放射線科

特色

放射線科では、画像診断と放射線治療を行っています。
     
◇画像診断
2人の常勤放射線専門医が、CT、MRI、核医学検査の全てに読影レポートを添付しています。
また時間の許す限り超音波検査も行っています。悪性腫瘍の診断や珍しい症例にはその都度検討を行い、診断の精度を保つよう心掛けています。

◇放射線治療
ライナックによる放射線治療は、非常勤の放射線専門医、日本放射線腫瘍学会認定医による治療計画と診察を行っています。

放射線治療をしている主要な疾患と治療法

脳、脊髄、頭頚部、食道、肺、気管、縦隔、乳腺、肝、胆、膵、小腸、結腸、直腸、婦人科臓器、泌尿器、造血リンパ系、皮膚、骨、軟部の悪性疾患に対して、ライナックによる放射線治療を行なっています。

当科で可能な主要な検査

放射線撮影
透視検査
CT検査
MR検査
核医学検査
超音波検査
血管撮影

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
主任医長 冨田 宗貴とみた むねき
冨田 宗貴
画像診断 日本放射線学会認定画像診断専門医
医長 米永 健徳よねなが たけのり 日本放射線学会認定画像診断専門医
医師 兼平 千裕かねひら ちひろ 放射線腫瘍学 日本放射線学会認定放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会認定医
日本乳癌学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
第一種放射線取扱主任者
医長 完山 依里子かんやま えりこ 日本放射線学会認定画像診断専門医

スタッフによる著書

「癌放射線治療の基本と実際」(真興交易医書出版部)
*なお、診断領域では、Doctor’s doctorであり、他科医師に対する画像診断提供が主な業務です。
従って、一般向け著作活動はあまり行わないのが通常です。しかしながら、専門誌掲載の学術論文は多数あります。

賞罰
◇certificate of merit受賞(北米放射線学会)
◇学術奨励賞受賞(日本超音波医学学会)
◇Radiographics推薦(北米放射線学会)

診療情報等を用いた研究のお知らせとお願い