秋田・男鹿エリア

交流蓄電池電車EV-E801系「ACCUM」で行こう!
【車窓動画】男鹿線の旅を公開中です!

奥羽本線追分駅~男鹿駅を結ぶ全長26.4キロの男鹿線は、「来訪神:仮面・仮装の神々」として
ユネスコ無形文化遺産登録となった男鹿のナマハゲや寒風山などで知られる男鹿半島エリアへの観光路線です。
そんな魅力たっぷりの、男鹿半島を車窓動画でご紹介します。

タイムラプス/男鹿線下り 秋田→男鹿

タイムラプス/男鹿線上り 男鹿→秋田

みどころいっぱいの秋田市内の散策や、なまはげ文化薫る男鹿半島へ!

千秋公園

藩政時代、秋田藩(久保田藩)を治めた佐竹氏の居城跡。秋は赤や黄に染まるサクラやモミジが美しい紅葉の名所で、御隅櫓や本丸表門などの史跡に華やかな色を添える。

  • 【お問い合わせ】秋田市建設部公園課
  • 【TEL】018-888-5753

ホームページはこちら

千秋公園

男鹿温泉郷

男鹿温泉郷

男鹿半島北側の温泉郷に点在する効き湯の温泉。名物料理「石焼き」、なまはげ太鼓ライブなどを楽しみ、湯めぐり参加者には魔除けの「なまはげ包丁」をプレゼント。

  • 【お問い合わせ】男鹿温泉郷協同組合(男鹿温泉交流会館五風内)
  • 【TEL】0185-33-3191
  • 【交通】JR男鹿線男鹿駅からバスで約45分(各宿により下車バス停が異なる)または男鹿駅から相乗タクシー「なまはげシャトル」で約40分

ホームページはこちら

雲昌寺

副住職が15年も手塩にかけて育てたアジサイが一面に咲き誇る。幻想的なブルーのアジサイ越しに男鹿の海が望める。アジサイは例年6月中旬から7月上旬にかけてが見ごろ。

  • 【お問い合わせ】男鹿市観光協会
  • 【TEL】0185-24-4700
  • 【場所】男鹿市北浦北浦字北浦57
  • 【観覧時間】9:00~17:00
  • 【休業日】年中無休
  • 【通常拝観料】200円(中学生以下無料)
  • 【あじさい期間拝観料】500円(中学生以下無料)※6月15日~7月15日
  • ●夜間特別拝観
  • 【観覧時間】18:30~21:30
  • 【拝観料】700円(中学生以下無料)※6月15日~7月15日
  • 【昼夜共通拝観料】1,100円

ホームページはこちら

男鹿しょっつる焼きそば

パンフレット

このエリアへのご旅行はこちら!

秋田・青森
リゾートしらかみの旅

期間:2019年4月4日~9月30日
※首都圏エリア発

秋田・青森 リゾートしらかみの旅

パンフレットを見る

上に戻る