~お申込みの前に必ずお読みください~

確認事項

1.びゅう商品について

・B.B.BASEは、自転車を解体せず(折りたたみ自転車は折りたたまず)車内のサイクルラックに固定できる列車です。
・サイクルラックへの自転車の固定は、取り扱い説明書に沿ってお客さまの責任で確実にお願いいたします。
・固定できる自転車には制限があります。
・サイクルラックへの自転車の搭載に伴う破損等については一切責任を負いかねます。
・自転車の積み込みに時間がかかる場合がありますので、お早目にお越しください。
・B.B.BASEの乗車および降車の際は、速やかにお持ちの自転車をサイクルラックに着脱してください。
・B.B.BASEはびゅう旅行商品のみのご利用となります。きっぷのみの発売は行いません。
・小学生未満の乳幼児の設定はございません。
・ご旅行中の怪我や事故、盗難、紛失、取り違い、破損等については一切責任を負いかねます。
・サイクリングをする際は交通ルールを守り、ご自身の責任において安全運転を心掛けてください。
・飲酒後の自転車の運転はおやめください。
・自転車やお荷物はご自身で管理してください。万が一のため、国内旅行保険や携行品に関する保険へのご加入をおすすめいたします。
・パンク等に備え、空気入れや予備のチューブ、工具等の携帯および安全のためヘルメットやグローブの着用をおすすめいたします。
・両国駅では西口をご利用ください。
・両国駅までICカード乗車券をご利用になられたお客さまは、一度両国駅西口の改札を出場した後、再度びゅう旅行商品の乗車票にてご入場ください。ICカード乗車券の出場処理がされていない場合には、次回ICカード乗車券をご利用の際に係員の処理が必要となります。
・本千葉駅から乗車の方は、8:00に改札前へご集合ください。
・東千葉駅から乗車の方は、8:30に改札前へご集合ください。
・列車内での自転車の整備は、安全上ご遠慮ください。
・B.B.BASEをご利用の場合でも自転車を収納できる専用の袋を持参しご参加ください。
・車内は揺れることもあるため、車内での自転車の組み立てはご遠慮ください。
・駅構内およびホームや車内では、危険ですので自転車への乗車はおやめください。

2.サイクルラックについて

・サイクルラックを取り扱う際には、手や指等を挟まないようご注意ください。
・自転車に装着されているスタンドを含め、後輪が浮いた状態で使用してください。
・前・後輪の泥除け、後輪を囲うスタンド、ブロックパターンのタイヤ、3つ以上のタイヤを装着した自転車は搭載できません。また折りたたみ自転車やご自身で改造した自転車等、自転車の形状によっては搭載できないものもございます。

イメージ

イメージ

タイヤサイズ 18~29インチ
タイヤ幅 50mm以下
ハンドル幅 600mm以下
重量 15kg以下
前輪とダウンチューブの
隙間
5mm以上
ホイール
ベース
18~21インチ 1,060mm以下
22~25インチ 1,100mm以下
26インチ 1,110mm以下
27.5~28インチ・700C 1,130mm以下
29インチ 1,180mm以下
【その他】前・後輪の泥除け、後輪を囲うスタンド、ブロックパターンのタイヤ、3つ以上のタイヤを装着した自転車は搭載できません。また折りたたみ自転車やご自身で改造した自転車等、自転車の形状によっては搭載できないものもございます。

3.輪行(※)について

B.B.BASE以外のJRをご利用の際は、自転車を解体して(折りたたみ自転車は折りたたんで)専用の袋に完全に収納した状態でご乗車ください。縦、横、高さの合計が250㎝(長さ2mまで)以内、重さ30㎏以内の物を2個まで持ち込むことができます。他のお客さまにご迷惑をおかけする恐れのある場合や、列車の混雑状況により持ち込みをお断りする場合があります。詳しくはJR東日本HP内の「旅客営業規則 第10章第308条 無料手回り品」をご覧ください。その他の公共交通機関をご利用の際は、各機関へ直接お問い合わせください。
※輪行とは…鉄道においては、自転車を解体して専用の袋に入れて自転車を運ぶことです。

申し込みへ進む

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロードへ

このページのトップへ