1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 列車
  4. キハE200形

在来線[キハE200形]

  • キハE200形

デビュー年・最高速度

  • デビュー年:2007年7月
  • 最高速度:100km/h

キハE200形は、発電用ディーゼルエンジンで発電した電気、及び蓄電池に充電した電気を効果的に利用して走行する環境にやさしい車両。3両新造され、2007年7月31日より小海線にて世界初の営業運転を開始し、「こうみ」という愛称で親しまれている。

車体は片側2扉両運転台構造で、最大8両までの組成を可能としている。1両あたりの定員は、座席数46・総定員117名となっている。車内の座席配置は横2列+1列のクロスシートとドア付近にロングシートを備えるセミクロスシートで、クロスシートはE531系と共通化されている。また、吊手もE531系と共通のもので、優先席部分のスタンションポールはE233系と共通のものである。

このディーゼルハイブリッドシステムの採用により、キハE200形では燃料消費量を低減した他、窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量を約60%低減した。また駅停車時はアイドリングストップによりエンジン騒音を約30デシベル低減した。

「乗り放題」「往復きっぷ」などのおトクなきっぷ

検索する

ページの先頭へ