新幹線 もっと速く、もっと快適に。そんな私たちのゆめをかなえてくれる新幹線。
E3系(0番代、1000番代、2000番代)
つばさ デビュー年:1999年12月
最高速度:275km/h
運行区間:東北新幹線、山形新幹線
やまびこ、なすの デビュー年:1997年3月
最高速度:275km/h
運行区間:東北新幹線
シングルアーム方式のパンタグラフ
E3系には騒音の少ないシングルアーム方式のパンタグラフが使われている

E3系 1000番代画像
山形新幹線に投入された1000番代

E3系 2000番代画像
E3系2000番代

E3系 0番代画像
新幹線車内の設備・座席のご案内はこちら
 E3系新幹線電車は、山形新幹線400系と同様に、新幹線と在来線を乗り換えなしで結ぶ「新在直通運転」の第2号として1997年に登場した。
 秋田新幹線は、田沢湖線盛岡〜大曲間,奥羽本線大曲〜秋田間の線路を新幹線と同じ幅に改良して作られた。このためE3系は400系の車体と同様に一般の新幹線車両よりも一回り小形に作られており、収納式のステップが設けられている。
 また、新幹線区間ではE2系「やまびこ」と併結して走行し、最高速度は275km/hの高速運転が可能である。
 1999年12月には山形新幹線新庄延伸に伴い、E3系1000番代が2本新造され、2005年8月に更に1本追加された。
 2008年12月から、400系の置き換えとして、E3系2000番代が順次投入された。
 2014年3月、秋田新幹線E3系は「こまち」としての営業運転を終了した。
ページの先頭へ