世界に挑戦!!冬の男鹿ぐるめマーケット

2019年3月9日・10日に開催された「世界に挑戦!冬の男鹿ぐるめマーケット」。
「男鹿の食」をテーマとしたイベントのなかでも、初日の9日に実施された
直径1.8m の巨大な秋田杉の木桶を用いた「石焼料理」の調理、そしてスープ試食イベントは、
たくさんの挑戦を生み出した企画となった。

2018年12月 巨大木桶への挑戦

この挑戦には、これまでにないサイズの
木桶が必要だった。

向かって左の通常サイズの木桶と比較すると
その大きさは歴然。

巨大木桶の完成。重機を使っての運搬。

2019年3月4日 巨大石焼料理への挑戦 ~実証実験~

木桶だけでは成立しない石焼料理。
数多くの石で巨大木桶の中の食材を
熱する必要がある。
今回は、資源が限られていることから、
通常「石焼料理」に用いられる
「金石(かないし)」に加え、
新たな石「男鹿石」も用意。

そして食材を一気に加熱すべく、
巨大な男鹿石も製作された。

実際に木桶に水を張り、このあと石の
投入による温度の変化などを検証。
本番に向けて万全を期す。

2019年3月9日 巨大石焼料理への挑戦 ~記録への挑戦~

イベント当日の朝。
快晴の道の駅おが「オガーレ」。

目玉イベントのスープ試食イベントは
14時から。着々と準備が進む。

陽が昇りはじめる頃からバックヤードでは
七輪に火を起こしはじめていた。

巨大石焼料理のための食材も到着。

12時。スープ試食イベントの受付が
スタート。

男鹿石200個と金石80個がバックヤードで
スタンバイする。

七輪では加熱された石が。

巨大男鹿石も出番を待つ。

14時。400人を超える人々が
待ちわびる中、イベントがスタート。

会場前方の巨大木桶には熱せられた石が
投入される。

次々と石が追加される。

湯気が立ち込める木桶に投入される食材。

会場袖から巨大男鹿石を担いだ
ナマハゲの登場。
会場は驚きと歓声に沸いた。

巨大男鹿石の投入。
一気に熱せれらたスープと食材が、これまで以上に湯気と歓声を生む。

熱々となった巨大石焼料理。

試食を待ちわびる400名超のカップが用意される。

参加者全員にすぐさま配膳。

そして、スープは石焼料理だけではない。
たくさんのカップに注がれているのはしょっつる鍋。

同じく、だまこ鍋も出来たてが
用意されていた。

参加者全員に配膳が完了し、一斉にスープの試食が始まる。

巨大石焼料理を含む、三種のスープを一斉に食す企画がフィナーレを迎える。

試食後はなまはげ太鼓で記録達成を願う。

なまはげ太鼓のまわりにはたくさんの人。

なまはげ太鼓が終わり、参加者の集計も
終了。

全員が固唾を飲んで見守るなか、記録として認定された瞬間。
その日一番の拍手と歓声が起こった。

実際に記録挑戦に使われた巨大木桶は、
道の駅おが「オガーレ」にて展示された。

上に戻る