第10回
吉祥寺
井の頭自然文化園
紹介篇

第9回
吉祥寺
井の頭自然文化園篇

第8回
阿佐ヶ谷
いちょう小路篇

第7回
三鷹 跨線橋
Vol.2 太宰治篇

第6回
三鷹 跨線橋篇

第5回
野川公園
Vol.2 秋篇

第4回
野川公園篇

第3回
お鷹の道篇

第2回
国立天文台篇

第1回
根川緑道
多摩川河川敷篇

大好評をいただいた
あのポスターの裏側をお見せします

新しい「中央線が好きだ。」ポスターは、阿佐ヶ谷駅南口からほど近い、いちょう小路が舞台になっています。今までのポスターとは、がらりと雰囲気が異なり、しっとしりとした大人のイメージを漂わせていると評判です。

この場所を推薦してくださった阿佐ヶ谷在住の女性に、お話を伺ってみました。「初めて一人暮らしをスタートさせた8年前に、阿佐ヶ谷に住み始めました。それ以来、何度か引越しをしていますが、阿佐ヶ谷駅を中心に北口側に行ってみたり、南口に住んだりといった具合です」。阿佐ヶ谷は、個人商店が多く散歩をしていても楽しく、治安がよく、女性の一人暮らしでも寂しさを感じないところに魅力を感じたと推薦者は言います。「いまだに、仕事が終わるとまっすぐ帰ってきて、阿佐ヶ谷のお店で食事やお酒を楽しみます。なじみのお店に行けば、必ず知っている人がいるんですよ」。肩書きや性差関係なく、友達付き合いができるところも阿佐ヶ谷の魅力のひとつです。推薦者のお気に入りの「CHICAGO」は、いちょう小路の中ほどにあるブルースの生演奏が楽しめるバー。推薦者が独身時代に、現在のご主人から勧められて通いだしたお店で、ポスターの中にも登場しています。

仕事が休みの日は、食事をするのも、ショッピングを楽しむのも中央線沿線が多いという推薦者。中央線の魅力は、どんなところですか?「中央線沿線にあるお店は、個性的なところが多いんですよ。洋服やファッション雑貨も、こだわりを持っていて、一点物が数多く置いてあるお店がたくさんあります。こちらに住みだしてから、私のファッションが変わったくらいです」。また、休日は目的を決めずに中央線に乗り、気の向いた駅で降りて町を散策しているそう。「今日はココ! と決めた駅で降りて、お店をのぞいたり、散歩をしたり。せっかくの休日だから、中央線に乗って出かけようって思うんですよね」。すっかり中央線が生活の中心となっている様子で、沿線に住む友達も増え続けていると言います。「もうすっかり私の地元です。ほかに移り住むなんて、考えられませんね」。

いちょう小路
東京都杉並区阿佐谷南3丁目付近
JR「阿佐ヶ谷駅」下車 南口より徒歩約2

BLUES HOUSE CHICAGO
東京都杉並区阿佐谷南3-37-5 紺野ビル2F
03-3398-6171
JR「阿佐ヶ谷駅」下車 南口より徒歩約2

JR東日本ホームページ

フッター