1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 駅長のおすすめ情報
  4. ジャンルごとに表示する:トレッキング

駅長のおすすめ情報

インデックスへ戻る

ジャンルごとに表示する:トレッキング

  • 3件中1〜3件目

熱海駅

[駅の情報]

2019年4月11日更新

トレッキング
駅からハイキング「思い出をフレームにおさめる 熱海フォトジェニック散策」

駅からハイキング「思い出をフレームにおさめる 熱海フォトジェニック散策」静岡デスティネーションキャンペーン開催中の海と花と温泉の街、熱海を散策する駅からハイキングを実施しています。
熱海サンビーチ沿いの、初夏を告げる南国の花のジャカランダ、糸川遊歩道沿いのブーゲンビリア、 伊豆半島の歴史が刻まれた景勝地、「錦ヶ浦」の絶景を体感した後、昭和情緒あふれる商店街通りを散策する、 フォトジェニックなスポット満載のコースです。
5月18日(土)は先着100名様に静岡県立熱海高等学校の生徒さんが自分たちの手で開発した「新しい熱海のお土産」でおもてなしをします♪
ぜひご参加ください!

【期間】2019年4月6日(土)〜6月30日(日)
    ※5/6〜5/10、6/15を除く
【起点駅】JR東海道本線熱海駅
【受付場所】熱海観光案内所(ラスカ熱海1F)
 ●詳しくは「駅からハイキング」ホームページ(https://www.jreast.co.jp/ekihai/) をご覧いただくか、JR東日本の駅にあるパンフレットをご覧ください。

明科駅

[駅の情報]

2010年1月7日更新

トレッキング
旧篠ノ井線廃線跡と欅の林を歩こう!

旧篠ノ井線廃線跡と欅の林を歩こう!





























昭和63年(1988年)、西条駅〜明科駅間に第一、第二、第三白坂トンネルが抜かれ、ほぼ直線につなぐ新線の完成によって廃線になった安曇野市明科潮沢地区にある旧篠ノ井線廃線跡を歩くコースです。
この廃線は、明治35年(1902年)の開通から昭和63年(1988年)に新線が敷設されるまでの86年間、輸送を担ってきました。残された架線の支柱や信号機、道床、踏切の跡も見られるほか、開業当時の煉瓦造りのトンネルもあり歴史を感じさせられます。
 この区間には潮沢信号所というスイッチバックの列車交換施設もありました。
南東の斜面には鉄道林としての役割をはたした「けやき」の木3万本の林が広がります。
 この「けやき」の林は、今は地元で「けやきの森公園・マレットゴルフ場」として整備されており、夏は森林浴を、秋には紅葉が楽しめます。
また、遠く常念岳も眺められ、ひと味違った安曇野の散策スポットです。

小野駅

[駅の情報]

2008年6月4日更新

トレッキング
「霧訪山の魅力」〜低山なのに360度のパノラマを満喫できる!〜

「霧訪山の魅力」〜低山なのに360度のパノラマを満喫できる!〜霧訪山は、標高1,305mの低山ですが、山頂からは北アルプス(穂高連峰、槍ヶ岳)をはじめ南アルプス、御岳山、八ヶ岳連峰を一望できます。
 豊かな自然の里山を満喫してください。お薦めは、4月下旬から5月中旬です。早春に人気の山野草「カタクリ」や山頂には「おきな草」が咲いています。
 山頂へは、小野駅から徒歩約2時間、塩尻駅からは約3時間で登ることができます。
豊かな自然の里山を満喫してください。

ページの先頭へ