四季の美 五ツ星。北陸新幹線

富山 toyama

新幹線で行く HOKURIKU 称名滝 in 富山

称名滝/富山県中新川郡立山町

立山連峰を源に、弥陀ヶ原高原を流れた川が、四段となって一気に流れ落ちる称名滝は、落差350mと日本一を誇る。轟音を立てながら水しぶきを上げるダイナミックな景観は、見る者を圧倒。運が良ければ、滝にかかる見事な虹を鑑賞することができる。

アクセス:
JR富山駅より富山地方鉄道に乗り換え
立山駅下車、称名滝探勝バスで約15分
「称名滝」バス停
下車、徒歩約30分

富山県のおすすめ観光スポット recommended tourist spot of toyama富山県のおすすめ観光スポット recommended tourist spot of toyama

雨晴海岸

01雨晴海岸

「天然のいけす」といわれるほど豊かな漁場として知られる富山湾。弓状に100km続く美しい海岸線の西部、高岡市の雨晴(あまはらし)海岸は、湾越しに3,000m級の立山連峰を望むことができ、その壮大な眺めは「日本の渚百選」にも選ばれています。源義経が奥州へ落ち延びる途中、にわか雨が晴れるのを待ったという「義経岩」があり、地名「雨晴」の由来となっています。奈良時代の歌人、大伴家持はこの雨晴の風景をこよなく愛し、万葉集に多くの歌を残しています。そのうちのひとつ「立山に 降り置ける雪を 常夏に 見れども飽かず 神からならし」は、「立山に降り置いている雪は、夏のいま見ても見飽きることがない。神の山だからに違いない。」という意味。1,000年以上の時を超え、家持の胸に去来した感動が伝わってきます。
アクセス:JR雨晴駅より徒歩約5分

富山県美術館

02富山県美術館

貴重な近現代美術や、ポスターや椅子等のデザイン作品が鑑賞できるほか、屋上庭園などアートとデザインを肌で感じられる仕掛けも満載。家族みんなで楽しめます。
アクセス:JR富山駅より徒歩約20分

越中八尾 おわら風の盆

03越中八尾 おわら風の盆

富山市南西部の山あいの町、越中八尾で300年余り躍りつがれてきた「越中おわら」。三味線、胡弓、太鼓の音に合わせて哀調帯びた唄や拡張高い男女の踊りが街を行き過ぎ、しっとりした幻想的な世界に酔いしれます。
開催日:9月1日(土)~3日(月)※前夜祭8月20日(月)~30日(木)
アクセス:JR越中八尾駅より徒歩またはJR富山駅よりバスで約45分

氷見沖クルージング

04氷見沖クルージング

風光明媚な富山湾を滑るように、阿尾城跡や唐島、氷見沖に設置された定置網などをゆったりと巡ります。気象条件が良ければ海越しに立山連峰が見え、そのパノラマはまるで美しい絵葉書のように、見る人を魅了します。
開催日:4月末から11月下旬の毎日運船(※悪天候の場合は運休)
アクセス:JR氷見駅より徒歩約15分

富山県のおすすめ観光スポットマップ

石川 ishikawa

新幹線で行く HOKURIKU 霊峰白山 in 石川

霊峰白山/石川県白山市

標高2,702m(御前峰)の白山は、富士山、立山と並ぶ日本三名山のひとつ。明治以降は信仰の山としてだけではなく、美しい自然を楽しめる山として、多くの登山者に愛されてきた。山頂近くの山小屋に泊まり、満点の星空を満喫したり。朝のご来光を拝んだり。開山1300年の歴史を誇る白山の魅力を、心と身体で堪能したい。

アクセス:
JR金沢駅よりバスで
約2時間15分

石川県のおすすめ観光スポット recommended tourist spot of ishikawa石川県のおすすめ観光スポット recommended tourist spot of ishikawa

能登キリコ祭り

01能登キリコ祭り

豊かな自然に囲まれ、独自の文化を育んできた石川県能登半島では、今も祭礼をはじめとする貴重な民俗行事が受け継がれています。能登の祭礼の白眉は、「キリコ祭り」と総称される灯籠神事。キリコとは「切子灯籠」を縮めた呼び名で、直方体の形をした山車の一種に担ぎ棒が組み付けられています。夏の約3ヶ月間、能登の約200地区で行われ、夜になるとキリコに灯りがともり、浮かび上がった大書の墨字や武者絵が幻想的な雰囲気を醸し出します。2015年には、文化庁が認定する「日本遺産」の最初の18件のうちのひとつに、「灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~ 」として選出。素朴な農漁村で、漆や彫刻など意匠を凝らした多数のキリコが神輿のお供をしながら練り回る様子は、まさに豪華絢爛な祭礼絵巻です。
アクセス:JR七尾駅、JR和倉温泉駅、のと鉄道七尾駅~穴水駅の各駅

