脳神経内科

特色

脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉に生じるあらゆる病気を内科的に診断・治療する専門分野です。頭痛、めまい、しびれ、脱力などを主訴とする一般的な疾患から神経難病まで、脳神経が関わる疾患を担当します。神経救急疾患では脳卒中、脳炎・髄膜炎、てんかん重積などを積極的に受け入れ、急性期脳梗塞の適応例には積極的に血栓溶解療法(rt-PA静注療法)を施行しています。
具体的に、次のような症状がありましたら当科受診を御検討下さい。
  • 頭痛
  • 天井がぐるぐる回るような(あるいは、船に揺られているような)めまい
  • 片側顔面や唇、手足の一部のしびれ
  • 物忘れ
  • 手足の脱力
  • 歩きにくさ
  • 言葉の出づらさ、呂律の回りにくさ
  • 飲み込みにくさ、むせこみやすさ
  • 意識が遠のく感じ、一時的意識消失
  • (意識障害を伴わない、あるいは伴う)けいれん
  • 手足のふるえ
  • 手の痩せ
  • 物が二重に見える感じ

他の医療機関を通院中に当科に新患で受診する際は、できるだけ紹介状(診療情報提供書)を持参して下さい。
初診の際には詳細な問診の聴取や神経学的診察が必要なため、時間がかかる事があります。御理解の程、宜しくお願い致します。
また、当院は急性期病院のため、長期療養の必要な脳卒中後遺症や神経難病では、院内の専門スタッフの協力を得ながら各種社会福祉制度の活用を提案させて頂いたり、在宅療養の支援、療養施設や地域医療機関への紹介をさせて頂いております。なお、脳神経内科は「精神科」「精神神経科」「神経科」「心療内科」と混同されることがありますが、精神的な病気(統合失調症、うつ、心身症、ひきこもりなど)は原則的に診療致しておりません。

診療実績

◇神経変性疾患
パーキンソン病および各種パーキンソン症候群、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症など

◇脳血管障害
脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作など

◇自己免疫性神経疾患(神経免疫疾患)
重症筋無力症、正常圧水頭症、筋炎、多発性硬化症、神経サルコイドーシス、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性多発神経炎、多巣性運動性ニューロパチー、血管炎性ニューロパチーなど

■専門外来のご案内 神経免疫疾患外来

◇感染性・炎症性疾患
脳炎、髄膜炎、プリオン病、神経梅毒など

◇その他
眼瞼・顔面痙攣、痙性斜頚(ボトックス治療)、正常圧水頭症(手術適応例は脳神経外科を紹介)、ジストニア、本態性振戦、片頭痛、筋収縮性頭痛、群発頭痛、てんかん、失神、めまい、顔面神経麻痺など

当科で施行可能な検査・治療

主な検査
  • 髄液検査
  • 電気生理学的検査(筋電図、神経伝導速度検査、反復誘発筋電図など)
  • 画像検査(頚動脈エコー、CT、MRI、MR angiography、脳血流シンチ、MIBG心筋シンチ、DATスキャンなど)
  • その他(脳波、高次脳機能検査など)

一部の特殊な抗体検査、遺伝子検査は、他院に依頼する事があります。

主な治療
超早期血栓溶解療法、抗凝固・抗血小板療法、大量免疫グロブリン療法、血漿交換、ステロイドパルス療法、インターフェロン、免疫抑制剤、ボツリヌス毒素局注療法、パーキンソン病の脳深部刺激療法の刺激調整など

アルツハイマー型認知症の豆知識

スタッフ紹介

役職・医師名 得意な分野 認定等
主任医長 氷室 圭一ひむろ けいいち
氷室 圭一
神経内科全般(英語対応可能)
神経免疫疾患(特に重症筋無力症)
脳卒中
頭痛
てんかん
医学博士(千葉大学)
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本神経免疫学会員
日本神経治療学会員
東京都難病医療費助成指定医
東京都身体障害者手帳指定医
医長 網野 寛あみの ひろし
網野 寛
神経内科一般
末梢神経障害
日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
医長 大谷 龍平おおたに りょうへい
大谷 龍平
神経内科一般
多発性硬化症
日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
非常勤医師 櫻井 透さくらい とおる 神経内科一般 日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定内科医