なまはげ三昧の旅

柴灯まつり

ユネスコ無形文化遺産

来訪神:仮面・仮装の神々

2018年11月29日、「男鹿のナマハゲ」を含む8県10件の伝統行事「来訪神:仮面・仮装の神々」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されました。

男鹿のナマハゲ行事を体験する!特別企画ツアー

男鹿のナマハゲ行事を体験する!特別企画ツアー

ユネスコ無形文化遺産として登録された「来訪神:仮面・仮装の神々」の構成文化財である「男鹿のナマハゲ」を実施団体と同行して見学いただけます。大晦日に行われるナマハゲ行事を実際に体験する特別企画ツアーです。翌日はホテルでの餅つき、真山神社での初詣に参加することもできます。

  • ■出発日/2019年12月31日(火) ※1泊2日限定
  • ■基本代金/2名 おとな87,700円 こども60,400円、
    3名 おとな85,400円 こども58,800円、
    4名以上 おとな83,100円 こども57,200円(東京駅発着の場合)
詳しくはこちら お申込はこちら

なまはげ柴灯(せど)まつり【秋田県男鹿市】

みちのく五大雪まつりのひとつ「なまはげ柴灯まつり」は、秋田県男鹿市北浦の真山神社で行なわれる男鹿の冬を代表する冬祭りです。この祭りは神事「柴灯祭」と民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。真山神社境内に焚き上げられた柴灯火のもとで繰り広げられる勇壮で迫力あるなまはげの乱舞は見る人を魅了します。

  • ■開催期間/2020年2月7日(金)〜9日(日)
  • ■会場/真山神社
  • ■協賛金/お1人様1,000円(高校生以下不要)
  • ■お問い合わせ/なまはげ柴灯まつり実行委員会事務局
    (TEL:0185-24-9220)
    お問い合わせ時間:9:00~17:00(土・休日を除く)
ホームページはこちら
なまはげ柴灯まつり
五風なまはげ祭り柴灯まつりのカウントダウン

体感!冬のナマハゲ2020
&女将と楽しむ秋田の地酒

なまはげ柴灯(せど)まつりを間近にひかえ男鹿温泉交流会館五風で一足早いなまはげ祭りを開催。なまはげの下山・乱入やなまはげ太鼓の迫力ある演奏などのほか男鹿温泉女将会によるふるまいなどをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。

  • ■開催日/2020年1月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)、2月1日(土)・2日(日)16:00~18:00
  • ■会場/男鹿温泉交流会館五風
  • ■入館料/500円(特製魔除け包丁を入場手形としてプレゼント)、小学生以下無料
ホームページはこちら

定期観光バス寒風の入道崎と男鹿なまはげ号

男鹿の冬景色と伝統に触れよう!

  • ■出発日/2020年1月11日(土)~2月24日(月・休)の土・休日、1月16日(木)〜28日(火)、
    2月10日(月)
  • ※除外日:2月15日
  • ■食事/なし
コース
入道崎

入道崎

男鹿半島の西北端に位置する入道崎。冬の日本海の荒波と灯台、そして、雪のコントラストをお楽しみいただけます。また、冬の男鹿ならではの冷たい風を体験できるスポットでもあります。

ホームページはこちら
真山伝承館

男鹿真山伝承館・なまはげ館

なまはげ館では、各地域に伝わる伝統的な、なまはげを始め、なまはげの歴史と伝統をご覧いただくことができます。男鹿真山伝承館では、毎年大晦日に行われる“なまはげ習俗”が体験できます。

ホームページはこちら
なまはげ館
男鹿駅 新駅舎

男鹿水族館GAO

魚類をはじめホッキョクグマやペンギン、アザラシ、アシカなど400種1万点もの生物を展示しています。

ホームページはこちら
男鹿線交流蓄電池電車 ACCUM

男鹿線交流蓄電池電車 ACCUM

交流蓄電池電車「ACCUM」は通常の電車と同様に架線からの電力により走行しながら蓄電池に充電することができ、その電力を利用し架線のない非電化区間も走行することができる新型車両です。男鹿半島へのお出かけには快適で環境に優しい「ACCUM」をぜひご利用ください!

