産婦人科

お知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、皆さまの健康を守ることを最優先し、今後予定している「両親学級」・「母親学級」は当面の間中止とさせていただきます。(再開時期未定)

特色

医療技術がいかに進歩しても、“今 どのようなことでお困りになっているのですか?”と、患者さまのお話をじっくりお聞きすることから診療は始まる、と考えております。
そして、一つの疾患に対する複数の治療法の中から、患者さまのお気持ちとライフサイクルを重視し、より適切な治療法を選択させていただきます。

産科・・・産科外来では、医師による妊婦健診および助産師による保健指導で妊娠中の様々なトラブルを解消させていただきます。分娩は“自然分娩”を原則としています。LDR室(陣痛ー分娩ー産後回復まで移動することなくすごせる部屋)では、ご家族に見守られながらお子さまの誕生の瞬間を皆さまでお祝いください。産後の母乳トラブルや育児相談については、母乳相談外来でフォローさせていただきます。

出産施設をお探しの方、当院でお産をお考えの方は「お産をお考えの方へ」もあわせてご覧ください。

婦人科・・・婦人科悪性腫瘍・内視鏡治療・生殖内分泌、全ての分野についての診療を行っております。

お産をお考えの方へ

お産をお考えの方へ

疾患と治療法

婦人科悪性腫瘍
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの婦人科悪性疾患に対して、できるだけ速やかに病状を精査し、婦人科腫瘍専門医の立場から判断させていただき、最適の治療を行う様に努力しております。
「がんの疑いが…」「どうしましょう…」とお一人でお悩みになられずに、まずご相談ください。
当科では、子宮頚部上皮内病変に対してレーザー蒸散術を行っています。
下記にて詳細をご覧ください。

子宮がん検診で再検査が必要といわれたら・・・

良性腫瘍
子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症などに対して、手術療法(内視鏡手術、開腹手術など)や薬物療法(ホルモン療法など)の中から、患者さまの病状とニーズに合わせた最適な治療法を選択させていただきます。

性器脱
骨盤の底を支えている筋肉群は分娩を契機に一部損傷することがあります。その後、年齢を重ねていくうちに徐々に弱くなり、性器脱という病態となることがあり、尿失禁を伴うこともあります。その修復方法には様々な方法があります。どの治療がふさわしいか相談いたしましょう。

不妊・生殖内分泌
"不妊"に関しては、御相談は承りますが、専門的な検査及び治療は行っておりません。

当科で可能な主要な検査

超音波検査 CT検査 MRI検査
病理細胞診 病理組織診 腫瘍マーカー採血
子宮卵管造影 骨密度検査
コルポスコピー検査
専門外来(完全予約制)
・婦人科腫瘍外来 火曜日午後 木曜日午後
・セカンドオピニオン外来 金曜日午後(所定の手続きがあります。医療連携室・03-3373-5931へ御連絡下さい)

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
部長 北條 智ほうじょう さとし
北條 智
婦人科悪性腫瘍 日本産婦人科学会認定産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会認定婦人科腫瘍専門医・指導医
母体保護法指定医
医長 田中 美木たなか みき 内視鏡手術
更年期障害
日本産婦人科学会認定産婦人科専門医・指導医
日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医
医長 山本 直子やまもと なおこ 日本産婦人科学会認定産婦人科専門医・指導医
医長 松浦 宏美まつうら ひろみ 日本産婦人科学会認定産婦人科専門医
専攻医 志賀 友香しが ともか 日本産婦人科学会