乳腺外科

特色

乳腺外科では、乳がん検診の他、乳腺の診断および標準的治療を行っております。外来でのマンモグラフィー・超音波検査は可能な限り、外来受診日に検査を行い、検査結果もその日に説明できるようにしています。乳がんの診断、治療については外来・入院を問わず、他職種の医療者が参加するブレストケアチームによるチーム医療を行っています。
乳がん手術は乳房切除手術、乳房温存手術、腋窩郭清、センチネルリンパ節生検などを行っており、早期乳がんの患者さまのうち、乳房再建のご希望がある場合は、形成外科との協力体制の下、乳房同時再建手術を行っています。また2期的乳房再建手術は当院形成外科が行います。
乳がん手術の入院の場合、5日〜10日間と短期間ですが、乳がんは薬物治療(内分泌療法、化学療法、分子標的治療など)や放射線治療が有効なため、長期の外来通院が必要になります。このため、新宿駅南口から徒歩5分という立地も当院乳腺外科の特徴の一つと考えられます。第2・第4土曜日も外来診療を行っています。
当院で乳がん治療を受けておられる患者さま、あるいは治療を終了された患者さまのための「マンマのおしゃべりサロン」を定期的に開催しています。地域包括ケアを推進し、近隣病院やクリニックとの病診連携を行っております。

当科で可能な主要な検査・治療

  • 超音波検査、マンモグラフィ検査 、核医学検査、MRI検査、CT検査
  • 放射線治療
  • 細胞診、針生検
  • 外来化学療法
  • ストロンチウム治療(内照射)

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
部長 上田 重人うえだ しげと
上田 重人
日本外科学会認定外科専門医
日本乳癌学会認定乳腺専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ読影認定医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師

平成24年度 第13回日本乳癌学会機関紙Breast Cancer優秀論文賞受賞
平成27年度 第21回日本乳癌学会研究奨励賞受賞
平成29年度 第55回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞受賞
平成30年度 第12回日本ITヘルスケア学会学術大会優秀演題賞受賞
医長 島田 杏子しまだ きょうこ 日本外科学会認定外科専門医
非常勤医師 平塚 美由起ひらつか みゆき 日本外科学会認定外科専門医
日本乳癌学会乳腺認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波検査実施・判定(B)
乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施医師
非常勤医師 尾辻 和尊おつじ かずたか 日本外科学会認定外科専門医
日本乳癌学会認定乳腺認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会マンモグラフィ読影認定医

乳腺外科の受診について

乳房に症状(しこり、違和感など)があり受診を希望される方へ

受診を希望する理由はなんですか?もう一度ご自身で症状を確認してみて下さい!

乳がんでよく見られる症状とは?

  • 乳房のしこり
  • 乳房の皮膚のひきつれ・くぼみ
  • 乳頭から分泌物がでる
  • 急に乳頭が陥没してくる
  • 乳頭にただれや変形がある
  • 脇の下にしこりがある

※診察前に必ずご確認ください

他院で異常を指摘され、精密検査の受診を希望される方へ

紹介状、検査結果(検査結果が書かれた用紙、画像のフィルム、CD-ROM、プレパラートなど)をお持ちの方はご持参のうえ、外来棟1階 総合受付にご提出してください。

マンモグラフィのイメージ
マンモグラフィ

プレパラートのイメージ
プレパラート

超音波のイメージ
超音波

CDのイメージ
CD

総合受付のイメージ
総合受付

上記資料を総合受付にご提出ください。
検査結果をお持ちになられなかった場合は当院で再検査となる可能性がありますのでご了承ください。

他院で組織の検査を勧められ、受診を希望される方へ

紹介状、検査結果(検査結果が書かれた用紙、画像のフィルム、CD-ROM、プレパラートなど)をお持ちの方はご持参のうえ、外来棟1階 総合受付にご提出してください。

  • ※検査結果をお持ちになられなかった場合は当院で再検査となる可能性がありますのでご了承ください。
  • ※マンモグラフィの検査結果と、超音波検査の結果を確認し組織検査が必要か判断致します。
  • ※初診日当日の組織検査は実施できないことをご了承ください。組織検査は毎週金曜日の午後、予約制で実施しております。

