重篤な症状をきたし、命にかかわることがあります。重篤な経過が予想される場合は入院・精査、点滴などの治療が必要です。

◇尋常性疣贅(いわゆるイボ)
治療は液体窒素による冷凍凝固術が主体ですが、治りにくいものが多いので、特殊な外用剤や免疫療法を併用することもあります。

◇帯状疱疹
ごく軽症のものを除くと入院後疼痛管理、抗ウイルス剤の点滴が必要なことが多くみられます。帯状疱疹後神経痛を残さないよう適切な治療が大切です。

◇乾癬
難治性の皮膚疾患です。外用剤でコントロールできない重症例は、免疫抑制剤全身投与などで慎重に治療します。

◇白癬など
生活指導も含めた適切な治療が必要です。爪の"水虫"は難治ですが、最近内服薬で治療成績が良くなってきました。

当科で可能な主要な検査・治療

顕微鏡検査(真菌など)
デルマトスコープ
アレルギー検査(RIST、RAST、金属パッチテスト)
生検

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
医長 大野 祐樹おおの ゆうき 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
専攻医 乗松 雄大のりまつ ゆうた
専攻医 杉山 紗礼すぎやま さら