第10回
吉祥寺
井の頭自然文化園
紹介篇

第9回
吉祥寺
井の頭自然文化園篇

第8回
阿佐ヶ谷
いちょう小路篇

第7回
三鷹 跨線橋
Vol.2 太宰治篇

第6回
三鷹 跨線橋篇

第5回
野川公園
Vol.2 秋篇

第4回
野川公園篇

第3回
お鷹の道篇

第2回
国立天文台篇

第1回
根川緑道
多摩川河川敷篇

大好評をいただいた
あのポスターの裏側をお見せします

前回のポスターロケ地リポートで、実際の撮影の様子や推薦者の声をご紹介しました。今回は、実際に野川公園を歩き、その豊かな自然と秋の表情をお届けします。

湧き水が流れ、野鳥が羽を休めている自然豊かな野川公園は、調布市、小金井市、三鷹市にまたがる南北に細長く広大な芝生を有した都立公園です。公園外周のジョギングコースは、約3キロに渡ります。これは、野川公園の前身が近隣の国際基督教大学のゴルフ場だったことに由来しているからです。野川公園と隣接する武蔵野公園、多磨霊園、武蔵の森公園、周辺の浅間山公園、府中の森公園、神代植物公園、調布飛行場などの緑地を含めた「武蔵野の森構想」の一環として、野川公園は昭和556月に開園しました。

公園内を流れる野川の右岸は、ゴルフ場の名残を今に残す広々とした大芝生が広がり、その周囲には遊具が設置されたわんぱくひろばやテニスコート、ゲートボールコース、バーベキュー広場などがあります。一方、野川の左岸は武蔵野段丘の南縁にあたり、「ハケ」と呼ばれる国分寺崖線に接しているため、豊かな湧き水に恵まれています。自然をそのままの姿で残すため、左岸の一部は自然観察園としてゲートで囲んだり、野鳥を保護するためのバードサンクチュアリとして立ち入りを禁止し、より積極的に自然保護が行われています。

ポスターの撮影が行われたのは、公園の北側部分で、野川にかかるもみじ橋付近です。この橋の両側には、野川に沿って散策をしたり、ランニングをするのに最適な遊歩道が設置されていて、秋の景色を満喫することができます。野川に沿って歩いてみると、都心からほど近い場所に、こんなにも自然豊かな場所が残されていることに、きっと驚かれるでしょう。

野川周辺や自然観察園の中では、多くの植物を見ることができ、今の時期にはシュウメイギクやシロヨメナ、ホトトギス、ミゾソバ、ヤクシソウなどが花盛りです。その可憐な姿を写真に残そうと、カメラを持った来園者も多く見られます。そのときに咲いている花の名前は、自然観察園の出入り口近くに設置された掲示板で確認できるので、子供も大人も自然への理解を一層深めることができるはず。

広大な園内の南側には、休憩するのに最適な売店も設置されていて便利です。今度の休日は親しい人を誘って、美しい姿を残す武蔵野の自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

都立野川公園
東京都三鷹市大沢6-4-1
0422-31-6457(野川公園サービスセンター)
JR「武蔵境駅」にて西部多摩川線に乗換え
 「新小金井駅」「多磨駅」下車 徒歩
JR「三鷹駅」「武蔵小金井」駅下車 バス

JR東日本ホームページ

フッター