乳がん検診について

当院での乳がん健診は自費診療となります。

視触診のみ6,900円
視触診+マンモグラフィ12,900円
視触診+超音波検査10,700円
視触診+マンモグラフィ+超音波検査16,700円

セカンドオピニオンを希望している方

当院では、「がん」について「他の専門医の意見を聞いてみたい」と考えている患者さまを対象に、専門医が相談に応じる「セカンドオピニオン外来」を開設しております。
詳しくは『がん・セカンドオピニオン外来』をご覧ください。

受診の流れ

受診当日の流れ

問診表記入

外来棟2階 外来受付で問診表を受け取り、乳腺外科待合にてご記入して下さい。
問診表にはなるべく詳しい内容をご記入下さい。記入が終わりましたら、受付にご提出して下さい。

2階外来受付のイメージ
乳腺外科待合のイメージ
問診・視触診
診察室にて問診と視触診を行います。
視触診では上半身は脱ぎますので、ワンピースは避け脱ぎ着しやすい服装をお勧め致します。
画像診断(超音波検査マンモグラフィ検査

医師の判断で超音波検査マンモグラフィ検査を行います。
超音波検査は診察室の並びの部屋で行います。所要時間は10分程度です。
マンモグラフィ検査はB2階 画像診断にて行います。所要時間は15分程度です。

乳腺外科Cのイメージ
診察室1のイメージ
結果説明
画像診断(マンモグラフィ検査と超音波検査)の結果をご説明します。
今回の受診で異常なしと診断された方も是非、乳がん検診をご継続ください。明らかに良性と診断できない場合は、医師から病理検査のご提案があります。検査に際しましては同意書を用いて説明させていただきます。
  • ※診療予約して受診した患者さまは当日にマンモグラフィと超音波の結果説明を行っています。
    お時間には余裕を持って受診して下さい。
  • ※所要時間は検査、診察時間を合わせおおよそ2時間です。お時間のない方はご相談ください。

病理検査について

医師の判断で、しこりがある場合は病理検査(細胞診・組織診)を行います。
初診日に検査日の予約をお取りします。

結果説明
病理検査約10日後以降に医師より病理結果のご説明をさせていただきます。

乳腺にできる病気について

線維腺腫

10〜30歳代に好発する良性のしこりです。

葉状腫瘍

大きなしこりを形成するのが特徴です。葉状腫瘍には悪性と境界病変(悪性と良性の中間)とがあります。葉状腫瘍の場合は腫瘍を手術で完全に切除する必要があります。

乳腺症

古い臨床的な疾患概念で、病理学的な疾患名ではありません。乳房の痛みや張り感、乳頭からの分泌物、のう胞(分泌物がたまった袋)ができるなど様々な症状があります。
現在では生理的な変化と考えられています。

乳がん

乳房の乳管組織(母乳を乳首まで運ぶ管)から発生する悪性の腫瘍です。乳房の変化に気づかずに放置しているとがん細胞が増殖しリンパや血液の流れに乗って肺や肝臓、骨など乳房から離れた臓器にまで及びます。患者さまそれぞれのがんのタイプを調べ、効果的な治療を組み立てていきます。

乳がんと診断されたら

初めて乳がんと診断された患者さまに行われる治療(初期治療)を中心として解説します。
乳がんの治療には手術放射線療法薬物療法があり、個々のがんのタイプに合わせて必要な治療を組み合わせて行います。

乳がんの診断

画像診断(がんの場所、大きさ、転移の有無を調べる)
  • 転移の有無をCTで確認します
  • 乳房内でのがんの広がりをMRIで確認します
  • 治療を始めるにあたって準備の検査を行います
    (血液検査・尿検査・胸部レントゲン検査・心電図・心エコー・呼吸機能検査 など)
病理検査・生検(がんの性質を調べる)
  • がんの詳しい特徴を確認します
  • がんに有効な治療薬を選択するための組織検査を行います
  • さらに詳しくがんのタイプを確認するため、ER・PgR・HER2などのホルモンレセプターやタンパクの発現状況を検索します

治療の流れのイメージ

2013年には人工乳房による乳房再建も保険適応となりました。
当院では形成外科と協同して患者さまのニーズに答えています。