蔵の宿「渋川問屋」に泊まり、ノスタルジックな七日町を街歩き

明治時代の海産物問屋の蔵を改築した宿「渋川問屋」のスイートルームに泊まり、会津の伝統料理も堪能。
老舗の和菓子店や古い建物を利用した工芸品店など、ノスタルジックな風情漂う七日町通りをぷらぷら。

情報更新日:2016年11月09日現在

一度は泊まってみたい明治大正のロマンが薫る蔵の宿のスイートルーム

「渋川問屋」は、その名の通り明治時代の海産物問屋の蔵を改築した宿。宿泊は全4室のみ、すべてがスイート仕様の和洋式続きの広々としたお部屋。館内にはサロン風の素敵な図書室もあり、歴史を重ねた建物がならではの重厚感が漂っている。

会津の伝統料理に舌鼓

夕食は明治・大正期の蔵を利用した本館のお食事処「蔵座敷」で。メニューは、にごり酒と会津の伝統料理に"幻の会津塩川牛"が加わった14品ものお料理が素敵な器に盛られて並ぶ。天井が高い豪壮な蔵の中で味合う料理は、独特の風情があり、忘れられない思いでになるに違いない。

渋川問屋

TEL. 0242-28-4000
【住所】 福島県会津若松市七日町3-28
【宿泊時間】■ チェックイン:15時 ■ チェックアウト:10時
【料金】26500円〜(お一人様1泊2食付/2名1室の場合)
【アクセス】JR只見線「七日町」駅から徒歩約2分

七日町通り

会津五街道のうち米沢、越後、下野(途中桂林寺通りを経由)の主要な街道となる城下町の重要な通り。江戸時代から昭和時代にかけては、会津一の繁華街として賑わいを見せていた。いまもその名残りを古い蔵や洋館、木造町家の建物に見ることができる。

長門屋 七日町店

1848年創業の老舗和菓子店。経済産業省『The wonder 500(TM)』選定の「和三盆糖シュガーマドラー」や、お取り寄せでも大人気の上品な銘菓「香木実」など、注目度の高い和菓子を揃える。

TEL. 0242-29-7070
【住所】福島県会津若松市七日町3-30
【営業時間】9:30~17:30
【休日】年末年始

会津のうつわ 工房鈴蘭

"かわいい漆器"をコンセプトに作られたオリジナルの会津漆器に出会える店。丸い窓がついたお月見グラスは人気の定番商品。ぐいのみや深皿など、どれも親しみやすく手触りもやさしい。

TEL. 0242-85-6654
【住所】福島県会津若松市七日町8-11
【営業時間】12:00~17:00
※土日祝日は11:00~17:00 ※冬季変動有
【休日】月曜日※祝日の場合は営業、翌日休み

ページの先頭へ