新幹線 もっと速く、もっと快適に。そんな私たちのゆめをかなえてくれる新幹線。
E4系
Maxとき、Maxたにがわ デビュー年:2001年5月
最高速度:240km/h
運行区間:上越新幹線
E4系
落ち着きのある色が基調となった室内
落ち着きのある色が基調となった室内。普通指定席車の2階席はシートが3+2列に並び、通常の新幹線と同じ居住性が確保されている。
新幹線車内の設備・座席のご案内はこちら
 E4系新幹線電車は、オール2階建て新幹線電車“Max(Multi Amenity Express)”の二代目として開発され、1997年12月に東北新幹線で営業運転を開始した。

 E4系は、先頭部分の鼻先をぐんと突き出したロングノーズ・デザインが印象的。また、運転室は航空機のようなキャノピー形で、標識灯もふっくらと盛り上がったスタイルになっている。これらは空力特性を追求して得られたデザインだ。

 8両編成の両先頭車に分割併合装置を備え、2本連結した16両編成でも運転できる。16両編成時の定員1,634名は、高速車両としては世界最大の定員数を誇り、新幹線の通勤・通学輸送の混雑緩和に貢献している。

 グリーン席は7(15)、8(16)号車の2階部分とし、ほかはすべて普通車となっている。普通車自由席として使われる1〜3(9〜11)号車の2階座席は、1人でも多くのお客さまに座ってご利用いただけるよう、3+3列配置としている。また、6(14)号車のフラット、8(16)号車の2階席には、車いすに対応した座席が設けられている。8(16)号車には車いす昇降装置を設置しており、2階部への移動にも配慮している。
ページの先頭へ