玉泉院丸庭園ライトアップ

02玉泉院丸庭園ライトアップ

金沢城公園の玉泉院丸庭園が幻想的にライトアップされます。
実施日:毎週金曜日・土曜日、祝日の前日など
アクセス:JR金沢駅よりバスで約15分

白山比咩神社 宝物館

03白山比咩神社 宝物館

昨年、開山1300年を迎えた白山を神体山とする白山比咩神社の宝物館では、重要文化財である鳳凰文沈金彫手筥をはじめ木造獅子狛犬や、青木哥彦画の菊理媛尊掛け軸などが展示されています。その他、加賀藩前田家と縁の深い神宝の数々も拝観できます。
アクセス:JR西金沢駅より北陸鉄道に乗り換え新西金沢駅乗車鶴来駅下車、徒歩約30分

千里浜なぎさドライブウェイ

04千里浜なぎさドライブウェイ

波打ち際を車で走れる国内唯一の海岸です。砂の粒子が細かく、しかも海水を含んで固く締まっていることがその理由。沈む夕陽を眺めながらのドライブは特に感動的です。
アクセス:JR宝達駅より車で約5分またはJR羽咋駅より車で約3分

石川県のおすすめ観光スポットマップ

福井 fukui

新幹線で行く HOKURIKU 国史跡白山平泉寺 in 福井

国史跡白山平泉寺/福井県勝山市

養老元年(717年)に泰澄大師によって開かれた白山平泉寺。この一帯には最盛期の戦国時代に8千人もの僧兵がいたと伝えられ、当時の日本では最大規模の宗教都市として繁栄していた。美しい苔で覆われ、静寂さが漂う境内を歩けば、日常を離れて幽玄な世界へと誘われる。

アクセス:
JR福井駅より
えちぜん鉄道に乗り
換え
勝山駅下車、
バスで約10分

福井県のおすすめ観光スポット recommended tourist spot of fukui福井県のおすすめ観光スポット recommended tourist spot of fukui

恐竜博物館

01恐竜博物館

「恐竜渓谷」とも呼ばれ、恐竜化石発掘量日本一勝山市にある、福井県立恐竜博物館。年間およそ90万人の観光客が訪れ、カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館、中国の自貢恐竜博物館と並んで世界三大恐竜博物館と称されるなど、日本の恐竜博物館の代表的な存在です。恐竜の卵をイメージさせるドーム型の常設展示室には40体以上の恐竜全身骨格をはじめ千数百もの標本が展示されており、なかでも日本で初めて全身骨格が復元された「フクイラブトル」と「フクイサウルス」の2体は、市内にある発掘調査現場で発見されたもの。中国四川省の恐竜たちを再現したジオラマや、ティラノサウルスをあらゆる角度から視察できる「ダイノラボ」など、展示方法にも工夫が凝らされていて見応え充分。大人から子供まで、大迫力の恐竜ワールドを堪能できます。
アクセス:福井県立恐竜博物館/JR福井駅よりえちぜん鉄道に乗り換え勝山駅下車、コミュニティバスで約10分

三国の花火大会

02三国の花火大会

三国サンセットビーチを舞台に、豪華絢爛の大・花火大会が毎年8月に開催されます。2尺玉の打ち上げをはじめ、仕掛け花火やスターマインなど約1万発の花火が、真夏の夜空を美しく染めます。なかでも水中花火は、北陸の夏の風物詩になっています。
アクセス:JR福井駅よりえちぜん鉄道に乗り換え三国港駅下車、徒歩約5分
※2018年開催第38回三国花火大会は8月11日に終了しました。

ツリーピクニックアドベンチャー いけだ

03ツリーピクニックアドベンチャー いけだ

2016年春にオープンした日本最大級の冒険の森。全長約1Kmのワイヤーケーブルで森の上空を移動する「メガジップライン」をはじめ、樹上のジャングルジム「アドベンチャーパーク」など、好奇心を引き出す仕掛けが満載です。
アクセス:JR武生駅より車で約30分

永平寺大燈籠ながし

04永平寺大燈籠ながし

曹洞宗大本山永平寺の役寮・雲衲衆による読経が営まれたあと、約1万基の燈籠が流され、川面にまたたく光の帯をつくります。河川で行う燈籠流しとしては日本一の規模。行く夏を惜しみながら幻想的な雰囲気を味わえます。
開催日:8月25日(土)
アクセス:JR福井駅よりえちぜん鉄道に乗り換え下志比駅下車、徒歩約10分

福井県のおすすめ観光スポットマップ