駅たびnet > 小さな旅 >あなたの知らない宇都宮線・高崎線in 埼玉 高崎線エリア

あなたの知らない宇都宮線・高崎線in 埼玉 地味だけど滋味深い

高崎エリア

大宮駅から高崎駅までを結ぶ高崎線。1883年(明治16)開通(上野〜熊谷間)とその歴史は古く、かつては群馬で生産した生糸や絹織物を運搬する重要な役割を果たしていた。沿線には中山道の宿場町だった街も多く、歴史を感じさせるスポット多数。

麺

鴻巣駅

  • 川幅みそ煮込みうどんのイメージ

    川幅みそ煮込みうどん990円。

  • 川幅うどんは店主の小峰久尚さんのイメージ

    川幅うどんは店主の小峰久尚さんが市の依頼を受けて考案。

  • 川幅みそ煮込みうどんのイメージ
  • 川幅うどんは店主の小峰久尚さんのイメージ

川幅うどん

川幅日本一の荒川をモチモチ麺で表現
めん工房 久良一くらいち

「川幅うどん」は、2009年に誕生したご当地グルメ。鴻巣市内を流れる荒川の川幅が日本一に認定されたことに由来する。ここ『久良一』は川幅うどんの元祖ともいえる店で、鴻巣産の小麦粉を手打ちしたうどんの幅は約7p。コシの強い麺は、噛むほどにうまい。

DATA1

鴻巣駅東口から徒歩約20分。11時30分〜14時30分LO・17時30分〜20時30分LO、木休(不定休あり)。鴻巣市人形4-1-36

地図

籠原駅

  • ホルどんのイメージ

    ホルどん400円は、自家製一味とも好相性。+50円で大盛も可。

  • 店内のイメージ

    店には、常連客が多く訪れる。

  • ホルどんのイメージ
  • 店内のイメージ

スタンプあり!

ホルどん1皿50円引き

熊谷ホルどん

うどんとホルモンのすてきな出会い
富来ふらい・焼きそば 満願堂

自慢の「ホルどん」は、ぷりっぷりの豚ホルモンが入った焼うどんで『満願堂』が考案した新ご当地グルメ。やさしい甘さの特製ダレは、醤油と味噌をブレンドしたもの。太めのうどんは、県産小麦を使用。豪快にほお張って、つるりとしたのどごしを楽しみたい。

DATA2

籠原駅北口から徒歩約9分。11時〜16時、月休。熊谷市新堀942-2

地図

はみ出しコラム① ほかにもいろいろ名物グルメ名鑑

フライ・ゼリーフライ

行田駅・熊谷駅など

フライ・ゼリーフライ

埼玉県北部地域で食べられているローカルフード。フライは、ネギや肉の入った薄いお好み焼き風のおやつ。ジャガイモやおからが材料のゼリーフライは、衣のないコロッケを思わせる素朴な味わい。

北本トマトカレー

北本駅

北本トマトカレー

トッピングやルーに、北本名産のトマトを使ったご当地カレー。スパイスの辛さにトマトの酸味が加わり、より深い味わいになる。現在、市内11軒の飲食店で提供されている。

社会科見学

赤城乳業のイメージ 本庄駅

スタンプあり!

赤城乳業

「ガリガリ君」でおなじみのアイスクリームメーカー。「本庄千本さくら『5S』工場」にて、アイスの製造工程や工場内の施設を見学できる。見学後は、「ガリガリ君広場」でアイス食べ放題。贈呈品のノベルティグッズもうれしい。

DATA7

本庄駅南口からタクシー約20分。見学は1日約5回(要予約)、土・日休。参加費無料。本庄市児玉町児玉850-10

地図

歴史

深谷駅

  • 「ミニ東京駅」とも呼ばれる深谷駅のイメージ

    「ミニ東京駅」とも呼ばれる深谷駅。

  • 「渋沢栄一からくり時計」のイメージ

    北口には、「渋沢栄一からくり時計」が。

  • 「ミニ東京駅」とも呼ばれる深谷駅のイメージ
  • 「渋沢栄一からくり時計」のイメージ

スタンプあり!

深谷駅舎

レンガに適した土があったことから、古くからレンガ製造が盛んだった深谷市。東京駅にも深谷産のレンガが使われており、それにちなんで1996年(平成8)に東京駅をモチーフした深谷駅舎が完成。以来、街のシンボルに。

スタンプは、深谷駅改札外の『深谷駅市民サービスセンター』(9時〜17時、12月29日~2019年1月3日休業)にあります。

DATA10

見学自由。深谷市西島町3-1-8

地図

熊谷駅

  • 生糸になる前の繭玉のイメージ

    生糸になる前の繭玉。

  • シルクを出荷する際に付けていた、洒落たデザインの商標。のイメージ

    シルクを出荷する際に付けていた、洒落たデザインの商標。

  • 生糸になる前の繭玉のイメージ
  • シルクを出荷する際に付けていた、洒落たデザインの商標。のイメージ

スタンプあり!

