小児科

特色

当科は、一般的な急性疾患・感染症はもちろんのこと、食物アレルギーの診断・管理、アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法、低身長・内分泌疾患、乳幼児健診や予防接種等、現代の小児医療で欠かせない分野に積極的に取り組み、こころの問題や発達にかかわる事柄を含め、お子様・ご家族のご心配事を丁寧に傾聴し対応するよう心がけております。
急性疾患に対してももちろん初期対応を行い、より高度な医療を要すると判断した場合は、近隣の高次医療機関にご紹介させて頂くことも可能です。
また、近年厚生労働省から細菌感染症における薬剤耐性が警鐘されています。その対策として抗菌薬(抗生物質)の適正使用が謳われており、当科でも積極的に取り組んで参ります。

特色イメージ
特色イメージ

疾患と治療法

感染症

一般的な上気道感染の他、下気道感染、中耳炎、消化管感染症、尿路感染症、皮膚感染症等の発見と適切な治療に努めます。この際、抗菌薬適正使用の考えに則り治療方針を検討します。必要であれば入院加療を行いますが、乳幼児のお子さまの場合、ご家族の付き添いが必要となります。

アレルギー疾患

食物アレルギー
国立成育医療研究センターアレルギー科で研修を行った医師がおり、血液検査・食物経口負荷試験(OFC)を含め、綿密な管理を行っております。
アレルギー性鼻炎・花粉症(スギ)ー
ダニ・スギに対する減感作療法(舌下免疫療法)を行っています。対象年齢は5歳以上です。
  • その他、湿疹や気管支喘息の管理も行います。

内分泌疾患

低身長に対する検査や治療も新たに取り組んで参ります。

発達・発育全般

当科の健診等で気になる点があったり、地域からご紹介頂いた乳幼児の発達・発育を注意深く観察し、ご家族のご心配に丁寧に対応します。

心身症・発達障害

どこに相談したらよいかお困りのご家族も多いと思います。当科では可能な範囲で対応いたします。

腎疾患(学校腎臓病検診後の要精検となったお子さまの診察も行います)、てんかん等の神経疾患、心臓疾患、血液疾患、膠原病、免疫疾患の検査や初期対応も行っています。

疾患と治療法イメージ
疾患と治療法イメージ

当科で可能な主要な検査・治療

  • 感染症に対する迅速検査として、インフルエンザ、RSウイルス、溶連菌、アデノウイルス、ロタウイルス、マイコプラズマ感染症、ヒトメタニューモウイルスや炎症評価(CRP)のための検査が可能です。
  • 血液、尿、単純レントゲンやCT検査、超音波検査を行います。

その他、

  • 食物アレルギーの評価のための食物経口負荷試験(OFC)
  • 低身長の評価のための成長ホルモン分泌負荷試験(予定)
  • 起立性調節障害を疑ったときの新起立試験
  • 発達に関して通院しているお子さまに対する知能検査
  • 各種症状に対し、漢方薬のご処方も行います。

などを必要に応じて行っています。

専門外来(予約制)

小児神経外来 第3月曜日午後(佐藤敦志医師:東大病院小児科)
一般神経疾患、その他発達障害や心身障害などの各種ご相談に対応します。
小児心臓外来 第2金曜日午後(真船亮医師:東大病院小児科)
心疾患のお子さまのほか、急を要さない心雑音についてもこちらの専門外来でご相談に対応します。

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
部長 柳澤 敦広やなぎさわ あつひろ
柳澤 敦広
小児腎臓病、感染症、免疫疾患
新生児疾患
療育・発達関連
日本小児科学会認定小児科専門医・指導医
NCPR専門コースインストラクター
臨床研修指導医講習会修了
ICD(Infection Control Doctor)
日本小児科医会「子どもの心」相談医
小児慢性特定疾病指定医
難病指定医
医長 塩ア 純子しおざき じゅんこ 小児一般、アレルギー 日本小児科学会認定小児科専門医
小児慢性特定疾病指定医
難病指定医
日本アレルギー学会会員
日本小児アレルギー学会会員
医長 松原 洋平まつばら ようへい
松原 洋平
小児内分泌(こどものホルモンの疾患:身長、甲状腺、二次性徴など) 日本小児科学会認定小児科専門医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科(小児科)専門医・指導医
小児慢性特定疾病指定医
難病指定医
特任医師 武井 剛たけい ごう
武井 剛
日本小児科学会認定小児科専門医
小児慢性特定疾病指定医
難病医療費助成制度指定医
コンサータ錠登録医師
日本小児科学会会員
日本小児神経学会会員
日本先天代謝異常学会会員