新幹線 もっと速く、もっと快適に。そんな私たちのゆめをかなえてくれる新幹線。
E7系
あさま デビュー年:2014年3月
最高速度:260km/h
運行区間:長野新幹線
E7系 画像   E7系の車両シンボルマーク 画像
E7系の車両シンボルマーク:車両形式(E7系)の『7』の文字を矢じりのような形状で表現し、輝く未来に向かって突き進むということを表現している。カッパー(銅色)のラインは象嵌細工のように構成し、未来への希望・日本の伝統工芸の緻密さ・速さを表す。
 E7系は2015年春予定の北陸新幹線金沢開業に向けて開発された新型新幹線車両であり、2014年3月15日より「あさま」として東京〜長野間に先行投入されている(営業最高速度260km/h)。

 北陸新幹線は、30‰勾配区間や電源周波数の変化など、車両には条件の厳しい線区となっており、それに対応するべくブレーキ性能を向上させたり50/60Hzの両方に対応したシステム構成としている。

 車両のトータルコンセプトを「大人の琴線に触れる『洗練さ』×心と体の『ゆとり・解放感』」とし、『洗練さ』は日本の伝統と最新技術の融合により新たな価値を生むことで表現し、『ゆとり・解放感』は和風の空間に集うことで得られる心地よさで表現した。これらに共通しているキーワードを“和”とし、今後首都圏と北陸新幹線沿線を結び、日本の伝統文化と未来をつなぐという意味から「“和”の未来」を車両のデザインコンセプトとした。

 エクステリアデザインは、高速で走行するための造形と日本の伝統的な色使い、新幹線が走行する沿線の風景」を融合させ、スピード感と精悍さを表現した。車体上部色を「空色」、車体色を「アイボリーホワイト」、車体中央の帯色を「銅色(カッパー)」および「空色」とした。

 インテリアは、グランクラスは“高めあう和”、グリーン車は“和風の和”、普通車は“集う和”をテーマとしてデザインしている。特に、12号車に設けたグランクラスでは、伝統を感じる空間と先進の機能を持つシートがお互いを高めあうことで、居心地の良い、ゆとりある空間を感じていただけるような演出とし、日本的な事物を象徴しつつも現代的な感覚を合わせ持つカラーイメージで重厚な空間を目指している。

 車内設備では、全洋式トイレに温水洗浄機能付便座を設置するとともに、普通車にも全座席分のコンセントを設けてサービス向上を図っている。腰掛の点字表記取付や多機能トイレにおける独立形オストメイト設備の採用などバリアフリーにも配慮している。また、客室・デッキに加えて通路部にも防犯カメラを設置し、セキュリティを強化している。
グランクラス 画像   グリーン車 画像
グランクラス グリーン車
普通車 画像   座席番号の点字表記 画像
普通車 座席番号の点字表記
改良型ハンドル形電動車いす対応多機能トイレ 画像
改良型ハンドル形電動車いす対応多機能トイレ
新幹線車内の設備・座席のご案内はこちら
ページの先頭へ