道の駅おが「オガーレ」

道の駅おが「オガーレ」

地元で水揚げ、生産された鮮度バツグンの海産物や農産物が人気。レストランや軽食コーナーもあり、男鹿産の地魚を使った丼やご当地ソフトなどを味わえる。

ホームページはこちら
男鹿温泉郷

男鹿温泉郷

男鹿半島北側の温泉郷に点在する効き湯の温泉。名物料理「石焼き料理」、なまはげ太鼓ライブなどを楽しめる。

ホームページはこちら

秋田・津軽の小正月行事

横手の雪まつり【秋田県横手市】

横手の雪まつり【秋田県横手市】

日本の奥座敷、東北に位置する秋田県横手市の「かまくら」は、約450年続く民俗伝統行事です。雪室の中に神座を設けて「水神様」を祀り、中で地元の子どもたちが甘酒を飲んだりお餅を焼いたりして遊ぶという、世界でここだけの行事が今もなお続けられています。

  • ■開催日/2020年2月15日(土)・16日(日)
  • ■会場/横手市役所本庁舎前道路公園 他
  • ■お問い合わせ/一般社団法人 横手市観光協会(TEL:0182-33-7111)
  • ■アクセス/秋田新幹線大曲駅から奥羽本線で約20分、横手駅下車
  • ※「かまくら」は1月下旬から作りはじめ、まつり当日に向けて制作されます。またこの期間は、「かまくら」が作られているところを、見て体感することができます。
ホームページはこちら

上桧木内の紙風船上げ2020【秋田県仙北市】

100年以上の歴史をもつ伝統行事です。武者絵や美人画などが描かれ、灯火をつけた巨大紙風船がきらめく星々のごとく真冬の夜空に舞い上がります。18時~20時30分までに100個あまりの紙風船が打ち上げられます。

  • ■開催日/2020年2月10日(月)
  • ■会場/西木町紙風船広場(角館駅より秋田内陸縦貫鉄道で約40分、上桧木内駅下車徒歩約7分)
  • ■お問い合わせ/西木観光案内所(TEL:0187-42-8480)
ホームページはこちら
男鹿の伝統習俗 なまはげ来訪!戒め問答体験
男鹿の伝統習俗 なまはげ来訪!戒め問答体験
角館火振りかまくら【秋田県仙北市】

角館火振りかまくら【秋田県仙北市】

毎年小正月行事として行われている火振りかまくらは、雪の中に華麗な火の輪が踊る幻想的なお祭りです。炭俵に火をつけて縄の先端を持ち、自分の体を中心に振り回し、無病息災、家内安全、一年の無事を祈願します。冬の夜に次々とできる火の輪がメルヘンの世界へ誘います。

  • ■開催日/2020年2月14日(金)
  • ■会場/各町内
  • ■交通/角館駅から徒歩約25分
  • ■お問い合わせ/仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」(TEL:0187-54-2700) 仙北市観光課(TEL:0187-43-3352)
ホームページはこちら

弘前城雪燈籠まつり【青森県弘前市】

昭和52年(1977)にスタートした、みちのく五大雪まつりのひとつ弘前城雪燈籠まつり。200基に及ぶ大小様々な雪燈籠や雪像が公園内に配置され、灯りがともされたミニかまくら群や雪像は照明に浮かぶ弘前城とあいまって幽玄の世界へ誘います。

  • ■開催日時/2020年2月8日(土)〜11日(火・祝)
    雪燈籠、雪像の夜間ライトアップ 期間中 16:00(日没)~21:00 
  • ■会場/弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)
  • ■お問い合わせ/弘前市立観光館(TEL:0172-37-5501)
ホームページはこちら
男鹿の伝統習俗 なまはげ来訪!戒め問答体験
冬に咲くさくらライトアップ

