新幹線 もっと速く、もっと快適に。そんな私たちのゆめをかなえてくれる新幹線。
E5系
はやぶさ デビュー年:2011年3月
最高速度:320km/h
運行区間:東北新幹線
なすの デビュー年:2012年3月
最高速度:275km/h(車両最高速度は320km/h)
運行区間:東北新幹線
はやて、
やまびこ
デビュー年:2011年11月
最高速度:275km/h (車両最高速度は320km/h)
運行区間:東北新幹線
E5系 はやぶさ 画像   E5系の車両シンボルマーク 画像
E5系の車両シンボルマーク:鳥類の「ハヤブサ」をモチーフとし、E5系の先進性とスピード感を表現している。
 E5系は、最先端の技術を集結し、走行性能と信頼性、環境性能、快適性のすべてを高いレベルで融合させた新世代の新幹線である。2011年3月5日より、「はやぶさ」として当時の国内営業最高速度300km/hで運転を開始。2013年3月16日からは、320km/hで運転している。

 E5系では、高速運転に伴う騒音を防止するために、トンネル微気圧波を低減するロングノーズの先頭形状や低騒音型パンタグラフ・パンタグラフ遮音板、台車フルカバー、吸音材パネル、全周ホロを採用している。また、高速運転時にも快適な乗り心地を提供するため、左右の振動を低減するフルアクティブサスペンションやカーブでの乗り心地を改善する車体傾斜装置を設けている。

 エクステリアデザインは、ボディ上部をコーポレートカラーを意識した「ときわグリーン」、ボディ下部を「飛雲ホワイト」とし、その間に「つつじピンク」の帯を配して先進性とスピード感を表現したものとなっている。また、個性的なロングノーズは、環境性能を考慮した形状となっている。

 インテリアデザインは、「ゆとり」「やさしさ」「あなたの」の3つのキーワードをもとに「Exclusive Dream−特別な旅のひとときをあなたに」をデザインコンセプトとして、上質な空間を演出している。大きな特徴として、E5系では、特別なゆとりとおもてなしを提供する新たなグレード「グランクラス」を10号車に設けている。木質とメタリックな色合いを組み合わせた室内に、本革シートやウールの絨毯などの上質な素材を採用した居心地のよい空間となっており、リクライニング角度45度のオール電動式シートにより最適なポジションでゆったり過ごすことができる。

 車内設備としては、女性のお客さまの声を反映したトイレ・洗面所などの女性専用スペースを設置しているほか、大型フルカラーLEDを採用した情報案内装置、改良型ハンドル形電動車いすに対応した大型トイレや多目的室、客室とデッキ内の防犯カメラ設置など、セキュリティやユニバーサルデザインの視点からも車内設備を進化させている。
ロングノーズの先頭形状 画像   台車フルカバー 画像   全周ホロ 画像
ロングノーズの先頭形状 台車フルカバー 全周ホロ
10号車「グランクラス」車内 画像 「グランクラス」に採用されているバックシェルタイプの本革シート 画像   女性専用エリア 画像   改良型ハンドル形電動車いす対応大型トイレ 画像
10号車「グランクラス」車内 「グランクラス」に採用されているバックシェルタイプの本革シート 女性専用エリア 改良型ハンドル形電動車いす対応大型トイレ
新幹線車内の設備・座席のご案内はこちら 詳細なご案内はこちらをご覧ください。
meets新幹線
ページの先頭へ