「熊谷工場」で使われていた商標付き繭玉1個プレゼント

片倉シルク記念館

1994年(平成6)まで操業していた片倉工業の製糸工場「熊谷工場」の繭倉庫を利用して創設された記念館。操業時に使われていた機械が展示され、繭から生糸になるまでの過程が詳しく紹介されている。わかりやすく説明してくれる管理員もいる。

DATA11

熊谷駅北口から徒歩約15分。10時〜16時30分入館、月・火休(臨時休館あり)。入館無料。熊谷市本石2-135

地図

知られざる名店

BarBer Fujiのイメージ 上尾駅

スタンプあり!

BarBer Fuji

理髪店であり、CDショップであり、インプロバイズド・ミュージック(即興音楽)のライブを30年も続けている稀有なお店。ライブの際には、15人も入れば満員の店内に音楽が響き渡る。ライブ後には、ミュージシャン参加の打ち上げも。

DATA16

上尾駅東口から徒歩約10分。9時〜19時、月・火休。上尾市愛宕2-12-17

地図

穴場カフェ

北本駅

  • たい焼きのイメージ

    唐澤さんご夫婦が営む店で、たい焼き担当は妻の智美さん。

  • 店内のイメージ

    夫の雅樹さんはコーヒーのドリップ担当。

  • たい焼きのイメージ
  • 店内のイメージ

スタンプあり!

店内ご利用500円以上で50円引き

一丁焼きの本格的なたい焼きをコーヒーと楽しむひととき
コーヒーとタイヤキのカラク

豊富な種類のストレートコーヒーと、熱々のたい焼きを楽しめる店。一度に複数を焼き上げる焼き型を使うたい焼き店が多いなか、カラクでは一丁焼きの製法でオーダーごとに一匹ずつ焼き上げる。外はパリッと香ばしく、中にはあんがぎっしり。ブレンドコーヒーとセットで500円とリーズナブルなのもうれしい。

DATA19

北本駅西口から徒歩約7分。9時30分〜18時、火休。北本市中央1-8-1 清水ショッピングセンター105号

地図

自慢菓子

秩父鉄道 行田市駅

  • 十万石まんじゅうのイメージ

    十万石まんじゅう1個118円。しっとりした皮から、山芋の香りが。行田本店のほか、県内を中心に35店を展開。

スタンプあり!

500円以上お買い上げで十万石まんじゅう1個プレゼント(〜1月31日、行田本店のみで有効)

十万石

十万石じゅうまんごくまんじゅう

「うまい、うますぎるっ!」のCMでおなじみの銘菓。誕生したのは戦後で、「十万石」の名は、江戸時代に行田一帯を治めていた忍藩の石高にちなんだもの。「行田の名物に」という開発者の思いが込められている。皮は薄めで、中にはあんがぎっしり。しかし久しぶりに食べると、つい冒頭のセリフをマネしてしまうのは、なぜ?

DATA22

行田本店●熊谷駅から秩父鉄道に乗り換え、行田市駅南口から徒歩約4分。8時30分〜19時、無休。行田市行田20-15

地図

熊谷駅

  • 五家寶のイメージ

    通常サイズは、太めのハンコぐらいの大きさ。太巻はその約2倍の直径で、長さ16p以上!

スタンプあり!

500円以上お買い上げで五家寶をバラで5本
プレゼント(熊谷駅ビル アズロード店のみで有効)

紅葉屋本店

五家寶ごかぼう

江戸時代から熊谷周辺で食べられてきたという銘菓。一説によると、上州五箇村で誕生したといわれているが、その由来ははっきりとわかっていない。蒸したもち米を乾燥させ、それに水飴を加えて固め、棒状にしてきな粉をまぶして完成。『紅葉屋本店』の五家寶は、無添加・無着色。通常サイズの倍以上という「太巻」(1本371円)が人気。

DATA23

熊谷駅ビル アズロード店●熊谷駅コンコース内。8時〜21時、休日は「アズ熊谷」に準ずる。熊谷市筑波2-115

地図

はみ出しコラム② いがまんじゅうのルーツは羽生か鴻巣か問題

「田嶋製菓」のいがまんじゅうのイメージ

『田嶋製菓』のいがまんじゅう150円。赤飯に塩味がしっかりついている。
いがまんじゅう

近年、メディアでも取り上げられ、埼玉県の郷土菓子として認知されてきた「いがまんじゅう」。まんじゅうを赤飯で包んだお菓子で、その名の由来は「見た目が栗のイガに似ているから」「伊賀から伝わったから」と複数の説があり、はっきりわかっていない。