冬に咲くさくらライトアップ

桜の名所として名高い、弘前公園の「弘前さくらまつり」の感動を冬にも!枝に積もった雪がピンク色にライトアップされる光景は、まるで満開のさくらのよう。

  • ■開催日時/2019年12月1日(日)~2020年2月29日(土) 日没~22:00
  • ※気象条件、積雪状況によってはご覧になれない場合もございます。
  • ■会場/弘前公園外濠
  • ■お問い合わせ/弘前市観光課(TEL:0172-35-1128)

秋田・津軽の温泉

小安峡温泉【秋田県湯沢市】

小安峡温泉【秋田県湯沢市】

皆瀬川の急流が小安岳を侵食してできた景勝地・小安峡に臨む山麓の出湯。創業200年以上の歴史を誇る「多郎兵衛旅館」をはじめ、14の宿泊施設があります。四方を山に囲まれた地域らしく、多彩な山菜料理を楽しめる宿が多いのも特徴。

ホームページはこちら
多郎兵衛旅館

旅館 多郎兵衛

秋田杉の丸太を組んだ吹き抜け大浴場・薬師の湯など、4か所の温泉はすべて源泉掛け流し。女将が腕をふるう山菜やキノコ料理が評判。

ホームページはこちら

乳頭温泉郷【秋田県仙北市】

「乳頭温泉郷」とは乳頭山麓に点在する七湯のこと。七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様で、乳頭温泉郷には十種類以上の源泉があります。静謐なブナの原生林で生まれたての酸素を深呼吸し、地底から湧き出たばかりの温泉につかるよろこび。乳頭温泉郷には大地の恵みが息づいています。

ホームページはこちら
乳頭温泉郷【秋田県仙北市】
鶴の湯温泉

鶴の湯温泉

広々とした混浴の露天風呂に掛け流しの白濁した湯がこんこんとあふれ、秘湯ムード満点。湯につかりながら自然景観を眺める心地よさは格別。

ホームページはこちら
鯵ヶ沢温泉 水軍の宿
鯵ヶ沢温泉 水軍の宿

鯵ヶ沢温泉 水軍の宿
【青森県鰺ヶ沢町】

津軽藩の御用港として栄えた海運の歴史が感じられる宿。「安東水軍」をイメージし船を模った露天風呂が人気。 日常の喧騒から離れ、ゆっくりと流れる時間をおすごしください。

ホームページはこちら
嶽温泉【青森県弘前市】

嶽温泉【青森県弘前市】

藩政時代からの源泉として知られている温泉郷。見晴らしのよい山麓に位置するこの湯の里は、岩木山観光の拠点としても賑わいを見せます。近くの高原は石坂洋二郎の小説「草を刈る娘」の舞台にもなったほど。

ホームページはこちら
後生掛温泉【秋田県鹿角市】

後生掛温泉【秋田県鹿角市】

「馬で来て足駄で帰る」と言われるほど諸病に効能ありと、昔から湯治客で賑わう名湯。箱蒸風呂、泥風呂など7種のユニークな温泉に浸かれる。

ホームページはこちら

秋田・津軽のんめもの

きりたんぽ鍋

きりたんぽ鍋

本場大館きりたんぽ鍋は、たんぽ、比内地鶏ガラからとった出汁、比内地鶏肉、ごぼう、きのこ、ネギ、セリなどの具材から構成されています。幕末期以前は、みそが主な調味料として使われており、みそをベースにした「きりたんぽみそ鍋」を提供するお店もあります。

だまこ鍋

半搗きにしたお米を丸めて団子型にした「だまこ」を鶏肉やせりと煮込んだ鍋。成形後周囲を焼き上げる「きりたんぽ」と異なり、成形したものそのままを使用した、家庭でも広く食べられている郷土料理です。

だまこ鍋
しょっつる鍋

しょっつる鍋

“しょっつる”とは秋田名物の調味料で、ハタハタなどの小魚に塩や麹を加えて発酵させて作る魚醤(ぎょしょう)です。そのしょっつるを使って、ハタハタやタラといった魚をメインの具材に、豆腐、長ねぎ、セリ等の野菜類を具にした鍋です。

