新幹線 もっと速く、もっと快適に。そんな私たちのゆめをかなえてくれる新幹線。
E6系
こまち、はやぶさ デビュー年:2013年3月
最高速度:320km/h
運行区間:東北新幹線、秋田新幹線
やまびこ、なすの デビュー年:2013年3月
最高速度:275km/h (車両最高速度は320km/h)
運行区間:東北新幹線
E6系 画像   E6系の車両シンボルマーク 画像
E6系の車両シンボルマーク:秋田地方出身とされる小野小町をイメージしたシルエットと320km/h の風を赤のウェーブで、現在から未来へのつながりをシルバーのループで表現している。
 E6系は、新幹線と在来線を乗り換えなしで結ぶ「新在直通運転」を行う秋田新幹線用新型車両である。このため、新幹線区間の最高速度320km/hでの高速走行安定性と、在来線区間での曲線通過性能を両立させた車両となっている。
2013年3月16日より、営業運転を開始した。

 新幹線区間での高速走行安定性確保のため、E5系と同様の技術を採用しており、騒音対策としてトンネル微気圧波を低減するロングノーズ先頭形状、低騒音型パンタグラフ・パンタグラフ遮音板、台車カバー、吸音材パネル、全周ホロを採用している。また快適な乗り心地を提供するため、左右の振動を低減するフルアクティブサスペンションや曲線での乗り心地を改善する車体傾斜装置を設けている。

 エクステリアデザインは、車体上部は竿灯まつりの提灯の明かりやなまはげの面など、秋田の風土で息づいてきた赤色をアレンジした“茜色”、車体側面はE5系との協調を表す“飛雲ホワイト”、“アローシルバー”のラインにより雪景色が広がる秋田の銀世界の雄大さ、そして伝統工芸の銀線細工に見られる繊細で丁寧なつくりを表現しており、気品と大胆さを併せ持つ塗色となっている。

 インテリアデザインは、「ゆとり」「やさしさ」「あなたの」の3つのキーワードをもとに、グリーン車は、伝統であつらえたプライベートな空間をイメージし、秋田の伝統工芸をデザインモチーフとしている。楢岡焼きの釉薬“海鼠釉”が生み出す様々な色合いのブルー、“川連漆器”に塗り重ねられていく漆の茶色、やわらかなブナの色合いを使用し、日本伝統の直線的な様式美を加えた空間となっている。
普通車は、実り豊かな秋田の大地をイメージし、豊かに実った稲穂の中へ分け入る時の高揚感や自然の恵みを感じられる空間としている。鮮やかな黄金色の腰掛は豊かに実った稲穂を表現し、通路は田んぼの中の一筋のあぜ道に見立てて、自然の恵みへの感動の思いを表現している。

 車内設備としては、12号車に、改良型ハンドル形電動車いすに対応した大型の多目的トイレを設置しているほか、大型フルカラーLEDを採用した情報案内装置、客室とデッキへの防犯カメラ設置など、セキュリティやユニバーサルデザインを考慮した車内設備を備えている。
ロングノーズの先頭形状 画像   低騒音型パンタグラフと遮音板 画像
ロングノーズの先頭形状 低騒音型パンタグラフと遮音板
グリーン車の座席 画像   普通車車内デザイン 画像   改良型ハンドル形電動車いす対応大型多目的トイレ 画像
グリーン車の座席 普通車車内デザイン 改良型ハンドル形電動車いす対応大型多目的トイレ
新幹線車内の設備・座席のご案内はこちら
ページの先頭へ