そしてもう一点、気になるのが、どこで誕生したのかということ。現在、羽生市と鴻巣市が郷土菓子として大々的にPRしている。羽生市にいつからお店で売られるようになったのか聞いたところ、「それはわからないですが、この地域では100年以上前から郷土料理として食べられていたようです。もち米が高価な時代に娘の嫁入りに持たせたという話も残っています」との回答。一方、鴻巣市にも聞いてみると、「おそらく旧川里地区(現鴻巣市)にあった『一福』(現在は閉店)が30〜40年前に売り出したのが最初。ただ、それ以前から一帯の農家がお祝い事などの際に食べていたようだ」とのこと。どうやら、最初に商品として売り出したのは鴻巣市のようだ。しかし、どこがルーツかはさておき、羽生市でも鴻巣市でも、いがまんじゅうが地域に根付き愛されてきたソウルフードであることは間違いない。

田嶋製菓

DATA29

鴻巣駅東口から免許センター経由真名板十字路または新落合橋行きバス約20分の「辰巳屋」下車徒歩約1分。8時〜18時、火休。鴻巣市北根1639

地図

鴻巣駅

戦後まもなく創業したという和菓子店。『一福』無き今、鴻巣でもっとも有名な「いがまんじゅうの店」と言ってもよい。遠方から買いにくる客も多く、店の売り上げの約7割がいがまんじゅうによるもの。全国発送も行っている。

おみやげ

上尾駅

  • スパイスタウン商品のイメージ

スタンプあり!

会計時10%オフ

スパイスタウン

1974年(昭和49)創業の「井上スパイス工業」に併設するお店。化学調味料や添加物を一切使用せずに作った各種スパイスやカレーを販売。なかでも、袋入りの使い切りタイプ「ファッションスパイス」各216円が好評。地元の「榎本牧場」とのコラボ商品「カレーアイス(中辛)」324円は、想像以上にスパイシー!

DATA30

11時〜17時、無休。上尾市上野491-1

北本駅

  • グリコピア・イースト商品のイメージ

スタンプあり!

店内商品を購入するとビスコミニパック1個プレゼント

グリコピア・イースト

グリコの工場見学ができる施設。売店では定番商品をパワーアップさせた限定品を販売。「ジャイアントドリームポッキー」1296円は、チョコレート、つぶつぶ苺、抹茶、メロン、葡萄の5種類の味が楽しめる。なめらかなクリームをサクサクのワッフルで巻いた「クリームコロンの棒」1080円も人気。

DATA31

9時30分〜16時、金休。北本市中丸9-55

駅からハイキング&ウォーキングイベント

当日参加OK。予約不要! 開催中、お好きな日にご参加いただける無料のイベントです。下記コース以外にも開催しておりますので詳しくは駅からハイキングをご確認ください。

本庄駅

笑門来福!武州本庄七福神めぐりのイメージ

スタンプあり!

笑門来福!武州本庄七福神めぐり

2019年1月12日(土)

明治・大正期の面影を残す建造物、文化財を見ながら、中山道沿いに点在する寺社を巡るコースです。

受付場所本庄市インフォメーションセンター

受付時間9時〜12時

桶川駅

開運!日本一の力石と天満神社と山伏寺を訪ねるのイメージ

スタンプあり!

開運!日本一の力石と天満神社と山伏寺を訪ねる

2019年1月25日(金)〜27日(日)

日本一の力石の大きさと重さに感動!そして中山道桶川宿の浮世絵に描かれた氷川天満神社を訪ねましょう。

受付場所桶川駅自由通路

受付時間9時〜11時

鴻巣駅

鴻巣歴史散策と「鴻巣びっくりひな祭り」めぐりのイメージ

スタンプあり!

鴻巣歴史散策と「鴻巣びっくりひな祭り」めぐり

2019年2月23日(土)〜24日(日)

鴻巣のルーツを感じることのできる寺社を巡り、メイン会場では7mを超えるピラミッド型ひな壇を堪能できます。

受付場所鴻巣駅自由通路

受付時間9時〜11時

上尾駅

4市共催! 中山道上尾宿〜鴻巣宿のイメージ

スタンプあり!

4市共催! 中山道上尾宿〜鴻巣宿

2019年3月1日(金)〜3日(日)

『武州中山道』上尾宿・桶川宿・北本間(あい)の宿・鴻巣宿の4宿を巡ります。いにしえの足跡を訪ねてみませんか?

受付場所上尾駅自由通路

受付時間9時〜11時

地図

地図
  • ※店舗・施設のデータは年末年始・春休みなどに伴い変更になる場合がございます。事前にご確認のうえ、お出かけください。
  • ※写真・イラスト・路線図などはすべてイメージです。
  • ※このページの情報は2018年12月現在のものです。
  • ※料金・営業時間・休園(館)日、イベント内容・期間、花の見頃などは変更になる場合がありますので、事前にご確認ください。
  • ※営業時間・休園(館)日はゴールデンウィーク、お盆、年末年始などは変更になる場合があります。
  • ※掲載の写真・地図などは全てイメージです。
小さな旅トップ