あきたくらす

あきたくらす

秋田ステーションビル「トピコ」内で、一杯数百円から秋田のお酒を味わえます。県内の酒屋でも手に入りづらい希少酒が出回ることも。モダンな店内で、秋田の地酒に舌鼓。

  • ■時間/[平日]11:00~21:00、[土日祝]10:00~21:00
    (ラストオーダー20:30)
  • ■休/年中無休
  • ■お問い合わせ先/018-827-6362
  • ■交通/JR秋田新幹線 秋田駅
ホームページはこちら
深浦マグロステーキ丼

深浦マグロステーキ丼

深浦で水揚げされる天然本マグロを3種の小丼で味わえる。刺身、片面焼き、両面焼きのマグロづくしの丼御膳をどうぞ。

ホームページはこちら
鰺ヶ沢ヒラメのヅケ丼

鰺ヶ沢ヒラメのヅケ丼

白神山地の清流が流れ込む日本海が育んだ極上ヒラメを贅沢にヅケ丼に。鰺ヶ沢町内10店舗で、それぞれのオリジナルな味が楽しめる。

ホームページはこちら
湖畔の杜レストランORAE

田沢湖湖畔の杜レストランORAE

ビールの仕込み釜がある店内。蔵出しのビールと地場産の新鮮野菜たっぷりの料理、大きな窓越しに見える田沢湖の絶景を楽しもう。秋田弁「ORAE(おらえ)」は、「私の家」を意味。

ホームページはこちら

小玉醸造堪能プラン

良質な食材が豊富で、古くから「食の宝庫」と呼ばれてきた秋田県。発酵食も同様で様々な文化と歴史に触れることができます。
そんな秋田県の歴史ある酒蔵を見学するプランです。

小玉醸造

  • 清酒、味噌、醤油蔵の見学が可能。売店では日本酒の試飲や味噌汁の試食などが楽しめます。
  • ■出発日/12月1日(日)~3月20日(金・祝) ※除外日:12/31~1/3、2/15
  • ■料金/お1人様 2,000円(おとな・こども同額)
  • ■時間/11:00~、14:00~(1日2回/所要時間約60分)
  • ■交通/秋田駅より奥羽本線で約30分、「羽後飯塚駅」より徒歩10分

酒蔵見学+2,000円分のお買物券

高清水

  • 酒蔵見学とオリジナルラベル作成体験ができます。
  • ■出発日/12月2日(月)~28日(土)の平日・土曜日と1月6日(月)~3月19日(木)の平日
  • ■料金/お1人様 2,000円(おとな・こども同額)
  • ■時間/10:30~、13:30~、15:00~(1日3回/所要時間約45分)
  • ■交通/秋田駅より車で約15分

酒蔵見学+オリジナルラベル作成

鈴木酒造

  • 明治初年に建て替えられた家屋と酒蔵は、永い年月を経たものだけが持つ重厚感と風格を感じます。
  • ■出発日/12月2日(月)~3月19日(木) ※除外日:12/31~1/3・19、2/8・9・16
  • ■料金/お1人様 2,000円(おとな・こども同額)
  • ■時間/9:00~12:00、13:00~16:00(所要時間約45分)
  • ■交通/角館駅より車で約10分

酒蔵見学+2,000円分のお買物券

秋田・津軽のおいしいもの一覧秋田んめものMAP

秋田・津軽アクティビティ

森吉山の樹氷鑑賞【秋田県北秋田市】

森吉山の樹氷観賞【秋田県北秋田市】

日本三大樹氷観賞地の一つである森吉山の樹氷。阿仁スキー場のゴンドラ山頂駅舎から約5分ほどで樹氷平に到着し、長靴で歩ける樹氷観賞コースも整備されているため、気軽に樹氷観賞をお楽しみいただけます。

