富山県

富山 TOYAMA

とろろ昆布おにぎり

おにぎりといえば海苔、
ではなく、 とろろ昆布。
とろろ昆布おにぎり / 富山県

肉厚の昆布を細かい糸のように削り出した「白とろろ」を、握り飯が見えないくらい贅沢にまぶしたのが、富山のソウルフードと呼ばれる「とろろ昆布おにぎり」です。コンビニやスーパーに並ぶほど地元で親しまれており、ほのかな酸味にぎゅっと濃縮された旨みと風味、天然素材ならではの美味しさを身近に味わうことができます。一年物の薄い昆布のみを厳選し、最も柔らかい「耳」の部分だけを削った「黒とろろ」のおにぎりもおすすめ。江戸時代から続く食文化の伝統を、ぜひご賞味ください。

富山県(とろろ昆布おにぎり)
石川県

石川 ISHIKAWA

石川県(かぶら寿し)

かぶとブリをこうじで漬けた、
滋味あふれる石川の冬の風物詩。
かぶら寿し / 石川県

かぶら寿しは、塩漬けしたかぶに塩漬けしたブリを挟み、糀で漬け込んで発酵させた、金沢を代表する伝統的な冬の味覚です。「寿し」という名前ですが、いわゆる酢飯を使ったお寿司をではなく、魚を塩と米と糀で乳酸発酵させた「いずし」の一種。江戸時代には武家や庶民に親しまれ、年末年始の贈答や挨拶に使用されるなど、人をもてなすときのメニューのひとつとされてきました。なぜこの食べ方になったのかは諸説あり、調べてみると食の楽しみがいっそう広がります。

石川県(かぶら寿し)
福井県

福井 FUKUI

福井県(水ようかん)

なぜ冬に?
福井ならではの、意外な食文化。
水ようかん/ 福井県

水ようかんといえば夏のイメージがありますが、福井では冬の風物詩として、こたつに入って食べる文化が定着しています。その由来は、大正から昭和の時代、奉公にでた丁稚でっちが正月に福井へ帰郷する際、持ち帰ったようかんを近所に配るために水で伸ばし作り直したという話からきている説があります。そのため、地域によっては「でっちようかん」の名前で呼ばれることも。小豆や砂糖の量が控えめなため、あっさりとした甘さが特徴的。福井のご家庭では、大きなひと箱でもペロリと平らげてしまう、なんて光景も珍しくないそうですよ。

福井県(水ようかん)
びゅうで行く、北陸おすすめツアーはこちら びゅうで行く、北陸おすすめツアーはこちら