  • ■お問い合わせ/阿仁スキー場(TEL:0186-82-3311) 北秋田市観光物産協会(TEL:0186-62-1851)
ホームページはこちら

阿仁ゴンドラご案内

  • ■アクセス/阿仁合駅から車で約30分
  • ■営業期間/2020年1月11日(土)〜3月8日(日)
  • ■営業時間/9:00〜16:00
  • ■往復料金/おとな 往復1,800円、片道1,200円 小学生 往復800円、片道500円
  • ■お問い合わせ/阿仁スキー場(TEL:0186-82-3311)
ホームページはこちら

森吉山観光パス

  • 阿仁ゴンドラ
  • 秋田内陸縦貫鉄道1日乗り放題券
  • 乗合タクシー
  • 3点がセットになったおトクなパスです。

秋田内陸縦貫鉄道

詳しくはこちら
阿仁ゴンドラ
阿仁ゴンドラ

夜の樹氷観賞会

  • ■営業期間/2020年2月1日(土)〜3月1日(日)の土・休日
  • ■営業時間/18:00出発(20:00解散)
  • ■料金/おとな 3,000円、子ども 1,500円 定員15人(最少催行人数5人)
    催行日の前日17時までに電話予約
  • ■お問い合わせ/阿仁スキー場(TEL:0186-82-3311)

雪国地吹雪体験【青森県五所川原市】

冬恒例の「雪国地吹雪体験プログラム」。青森・津軽の極寒の中を吹きすさぶ地吹雪を体験しながら巡るという雪国ならではのユニークな体験ツアーです。

  • ■開催日/1月下旬〜2月中旬の土日
  • ■料金/1人3,000円(こども500円)
  • ■お申込み期限/催行日前日の10時まで
  • ■お問い合わせ/津軽地吹雪会(TEL:080-3195-4036)
ホームページはこちら
雪国地吹雪体験【青森県五所川原市】

アオーネ白神十二湖
十二湖スノーハイク【青森県深浦町】

  • ■開催日/12月1日~3月30日 毎日 1日2回
  • ※除外日12月30日~1月3日 9:00発~12:00頃着・13:00発~16:00頃着
  • ■料金/4,000円(日帰りの方)
    2名様より(1名様の場合、他の参加者がいない場合8,000円)
  • ■お問い合わせ先/アオーネ白神十二湖 (TEL:0173-77-3311)
  • ※3日前まで要予約
ホームページはこちら
アオーネ白神十二湖十二湖スノーハイク【青森県深浦町】

伝統的な狩猟文化の「マタギ」を感じる マタギ学校雪中鍋

マタギと一緒に和かんじきを履いて雪の中を歩き、雪の中で鍋を作って食べます。

  • ■出発日/2月1日(土)~3月19日(木)
  • ■料金/[打当温泉に宿泊のお客さま]お1人様(おとな・こども同額)[2名利用] 10,000円 [3名利用] 6,700円 [4名利用] 5,000円
    [オプショナルプランのみのお申し込み]お1人様(おとな・こども同額)[2名利用] 11,500円 [3名利用] 7,800円 [4名利用] 5,800円
  • ※保険料、かんじき・長靴レンタル、雪中鍋代が含まれています。 ※天候・その他の事情により中止する場合があります。
  • ■交通/阿仁マタギ駅より車で約5分 ■受付時間/9:00~13:00 ■所要時間/約3時間~4時間

秋田・津軽冬の行事MAP

旅行商品

行くぜ、東北。SPECIAL
冬のごほうび 首都圏版

期間:2019年12月1日~2020年3月19日

行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび 東北版

お申込みはこちら

行くぜ、東北。SPECIAL
冬のごほうび 東北版

期間:2019年12月1日~2020年3月19日

行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび 首都圏版

パンフレットを見る

お申込みはこちら

北東北 首都圏版

期間:2019年10月1日~2020年3月31日

北東北

お申込みはこちら

北東北 東北版

期間:2019年10月1日~2020年3月31日

北東北

パンフレットを見る

お申込みはこちら

秋田・青森 リゾートしらかみの旅

期間:2019年10月1日~2020年3月28日

秋田・青森 リゾートしらかみの旅

パンフレットを見る

上に戻る